よく読まれている記事

ボイストレーニング器具 Be-Vo [ビーボ] 自宅で簡単発声練習(ピンク)、ボイトレ、ボイストレーニング、カラオケ上達、カラオケ、歌

低価格で効果が出るボイストレーニングお勧めグッズまとめ

独学でボイトレをする際に非常に重宝するボイトレグッズが存在します。基本的に調べないと出てこないようなグッズなのであまり知名度は高くはないかもしれませんが、実はボイトレグッズは複数あります。 ボイトレは正しい声の出し方の感覚を掴むことに非常に時間が掛かったりします。何よりも独学の場合正しい状態が分からない為、正しい発声の指針となる為こういったボイトレグッズは自分で正解を知れるだけでも十分使ってみる価値があります。 その中でも実際に効果が得られるボイトレグッズを厳選して紹介していきます。 喉を開く系【Be-V ...

ReadMore

【安定した歌声】歌う為の腹式呼吸と腹式発声の仕組みとやり方を解説

歌う特に腹式呼吸はとても大事です。 同じくらい大事なことが腹式発声です。腹式呼吸は息を吸って吐く方法ですが、腹式発声は吸った息に声を乗せて出す方法です。 腹式呼吸は人間が寝ている時に自然と行っている呼吸法です、腹式発声は言葉自体あまり聞き慣れない言葉でありますが歌う上では非常に大事な発声方法です。高音域の発声は特に腹式発声が出来ていないと音域を伸ばすのが難しいです。 ここでは歌の為の腹式呼吸と腹式発声の方法について解説していきます。 腹式呼吸のやり方 腹式呼吸とはお腹を膨らませて息を吸う方法です。 お腹で ...

ReadMore

鼻腔、口腔、

鼻腔共鳴とはイメージである!上顎に共鳴を与え高音域を共鳴させる

鼻腔共鳴とはイメージである 鼻周辺、眼球の後ろに響きを持ってくることです。鼻腔共鳴に関しては色々と議論が絶えませんが、結局目的はよく響く声を出したいという一点に尽きます。 ボイトレで多くを占めているのがイメージです、体の中のことは完全にはつかめません。腹式呼吸でさえ腹で呼吸しているわけではありません。響きを上に高い位置に集めることが目的です。そのため鼻に集中しすぎないことも大切です。 鼻腔共鳴のコツ、やり方 鼻腔共鳴とは鼻の周辺、奥に響きます。 最初の画像を見てもらえればわかると思いますが、鼻腔は広く感覚 ...

ReadMore

ミックスボイスの出し方、仕組み

ミックスボイスの出し方とコツ!仕組みを理解し高音域を歌う

高音域を出すためにはミックボイス必須ですね。 最近のJ-POPも音域が広がり地声だけではまず歌えないような曲が増えています。 ミックボイスを出す前にミックスボイスはどういう仕組みで出ているのかを知っておきましょう。仕組みを知らないと練習しても何をやっているのか?何がダメなのか分かりません。これを知っているだけで、ミックボイスが出せない時に何が原因なのかを追究しやすくなります。 ポイント ミックスボイスは仕組みと出し方を知らないと絶対に出せない ミックボイスの出し方 まずゼロからミックスボイスの出し方を解説 ...

ReadMore

、腹式呼吸、腹式発声、インナーマッスル、エクササイズ、ボイトレ、発声、喉声

腹式呼吸と腹式発声のやり方!誰でもわかる呼吸法の仕組みと効果

腹式呼吸は歌を歌うためには必須 腹式呼吸は何故重要なのか! メリットは多数あります。 腹式呼吸をすることで息を無駄に吐かなくなり呼吸が楽 横隔膜が下がる為、器官が下に引っ張られて喉に空間が出来る 胸式だと胸に響きにくい声も腹式呼吸だと胸に響きやすい などなど、歌の上達には腹式呼吸は必須です。 何よりも出来るようにならないと楽に歌うことは出来ません。多くの方が望んでいる高い声を出すことも難しいです。 腹式呼吸を勘違いしない 色んなサイトで腹式呼吸のやり方を説明していますが、みな腹式呼吸に目を向けすぎていて腹 ...

ReadMore

疲れない歌い方

力を抜いて歌う方法!脱喉締め!無駄な力を抜いて疲れない声を出す方法!

何故 力を抜くのが大切なのか 歌とは人間の体を楽器とし音を出します。 力みは響きを抑え、かつ歌うことによって体をどんどん疲れさせてしまい声も枯れやすくなってしまいます。 まずは歌を歌うための体の状態から作っていきましょう。 力を抜かなければいけないのは喉だけではありません。 腹式呼吸、腹式発声、共鳴、ミックスボイスなど他にも学ぶべきことは多数ありますが、まずは体の状態を作ることが一番の近道となります。 脱力が出来ていないと、他の練習をして躓いて結局ここに戻ってくることになります。 力を抜く前に力が入ってる ...

