歌唱上達への知識

歌声がかすれる・上手く出せない時の対処方法と練習方法

歌声がかすれる原因は声帯にある

声を作っているのは声帯です。声がかすれたり上手く出せない原因は声帯にあります。その原因は大きく分けると二つあります。

  • ポリープが原因
  • 声帯が上手く使えていない

ポリープが原因

ある日突然声がかすれるようになった時はまず病院に行きましょう。ポリープとは声帯の一部に出来物が出来てしまっている状態です。そのため声帯が上手く閉じず声がかすれてしまいます。

悪化してしまうと最悪手術なんてこともあります、絶対に無理しないで病院に行く事!悪化していから治しても声帯が変形していしまい声が変わってしまうことや、確りと締まらず常に息漏れの状態になってしまうこともあります。

声帯を傷めないようにまずは正しい歌声の出し方を学びましょう!

声帯が上手く使えていない

声帯が閉じ、閉じた声帯を息が通ると声になります。声帯が開きすぎていれば息に少しだけ声が乗ってかすれた状態になります。逆に声帯が強く閉じすぎているとキンキンした硬い音になり歌声が安定いなくなります。一番重要なのはバランスです。

この声帯にバランスを身に着けるために特に効果があるトレーニング方法がエッジボイスをを使った練習方法です。

声帯のバランスはとても重要です。響きを強くする以前にまずは一番元となる音を確りと出すことが特に重要になります。声帯を上手く使うことが出来れば自分の声質をコントロールすることも出来ます。使い分けをするためにも声帯のコントロールを身につけましょう。

出入り口
エッジボイスの出し方と効果【ミックスボイスに必須の声帯閉鎖の感覚】

続きを見る

歌声が上手く出せない理由は声帯のコントロール以外にもあります。下記記事で歌声の出し方をまとめたので是非参考にしてください。

歌が上手くなる方法
【ボイトレの基礎】発声に必要な技術で真に歌が上手くなる方法

続きを見る

一番大事なことは喉を傷めない事です。私の記事でデスボイスの出し方なども紹介しています、デスボイスは喉を傷めやすいと思われがちですが正しい出し方をすればそうではありません。何も歌い方も分からずただがむしゃらに歌う方がより喉を傷めやすいです。

歌い続けるのであれば、喉を傷めない歌い方を身につけましょう!

-歌唱上達への知識