腹式呼吸・腹式発声

カラオケで歌う時の声量は音量ではない【小声で響かせて小さく歌う】

歌を歌う時にどのくらいの声の大きさで歌うのが良いのか?

歌うとは話声の延長であることを忘れずに、話し声に響きを加える事で音量が上がります。大きい声を出そうとするのではなく、小さい声を大きく響かせることが大切です。

歌う時の声の大きさ

オーディオなんかの音量とは単純に音の大きさですが、歌う時の声量は声の大きさではありません。

正確には共鳴量、どれくらい響くかが音量という意味で考えてもらって結構です。

大きい声かつ大きく響きを持って歌うのがオペラです、オペラの場合基本的にマイクを使わない、またはかなり遠い場所に設置するため大量の響きが必要かつ大きな声を響かせる必要があります。

ですが、カラオケだったりライブだったりは基本的にマイクを通して音を出しますよね、マイクに音を載せる前提のためそこまで音量は必要ありません。

小さい声で大きな響き

これはどういう意味なのか非常にわかりにく表現ですよね。

楽器で考えると分かりやすいです。

クラシックギター

エレキギター

上の画像、両方ギターです。

左はボディに穴が開いていて空洞になっています、右は空洞はありませんね。

同じ強さで弦をはじいたらどちらが大きな音が出るでしょうか?当然左ですね。ボディで共鳴することで音が増幅されます。音が響き増幅されるという原理は声も同じです。

これを声で行います、小声でと言ってもつぶやくようなレベルではありません、喋り声と同じくらいの大きさをイメージしましょう。

自分の出しやすい音程は普通に出せると思いますが、高い音だったり低い音は少し音量が上がってしまうと思います、これをある程度同じくらいの音量で出せるように声帯と息でコントロールできるようにしましょう。

大きな声を出す必要はありません、安定して同じ大きさで発声が出来る方が重要です。

高い声は声が大きくなる

これを意図してやっている人は少なく、ほとんどの人が無意識のうちに声が大きくなっています。

何故でしょうか?ある程度音量を上げないと響きが確保できないからです、響きが確保できないということは弱弱しい音になってしまうからです。

または息の力で強引に高い声を出しているから音量が上がっている。

まったく同じ大きさにはならないかもしれませんが、響き音量を一定に出すことによって歌は非常に安定して聞こえます。

なぜ大きな声を出してはいけないのか?

別にダメ、と言っているわけではありません。

ですが、音量が上下する歌を聴いて安定していると聞こえるでしょうか?抑揚を付けるために、など理由があり故意的に行っているのは別ですが、あまり上下することは好ましくありません。

理由はもう一つあります。

大きな声で歌い続けるよりも、小さい声での方が疲れないし楽です、声は枯れにくくなります。

それに息を使う量が少なくても音量が確保できたらロングトーンをさらに長く出せるようになりますよね?

これが一番のメリットです。高い声はミックスボイスに移行することが前提にはなるかと思いますが、一定の音量で一曲通して歌う練習をしましょう。

全体的に声量を上げたいというのであれば、響きを増幅するのと同時に肺活量を上げれば強い息を安定して使うことも出来るようになります。

【呼吸・肺活量】インナーマッスル強化に超効果的

小声で響きを持たせる方法

共鳴

響きを持たせるということは共鳴を増やすことです。

喉を開き、口腔、鼻腔などに十分な響きを与えられるように練習しましょう。

喉を開く方法
喉を開くポイントは顎にあり!共鳴、芯のある歌声をゲットしよう!

喉を開くことは声を響かせるためには必須です。 喉を開くことは出来ないのではなく知らないだけです。喉を開くことは普段から自然とやっている仕草ですが歌を歌う時は緊張から力みやすくなり正しく喉を開けてない人 ...

続きを見る

声帯閉鎖

ミックスボイスは特にですが、声帯を閉鎖させて息漏れをなくし確りと声帯を振動させましょう。

ミックスボイスを使う場合は高音域は特に閉鎖が弱くなり、弱く聞こえてしまいます。

出入り口
ボーカルフライ、エッジボイスとは?出し方と効果と練習方法

もくじ エッジボイスとはエッジボイスの効果エッジボイスと息と音程の関係声帯閉鎖は常に一定ではない完全に閉じている時の感覚声帯が閉じていない状態エッジボイスの出し方すぐに出せるようにする、どんな音でも出 ...

続きを見る

練習方法

カラオケなどでマイクのボリュームを大きめに設定しその状態で音量バランスを意識して歌えるようにしましょう。

ちょっとした音量の調整はマイクをちょっと口から離すなどで調整して、出来限りのの小声を意識して歌ってみましょう。

小さい声で歌うことができるようになれば、張り上げて歌うことはなくなり自分が出しやすい音量という認識から楽に歌える音量へと意識が変わっていきます。

 

 

お勧めボイトレ教材

確かに無駄かもしれません、でも理由は続けないからです。歌が上手くなりたいと思っているのに練習を継続できないから時間だけが過ぎていきます。

お金をかける事が継続のきっかけになることもあります。歌が上手くなりたいと願うのではなく行動することでその後の自分に自信を持つことが出来るかもしれません。

今すぐ購入

オンラインボイトレ

オンラインで場所を選ばずボイトレが受けられる。1回から受けられるため価格も1000円~と非常にお手軽。ボイトレを受けて上達へのポイントを知ろう!

