デスボイスとは?【スクリーム、グロウル、ガテラルetc】難易度★★

デスボイスとは?デスボイスの種類

デス声、スクリームと一般的にはまとめて言われることの方が多いですが、その中で何種類かに分類することができます。
名前が何種類もあるのは国によってだったり、ジャンルによって呼ばれ方が違うからです。

  • スクリーチ
  • フライスクリーム
  • グロウル
  • グラント
  • フォールスコードスクリーム
  • ガテラル
  • ピッグスクイール
  • etc

ここに上げただけでも結構な種類があります、種類と言うか名前ですね。
さらにこの中で「吐き」「吸い」と二通りあります。

デスボイスの出し方
【デスボイスの出し方】喉に負荷のないデスボイスの出し方/グロウル/スクリーム

デスボイスの種類の違い

何が違うのか言うと、音質が違います。違いはあるんですが、これは結構曖昧です。
出し方も違いますが、何故曖昧なのかというと、音質の違いは人によるものが大きいからです。
基本的にはエッジボイスの派生がデスボイスなりに繋がっていくので、声の音質に当然依存します。
厚めのデスを出したい!と思っても地声が厚めに出せないのであれば厚い音にはなりません。

更に分かりやすく考えるなら音域ですね。

・高音域
スクリーチ・フライスクリーム

・中音域
フライスクリーム・スクリーチ
グロウル・グラント
フォールスコードスクリーム

・低音域
グロウル・グラント
フォールスコードスクリーム
ガテラル
ピッグスクール

こんな感じに分けてみました。
これは使われやすい音域、使える音域です。
名前が複数あり混乱しやすいので音域である程度区切ってしまうのが分かりやすいかと思います。

フライスクリーム、スクリーチ

中音域から高音域でよく使われるのがフライスクリームとスクリーチです。
ちなみに、フライスクリームもスクリーチも同じだと考えてもらって問題ありません。

「ギャー」と言う感じでの声です。唸るというよりも叫ぶようなシャウトです。
金属音のように硬い歪みのある音質になります。グロウルと何が違うのかと言うとグロウルが地声で、フライスクリームが裏声って感じですね。

 

フライスクリーム 難易度 ★★★

発声方法
エッジボイスの状態を維持したまま声帯と閉じそこに息を更に多く吐きエッジの歪みを強くしたもの、この出し方を裏声を主体としたミックスボイスで発声することで硬いスクリームを出すことが出来ます。

難易度としては★3つです。
そんなに難しくないんですが、裏声を確りと使えることと、裏声で声帯閉鎖の感覚をある程度分かっていることが条件ですかね。
ミックスボイスよりも簡単だと思います。裏声の状態でエッジボイスを出すことが出来ればそこからは早いんではないでしょうか?

参考音源

Killswitch Engage

Butcher Babies

グロウル、グラント、フォールスコードスクリーム

中音域、低音域で使われるのがグロウル、グラント、フォールスコードスクリームと呼ばれれる出し方です。
この3個の言葉も、言葉は違えど声としては同じです。

「ぼぉぉ」って感じの唸るようなシャウトです。
デスボイスと言えば一般的にはこの声のことを指していますね。

 

グロウル 難易度★

発声方法
エッジボイスの状態に息を多く吐き歪みを強くしたもの、基本的に地声で行う

たぶんデスボイス全般の基礎になる声です。
難易度★一つと簡単簡単。
エッジボイスに響きと息を増やせばそのままグロウルになります。
ここで一番学んで欲しいのは、「あ、そんなに力いらないんだな」ってことです。
グロウルとか使っているPVとか見ると凄い顔して出しているものが多いのが理由なのか、結構力がいると思っている人が多いです。
楽にため息程度の気持ちで出ます。

Slipknot

Coldrain

 

ガテラル

低音域、超低音域を主に使用する。
別名下水道ボイスなどと呼ばれており、超低音で歪ませると、歌詞があまり乗らず、ゴボゴボと音を立てているように聞こえたりもする。
POPで使われているのは聞いたことがなく、主にメタル系のジャンルで使用されている。

ガテラル 難易度★★

発声方法
響きを喉に集め、声帯はちょっと強めの閉鎖に息を流し歪ませる、喉、下顎で響きを回し口を口の中で困らせたよう音を発声させる。
グロウルなどを出し慣れている人であれば、そのまま低音域へと音程を下げて喉仏の裏に響きを集めてこもらせたような感じ。

グロウルを出すことが出来れば意外と流れで出てしまうガテラルさん。
響かせる場所とこもらせ方の感覚を掴んでしまえば、そこまで難しくはないです。

Coprophilic Asphyxia

マキシマム・ザ・ホルモン

ピッグスクイール

豚の鳴き声のような声です。
あまり使っているバンドを聞いたことがないです。それくらいレアですね。
邦楽をしか基本的に聞かないよって人は出会うことはないと思います。

ピッグスクイール 難易度★★★★★

これ出せないんです。
ですが、あんまり需要自体なくて出そうとも思えないので、難易度未知です。

 

吸い

吸いという出し方があります。
これは単純に息を吐くのではなく、吸って出す方法です。

息を吸った方がエッジボイスって結構綺麗に出るんです。
その状態から息をすって声を歪ませるという方法です、喉の形としては吐きの時と同じです。
あまり吸いはお勧めしません。
喉を傷めやすい、というか普段から息を吸って声を出すことに慣れていないため、変に力が入ってしまうことが多いからです。
まず吐きから練習することをお勧めします。

家で出来る独学ボイトレ教材の勧め

”JAYE公山氏”の自宅でこっそりさらっと上達できる高音ボイトレ教材

Contents1 自宅でも基礎から学ぶことが出来る1.1 何故?独学だと難しいのか?2 自宅でも!独学で正しい発声を学ぶ2.1 『 LOUDNESS 』のボーカル 二井原 実さん推薦2.2 JAYE公山氏のトレーニング内容 自宅でも基礎から学ぶことが出来る 時間がなくてボイストレーニングに通えない 年齢的にボイストレーニングに通うのはちょっと,,, 月謝が高くて継続して通えない 何を練習すれば良いのか分からない こっそり練習したい。歌うのは好きだけど、自分の下手な歌を聞かれたくない。 そんな人が沢山いま ...