ReadMore

喉を開く方法

【喉を開いて歌う方法】喉声を改善して共鳴、芯のある歌声をゲットしよう!

喉を開くことは声を響かせるためには必須です。 喉を開くことは出来ないのではなく知らないだけです。喉を開くことは普段から自然とやっている仕草ですが歌を歌う時は緊張から力みやすくなり正しく喉を開けてない人が沢山います。 喉を開くことを知れば、声が一気に変わります。 喉を開くとは? 歌の練習をしている人であれば、よく耳にする言葉だと思います。では実際に喉を開いている状態とはどういう状態なのでしょうか? 舌根が下がっている 軟口蓋が上がっている 顎が落ちている この状態が喉が開いている状態です。あくびの時の喉なん ...

ReadMore

 

最初に読みたい

7e410cf91919c3cab382d6daa4f55454_s

2020/12/18

腹式発声が出来れば喉が解放される「腹式呼吸」より大切な息の吐き方

腹式呼吸は知っているけど腹式発声は知らないって人が多いでしょう。 腹式呼吸が出来ているはずだけど息が上手く使えないと思っているあなた! なぜなら腹式呼吸で息を吸うだけでは歌には何も生かせないからです。 吸った息を吐き切る為には腹式発声が必要なんです、呼吸は吸って吐くまでが一つの工程です。歌の場合は息を吐くから息が吸えるんです。 腹式発声が出来るようになれば声の響きも変わります、これで息が続かないなんてこともなくなります。 腹式発声【腹式呼吸より大事!】 言葉の知名度としては腹式呼吸の方が有名ですが、腹式発 ...

ReadMore

ビューティーボイストレーナー、ボイトレグッズ、ボイトレ器具、ボイトレ、発声練習、喉を開く、腹式呼吸、

2020/10/26

簡単にコツが掴める!喉を開く感覚を身に着けられるボイトレグッズ

喉を開く感覚 喉を開く感覚はあくびの感覚に近いです。つまり誰もが感じたことのある感覚ではありますが、いざ歌を歌うとなるとどうすればいいのわからなくなってしまう、いまいち感覚が掴めないって人に是非お勧めのボイトレグッズがあります。 喉を開くことは誰にでもできるので感覚を身に着けてしまえばすぐに出来るようになります。見えない部分なので体験してもらうのが一番の近道です。 ビューティーボイストレーナー PROIDEA プロイデア ビューティーボイストレーナー 0070-1038 created by R ...

ReadMore

胸、胸を開く、

2020/9/19

胸を開き共鳴させる、胸を開いて歌ことを姿勢を改善し声質を良くする

胸を開く、とは 胸を開くということは共鳴する空間を広げるということ、喉を開くことと同じような意味合いです。 さらに胸を開くことで姿勢を改善し、息の通りを良くし顔周辺の共鳴をさらに増幅することが出来ます。 胸周辺の筋肉を緩め、少し胸を張った状態を作るとにより歌う時の正しい姿勢を作ることが出来る。←これ重要 胸の開き方 胸が開いている状態がどういう状態なのかと言うと、まず実践してみましょう。 肩が上がらないように、胸で息を吸いましょう。みぞおちを膨らませるイメージです。 この時に肩が上がってしまうと胸式呼吸に ...

ReadMore

歌が上手くなる方法

2020/12/27

【ボイトレ】歌が上手くなる方法12のポイントと4つの症状診断

歌を上手く歌えるようになりたいけど何をすればいいのか分からない。 歌は誰でも練習次第で上手く歌えるようになります。 この記事を読めば自分に何が出来ていないのか、どうすれば歌が上手く歌えるようになるかを紹介してきます。 歌が上手いとは 音程が取れている事もありますが声の出し方の要素が強いです。正しく声を出せていないと音程も上手く取れず、音程だけ正しく歌えても歌が上手いとは言えません。 響きのある相手に取って聞き心地の良い声で歌う事が大切です。 歌声は上手く出せないが音程は完璧に取れている人の歌は話声で歌って ...

ReadMore

疲れない歌い方

2020/11/24

力を抜いて歌う方法!脱喉締め!無駄な力を抜いて疲れない声を出す方法!

