よく読まれている記事

家で出来る独学ボイトレ教材の勧め

”JAYE公山氏”の自宅でこっそりさらっと上達できる高音ボイトレ教材

自宅でも基礎から学ぶことが出来る 時間がなくてボイストレーニングに通えない 年齢的にボイストレーニングに通うのはちょっと,,, 月謝が高くて継続して通えない 何を練習すれば良いのか分からない こっそり練習したい。歌うのは好きだけど、自分の下手な歌を聞かれたくない。 そんな人が沢山います。 独学だと何をすればいいのか分からない、とりあえず練習しているけども上手くなる気配がないなんて声を多数聞きます。 そのまま諦めてしまうのはもったいない沢山の人に歌を歌うことの楽しさを知ってほしいです。 歌は誰にでも歌うこと ...

ReadMore

鼻腔、口腔、

鼻腔共鳴のコツ・やり方!上顎に共鳴を与え高音域を綺麗に共鳴させる

鼻腔共鳴が出来ることになること響きが大きく広がり、中音域よる上の音域の発声が非常に楽になります。特に大事なことは、息の吐き方です。力んだ状態では響きを殺してしまい鼻腔までは響かせることが出来ません。 鼻腔共鳴の感覚を知る事で正しい発声の感覚を知ることが出来ます、鼻腔共鳴が出来ていれば正しく響きを作れていることが出来ています。 鼻腔共鳴とは何か? 鼻腔共鳴とは鼻腔と呼ばれれる場所に声を当て共鳴を得ることを言います。厳密に言うば声帯の振動を空気や骨を伝わり鼻周辺に共鳴します。 鼻腔共鳴が存在しない、鼻腔には響 ...

ReadMore

ミックスボイスの出し方、仕組み

【ミックスボイスの出し方と練習方法】仕組みを理解し高音域を歌う

高音域を出すためにはミックボイス必須ですね。 最近のJ-POPも音域が広がり地声だけではまず歌えないような曲が増えています。 ミックボイスを出す前にミックスボイスはどういう仕組みで出ているのかを知っておきましょう。仕組みを知らないと練習しても何をやっているのか?何がダメなのか分かりません。これを知っているだけで、ミックボイスが出せない時に何が原因なのかを追究しやすくなります。 ポイント ミックスボイスは仕組みと出し方を知らないと絶対に出せない ミックボイスの出し方 まずゼロからミックスボイスの出し方を解説 ...

ReadMore

、腹式呼吸、腹式発声、インナーマッスル、エクササイズ、ボイトレ、発声、喉声

腹式呼吸のやり方!誰でもわかる横隔膜、呼吸法の仕組みと効果

腹式呼吸は歌を歌うためには必須 腹式呼吸は何故重要なのか! メリットは多数あります。 腹式呼吸をすることで息を無駄に吐かなくなり呼吸が楽 横隔膜が下がる為、器官が下に引っ張られて喉に空間が出来る 胸式だと胸に響きにくい声も腹式呼吸だと胸に響きやすい などなど、歌の上達には腹式呼吸は必須です。 何よりも出来るようにならないと楽に歌うことは出来ません。多くの方が望んでいる高い声を出すことも難しいです。 腹式呼吸を勘違いしない 色んなサイトで腹式呼吸のやり方を説明していますが、みな腹式呼吸に目を向けすぎていて腹 ...

ReadMore

疲れない歌い方

力を抜いて歌う方法!脱喉締め!無駄な力を抜いて疲れない声を出す方法!

何故 力を抜くのが大切なのか 歌とは人間の体を楽器とし音を出します。 力みは響きを抑え、かつ歌うことによって体をどんどん疲れさせてしまい声も枯れやすくなってしまいます。 まずは歌を歌うための体の状態から作っていきましょう。 力を抜かなければいけないのは喉だけではありません。 腹式呼吸、腹式発声、共鳴、ミックスボイスなど他にも学ぶべきことは多数ありますが、まずは体の状態を作ることが一番の近道となります。 脱力が出来ていないと、他の練習をして躓いて結局ここに戻ってくることになります。 力を抜く前に力が入ってる ...

ReadMore

喉を開く方法

【喉を開いて歌う方法】喉声を改善して共鳴、芯のある歌声をゲットしよう!