ReadMore

鼻腔、口腔、

鼻腔共鳴のコツ・やり方!上顎に共鳴を与え高音域を綺麗に共鳴させる

鼻腔共鳴が出来ることになること響きが大きく広がり、中音域よる上の音域の発声が非常に楽になります。特に大事なことは、息の吐き方です。力んだ状態では響きを殺してしまい鼻腔までは響かせることが出来ません。 鼻腔共鳴の感覚を知る事で正しい発声の感覚を知ることが出来ます、鼻腔共鳴が出来ていれば正しく響きを作れていることが出来ています。 Contents1 鼻腔共鳴とは何か?2 鼻腔共鳴のコツ、やり方2.1 響きを上に持っていく3 共鳴に必要な状態【コツを掴む】3.1 歌いながらでも鼻腔共鳴を感じられる歌い方、コツ3 ...

ReadMore

ミックスボイスの出し方、仕組み

【ミックスボイスの出し方と練習方法】仕組みを理解し高音域を歌う

高音域を出すためにはミックボイス必須ですね。 最近のJ-POPも音域が広がり地声だけではまず歌えないような曲が増えています。 ミックボイスを出す前にミックスボイスはどういう仕組みで出ているのかを知っておきましょう。仕組みを知らないと練習しても何をやっているのか?何がダメなのか分かりません。これを知っているだけで、ミックボイスが出せない時に何が原因なのかを追究しやすくなります。 ポイント ミックスボイスは仕組みと出し方を知らないと絶対に出せない Contents1 ミックボイスの出し方1.1 第一段階 ミッ ...

ReadMore

、腹式呼吸、腹式発声、インナーマッスル、エクササイズ、ボイトレ、発声、喉声

腹式呼吸のやり方!誰でもわかる横隔膜、呼吸法の仕組みと効果

Contents1 腹式呼吸は歌を歌うためには必須1.1 腹式呼吸を勘違いしない1.2  腹式呼吸を体験2 腹式呼吸のやり方 【体験編】3 腹式呼吸のやり方3.1 腹式呼吸が出来ない原因3.2 リラックス3.3 力を入れない3.4 息はお腹で止める4 横隔膜の動きが腹式呼吸に大事な理由 4.1 超簡略化した腹式呼吸の仕組み5 支えとはどういう意味なのか?5.1 実はみんな聞いたことがあること、発声に大事なことが沢山詰まっている!6 腹式呼吸は一つの課題である6.1 腹式呼吸を正しく行える器具6.2 息の吐 ...

ReadMore

疲れない歌い方

力を抜いて歌う方法!脱喉締め!無駄な力を抜いて疲れない声を出す方法!

Contents1 何故 力を抜くのが大切なのか1.1 力を抜く前に力が入ってる場所を確認しよう2 力の抜き方、脱力できている体を覚えましょう。2.1 肩、胸の脱力2.2 喉、首の脱力2.3 舌の脱力2.4 下顎と喉の脱力2.5 姿勢2.6 動くことにより、力を抜く2.7 リップロール3 まとめ 何故 力を抜くのが大切なのか 歌とは人間の体を楽器とし音を出します。 力みは響きを抑え、かつ歌うことによって体をどんどん疲れさせてしまい声も枯れやすくなってしまいます。 まずは歌を歌うための体の状態から作っていき ...

ReadMore

喉を開く方法

【喉を開いて歌う方法】喉声を改善して共鳴、芯のある歌声をゲットしよう!

  Contents1 喉閉めってどんな状態2 喉を開いている状態3 喉を開くための筋肉を鍛える(即効性有)3.1 軟口蓋を上げる3.2 舌根を下げる4 強制的に喉を開く方法5 高音域だと喉締めになる場合5.1 張り上げを治すためには6 喉を開くために歌っている時に意識すること7 >まとめ、注意点 喉閉めってどんな状態 喉締め発声とは喉、首、肩に力が入ってしまい口の中の空間を圧迫している状態のことをいいます。 喉締めで歌っていると、すぐに喉が疲れてしまい、声が枯れやすい、声が固く響きが出な ...

ReadMore

デスボイスの出し方

【デスボイスの出し方】喉に負荷のないデスボイスの出し方/グロウル/スクリーム

デスボイスを出したい! でも出し方がわからないという方に、少しでもデスボイスのコツを掴めるように解説していきます。 デスボイス、スクリーム自体が日本ではあまり需要がないため、日本でのオリコンチャートなどはほとんど聞きませんね。 私はずっと日本在住なので、海外ではどれくらい知名度があるのか需要があるのか分かりませんが、日本では需要がなさ過ぎて出し方をまとめた書籍などもあまりありません。 何より、やる人が少ないため、教えることが出来る人も少ないです。 難しいと思う人は沢山いるかと思いますが、慣れれば高音域を出 ...

ReadMore

-デスボイス・スクリーム

Copyright© chemicalvocie.com , 2020 All Rights Reserved.