何故 力を抜くのが大切なのか 歌とは人間の体を楽器とし音を出します。 力みは響きを抑え、かつ歌うことによって体をどんどん疲れさせてしまい声も枯れやすくなってしまいます。 まずは歌を歌うための体の状態から作っていきましょう。 力を抜かなければいけないのは喉だけではありません。 腹式呼吸、腹式発声、共鳴、ミックスボイスなど他にも学ぶべきことは多数ありますが、まずは体の状態を作ることが一番の近道となります。 脱力が出来ていないと、他の練習をして躓いて結局ここに戻ってくることになります。 力を抜く前に力が入ってる ...

ReadMore

no image

2021/1/7

胸式呼吸とは?歌の発声に適していない理由

呼吸法は、胸式呼吸と腹式呼吸と2種類存在しますが共に声を出すことは出来ます。 歌う時は腹式呼吸の方が適していますが、なぜ胸式呼吸は歌に適していないのか、胸式呼吸とはどういう呼吸法なのかを解説していきます。 さらに詳しく 【安定した歌声】歌う為の腹式呼吸と腹式発声の仕組みとやり方を解説 胸式呼吸とは 肺に空気を入れての胸が膨らむ呼吸法。 通常日本語を話す場合は胸式呼吸で発声していることが多いが会話の際は息を大きく吸うことはあまりないため胸が膨らむほどではないですね。 胸式呼吸が歌うことに向いていない理由 胸 ...

ReadMore

2021/1/6

【安定した歌声】歌う為の腹式呼吸と腹式発声の仕組みとやり方を解説

歌う特に腹式呼吸はとても大事です。 同じくらい大事なことが腹式発声です。腹式呼吸は息を吸って吐く方法ですが、腹式発声は吸った息に声を乗せて出す方法です。 腹式呼吸は人間が寝ている時に自然と行っている呼吸法です、腹式発声は言葉自体あまり聞き慣れない言葉でありますが歌う上では非常に大事な発声方法です。高音域の発声は特に腹式発声が出来ていないと音域を伸ばすのが難しいです。 ここでは歌の為の腹式呼吸と腹式発声の方法について解説していきます。 腹式呼吸のやり方 腹式呼吸とはお腹を膨らませて息を吸う方法です。 お腹で ...

ReadMore

7e410cf91919c3cab382d6daa4f55454_s

2020/12/18

腹式発声が出来れば喉が解放される「腹式呼吸」より大切な息の吐き方

腹式呼吸は知っているけど腹式発声は知らないって人が多いでしょう。 腹式呼吸が出来ているはずだけど息が上手く使えないと思っているあなた! なぜなら腹式呼吸で息を吸うだけでは歌には何も生かせないからです。 吸った息を吐き切る為には腹式発声が必要なんです、呼吸は吸って吐くまでが一つの工程です。歌の場合は息を吐くから息が吸えるんです。 腹式発声が出来るようになれば声の響きも変わります、これで息が続かないなんてこともなくなります。 腹式発声【腹式呼吸より大事!】 言葉の知名度としては腹式呼吸の方が有名ですが、腹式発 ...

ReadMore

大きな声、声量、音量

2020/12/14

カラオケで歌う時の声量は音量ではない【小声で響かせて小さく歌う】

歌を歌う時にどのくらいの声の大きさで歌うのが良いのか? 歌うとは話声の延長であることを忘れずに、話し声に響きを加える事で音量が上がります。大きい声を出そうとするのではなく、小さい声を大きく響かせることが大切です。 歌う時の声の大きさ オーディオなんかの音量とは単純に音の大きさですが、歌う時の声量は声の大きさではありません。 正確には共鳴量、どれくらい響くかが音量という意味で考えてもらって結構です。 大きい声かつ大きく響きを持って歌うのがオペラです、オペラの場合基本的にマイクを使わない、またはかなり遠い場所 ...

ReadMore

、腹式呼吸、腹式発声、インナーマッスル、エクササイズ、ボイトレ、発声、喉声

2019/1/25

【ベルカント唱法】歴史ある声楽から学べる発声の基本と理論

ベルカント唱法とは 【bel canto】「ベルカント」 イタリア語で『美しい歌』。 イタリアの伝統的な歌唱法。 喉に無理なく低音から高音まで、気持ちよく豊かに歌ことができる唱法。 オペラで使われる豊かな響きを持った発声方法 体を楽器として使い、声帯、横隔膜をコントロールし体全体から響きを発する歌唱法です。 J-POPなどでのこの歌唱法から影響を受けている部分もあります。 よく言われるベルカントの特徴は腹式発声にあります。 ドイツの歌唱法では横隔膜の状態を一定の位置で保ちながら発声を行いますが、ベルカント ...

ReadMore

 

© 2021 chemicalvocie.com