  喉閉めってどんな状態 喉締め発声とは喉、首、肩に力が入ってしまい口の中の空間を圧迫している状態のことをいいます。 喉締めで歌っていると、すぐに喉が疲れてしまい、声が枯れやすい、声が固く響きが出ない、安定しない。 喉締めでも高音出る人もいますが、それは力で強引に空気を送り込んでいるため長続きせず一曲で声が枯れてしまったりします。 喉を開いている状態 喉を開いている状態とは口の中の空間を広げ声帯で生まれた振動を響きやすい環境にすることです。 喉を開くのと声帯と閉じるが混同しないようにしてください ...

ReadMore

デスボイスの出し方

【デスボイスの出し方】喉に負荷のないデスボイスの出し方/グロウル/スクリーム

デスボイスを出したい! でも出し方がわからないという方に、少しでもデスボイスのコツを掴めるように解説していきます。 デスボイス、スクリーム自体が日本ではあまり需要がないため、日本でのオリコンチャートなどはほとんど聞きませんね。 私はずっと日本在住なので、海外ではどれくらい知名度があるのか需要があるのか分かりませんが、日本では需要がなさ過ぎて出し方をまとめた書籍などもあまりありません。 何より、やる人が少ないため、教えることが出来る人も少ないです。 難しいと思う人は沢山いるかと思いますが、慣れれば高音域を出 ...

ReadMore

 

最初に読みたい

no image

2020/2/5

歌声の響きを増幅する方法を理論的に図で説明"初心者必見"

声に厚みがない、いまいち響かない、普段の声と変わらない歌声が出せない! そういった悩みは全て普段喋っている声と同じ出し方をしているからです。 喉の使い方を学べば、自然と響きのある声が出すことが出来音域も広がります。 人間には誰でも出来る仕組みが備わっています、この記事で紹介することが出来るだけで声に厚みが増し確実に音域も広がります。 ポイント 「喉を開く」は2種類ある 喉を開くと息の使い方が変わる 息の使い方が変わると声の響きも変わる 喉を開くと響くが増える 喉を開くこと、この意味は2種類あります。 口の ...

ReadMore

f53a799196b33d

2020/1/9

スマフォで通勤・通学で家でカラオケで動画も教科書もどこでも見れちゃうプロが受けているボイトレが教材

自宅でも基礎から学ぶことが出来る 時間がなくてボイストレーニングに通えない 年齢的にボイストレーニングに通うのはちょっと,,, 月謝が高くて継続して通えない 何を練習すれば良いのか分からない こっそり練習したい。歌うのは好きだけど、自分の下手な歌を聞かれたくない。 そんな人が沢山います。 独学だと何をすればいいのか分からない、とりあえず練習しているけども上手くなる気配がないなんて声を多数聞きます。 そのまま諦めてしまうのはもったいない沢山の人に歌を歌うことの楽しさを知ってほしいです。 歌は誰にでも歌うこと ...

ReadMore

喉を開く②

2020/2/5

「喉を開く」とは?体に声を響かせて声量UP/綺麗に楽に発声する方法

喉を開くとはよく言いますが、喉を開くだけでは意味がありません。 喉を開いた状態で響きを増幅させることで、少ない力で強い声を出すことが出来ます。 喉を開いた状態でも響きが弱ければ喉を開いている効果は実感できないでしょう。 ポイント 喉を開くと歌声に厚みが出る 喉を開くと楽に響きのある声量のある声を出すことが出来る 口の中の状態と口の開き方 喉を開き振動を共鳴させるポイント 喉を開く 具体的にはどういう状態なのかと言うと上の図を見てもらるのが一番分かりやすいと思います。 左が普段喋っている時の状態です、右が歌 ...

ReadMore

口の開き方

2019/2/19

【歌う時の正しい口の開き方】口の開け方だけで歌声が変わる

口の開き方 「喉を開く」と言う言葉は割と聞いたことがあると思います。 簡単に言えば口の中の空間を広げて響きを増やすましょうってことですね。 顎を開くとは、口の開け方にあります。 口の開け方は意外とスルーされがちで何故が「喉を開く」ほど知られていないように思います。 正しい口の開き方 左が間違った開き方、右が正しい口の開き方です。 左の場合、喉を開いても顎の付け根が干渉してしまい無駄な力みを生んでしまいます。 顎は斜めに開くではなく下に下ろすように開きましょう。 顎の付け根に指をあてると顎がどういう状態で開 ...