Udemyでオンラインボイトレ

ココナラでオンラインボイトレ

【お勧め】場所を選ばずオンラインボイトレが1回1000円~

ボイトレは遠い存在ではなく、今では誰でもスマフォやPCがあれば受けられるようになってきています。 私はずっと言っていますが、ただ歌い続けるだけでは歌は上手くなりません。常に上達するために考えて歌わなければ歌は上達しません。 ボイトレを受けなくても独学で上手くなることは出来ますが、オンラインボイトレを上手く活用して上達スピードを速くするもの良い方法です。 もくじオンラインボイトレとはオンラインボイトレの相場オンラインボイトレの内容 オンラインボイトレとは オンラインボイトレとはあまり聞き慣れないとは思います ...

ReadMore

ボイストレーニング器具 Be-Vo [ビーボ] 自宅で簡単発声練習(ピンク)、ボイトレ、ボイストレーニング、カラオケ上達、カラオケ、歌

家で使える!低価格で効果が出るボイストレーニングお勧めグッズ【まとめ】

独学でボイトレをする際に非常に重宝するボイトレグッズが存在します。基本的に調べないと出てこないようなグッズなのであまり知名度は高くはないかもしれませんが、実はボイトレグッズは複数あります。 ボイトレは正しい声の出し方の感覚を掴むことに非常に時間が掛かったりします。何よりも独学の場合正しい状態が分からない為、正しい発声の指針となる為こういったボイトレグッズは自分で正解を知れるだけでも十分使ってみる価値があります。 その中でも実際に効果が得られるボイトレグッズを厳選して紹介していきます。 もくじ喉を開く系【B ...

ReadMore

【安定した歌声】歌う為の腹式呼吸と腹式発声の仕組みとやり方を解説

歌う特に腹式呼吸はとても大事です。 同じくらい大事なことが腹式発声です。腹式呼吸は息を吸って吐く方法ですが、腹式発声は吸った息に声を乗せて出す方法です。 腹式呼吸は人間が寝ている時に自然と行っている呼吸法です、腹式発声は言葉自体あまり聞き慣れない言葉でありますが歌う上では非常に大事な発声方法です。高音域の発声は特に腹式発声が出来ていないと音域を伸ばすのが難しいです。 ここでは歌の為の腹式呼吸と腹式発声の方法について解説していきます。 もくじ腹式呼吸のやり方喉周辺の脱力が出来る息が続く・息の強さの調整が出来 ...

ReadMore

歌が上手くなる方法

【ボイトレ】歌が上手くなる方法12のポイントと4つの症状診断

歌を上手く歌えるようになりたいけど何をすればいいのか分からない。 歌は誰でも練習次第で上手く歌えるようになります。 この記事を読めば自分に何が出来ていないのか、どうすれば歌が上手く歌えるようになるかを紹介してきます。 もくじ歌が上手いとは歌が上手くなる方法:歌声症状診断すぐに声が枯れる【喉締め、張り上げ】力の入れすぎ、脱力不足症状:歌った後、体が疲れている。次の日、喉、肩周辺が筋肉痛のようになる声帯閉鎖が弱い、息漏れ症状:歌っていてすぐ息が続かなくなる、息が漏れて声がはっきりと出ない腹式発声、腹式呼吸がで ...

ReadMore

鼻腔、口腔、

鼻腔共鳴とはイメージである!上顎に共鳴を与え高音域を共鳴させる

軟口蓋を上げると鼻腔へは空気が行かないから鼻腔共鳴は存在しないという意見も存在します。 ただ鼻腔周辺で音が響くのは誰もが体験している事実であり、医学的にははっきり言って良く分かりません。鼻腔共鳴させた方が音が響き、声の伸びが良くなることは確実です。 高音を出す際は特に鼻腔共鳴は大事になります、ここでは鼻腔共鳴のコツを掴めるように解説していきます。 もくじ鼻腔共鳴とはイメージである鼻腔共鳴のコツ、やり方響きを上に持っていく共鳴に必要な状態【コツを掴む】喉に力が入っている声帯閉鎖が甘い腹式呼吸ができていない歌 ...

ReadMore

ミックスボイスの出し方、仕組み

ミックスボイスの出し方とコツ!仕組みを理解し高音域を歌う

高音域を出すためにはミックボイス必須ですね。 最近のJ-POPも音域が広がり地声だけではまず歌えないような曲が増えています。 ミックボイスを出す前にミックスボイスはどういう仕組みで出ているのかを知っておきましょう。仕組みを知らないと練習しても何をやっているのか?何がダメなのか分かりません。これを知っているだけで、ミックボイスが出せない時に何が原因なのかを追究しやすくなります。 ポイント ミックスボイスは仕組みと出し方を知らないと絶対に出せない もくじミックボイスの出し方第一段階 ミックスボイスの練習【裏声 ...

ReadMore

、腹式呼吸、腹式発声、インナーマッスル、エクササイズ、ボイトレ、発声、喉声

腹式呼吸と腹式発声のやり方!誰でもわかる呼吸法の仕組みと効果

もくじ腹式呼吸は歌を歌うためには必須腹式呼吸を勘違いしない 腹式呼吸を体験腹式呼吸のやり方 【体験編】腹式呼吸のやり方腹式呼吸が出来ない原因リラックス力を入れない息はお腹で止める横隔膜の動きが腹式呼吸に大事な理由 超簡略化した腹式呼吸の仕組み支えとはどういう意味なのか?実はみんな聞いたことがあること、発声に大事なことが沢山詰まっている!腹式呼吸は一つの課題である腹式呼吸を正しく行える器具腹式発声【腹式呼吸より大事!】腹式発声を行うメリット できないデメリット腹式発声のお腹の使い方腹式発声と腹式呼吸が必要な ...

ReadMore

-腹式呼吸・腹式発声

© 2021 chemicalvocie.com