ReadMore

1d6294c9e4d7101f93150ffc18822232_m

2020/2/1

【歌声が安定しない】原因はお腹で声を支えられていない事

歌声を安定して出す方法 歌声の安定とは、歌詞や音に関わらず一定の声質、声量で歌うことです。 歌が上手いことの第一歩は安定していることです。 半音上がるだけで声質ががらっと変わってしまえば当然違和感を感じます。そういったことの内容に安定して歌うことがまず第一歩です。 一番の原因は支えが出来ていないこと お腹で息を支える事が大切だとは一度は聞いたことはあるかもしれません。 お腹で支える事のメリット 息漏れしにくくなる 歌声が安定する 高音域でも声質を維持できる 高音域で音量が上がることを抑える お腹で息を支え ...

ReadMore

no image

2020/2/5

歌はブレスコントロールを知るだけで声質も響きも大きく変化する

思うように声が響かない、息が吸えているのに息が続かない、、、こんなことを思っている人は沢山います。 ブレスコントロールが出来ていないとまず思うように歌うことが出来ません。 響きのある声を出したくても声の元は息です。 ブレスコントロールが出来るだけであなたの歌は劇的に変わります。 ブレスコントロール ブレスコントロールとは人が無意識に行っていることです。 なぜなら、普段から人が喋ることで声を出しているからです。歌を歌う時も同じですが「歌」になると息を上手く使えなくなります。 それは普段と体の状態が違うからで ...

ReadMore

2019/10/13

正しい姿勢は間違った声の出し方を正す【姿勢の矯正方法】

声を出す前の発声の基礎 これはスポーツなどでも同じですが、「姿勢・フォーム」です。 どれだけ体が出来いていも、発声が確りとしていても姿勢が悪ければそれだけで声の通りは悪くなります。 歌う時の姿勢で一番大事は自然体で猫背にならないことです。 合唱などでない限り、動きながら歌うことの方が多くなります。姿勢を正すというのはピンと背筋を伸ばしましょう、と言うわけではなくリラックスした状態でちょっと胸を張ることを意識する程度で良いです。 特に注意するべきは姿勢! リラックスした状態であればなんでも良いというわけでは ...

ReadMore

f53a799196b33d

2020/1/9

スマフォで通勤・通学で家でカラオケで動画も教科書もどこでも見れちゃうプロが受けているボイトレが教材

自宅でも基礎から学ぶことが出来る 時間がなくてボイストレーニングに通えない 年齢的にボイストレーニングに通うのはちょっと,,, 月謝が高くて継続して通えない 何を練習すれば良いのか分からない こっそり練習したい。歌うのは好きだけど、自分の下手な歌を聞かれたくない。 そんな人が沢山います。 独学だと何をすればいいのか分からない、とりあえず練習しているけども上手くなる気配がないなんて声を多数聞きます。 そのまま諦めてしまうのはもったいない沢山の人に歌を歌うことの楽しさを知ってほしいです。 歌は誰にでも歌うこと ...

ReadMore

腹式呼吸ポイント

2020/1/9

【腹式呼吸と腹式発声の練習方法】どこまで練習でき体で覚える方法

腹式呼吸の練習方法 簡単に出来る腹式呼吸の練習方法を説明していきます。 これが出来るだけで声は大きく変わります。 声量も上がります! あまり複雑に考えないように自然に行うのは慣れは必要ですが、意識して行う分には腹式呼吸の基礎は簡単です。 なるべく難しい言葉はなしで行きます! 上の写真のような体勢でお腹に空気を入れましょう。緑色になっている部分が膨らみます。 注意点 喉周辺、胸に力が入らないようにする 胸が膨らまない 吸うのはこれだけです。 この体勢でまず腹式呼吸はどういうものを体験しましょう。 立って行っ ...

ReadMore

1d6294c9e4d7101f93150ffc18822232_m

2020/2/1

【歌声が安定しない】原因はお腹で声を支えられていない事

歌声を安定して出す方法 歌声の安定とは、歌詞や音に関わらず一定の声質、声量で歌うことです。 歌が上手いことの第一歩は安定していることです。 半音上がるだけで声質ががらっと変わってしまえば当然違和感を感じます。そういったことの内容に安定して歌うことがまず第一歩です。 一番の原因は支えが出来ていないこと お腹で息を支える事が大切だとは一度は聞いたことはあるかもしれません。 お腹で支える事のメリット 息漏れしにくくなる 歌声が安定する 高音域でも声質を維持できる 高音域で音量が上がることを抑える お腹で息を支え ...

ReadMore

 

Copyright© chemicalvocie.com , 2020 All Rights Reserved.