初心者に向けた歌声の出し方【話声とは違う響きのある歌声の出し方】

歌も話すも同じ声

歌うことも話すことも声を出すことには変わりありません。では何故歌声を出すことが難しいのでしょう。

多くの人が本当の歌声で歌うことが出来ていません。歌っているつもりでもただ話している声に音程が乗っているだけの人もいます。極端な例を挙げると下動画ですね。
これは芸風とかなのかもしれませんが、話し声と歌っている時の声が殆ど同じです。

man
いやいや、これはネタでしょ?
先生
だと思うじゃないですか?ではあなたはちゃんと歌声で歌えていますか?
man
え…

ここまで地声ではないかもしれません。
ですが、今の自分の声が本当に限界だと思いますか?もっと良い声が出せるとは思いませんか?

自分の声が嫌いだからカラオケでも歌いたくない、でも歌えるようになりたい!
もっと音域を広げたい!あんな声で歌えるようになりたい!

色々あると思います。
完全に理想の声を同じ声が出せるわけではありませんが、声質を変えることは出来ます。
声は体の使い方だったり声帯の使い方である程度は自分の出したい声が出せるんですよ。

時間を重ねて声が変わったアーティスト

プロのアーティストでもデビューから時間を重ねて声が大きく変化している人も多数います。

正しくトレーニングすればだれでも出来ることです、プロだから出来ることはなく誰にでも出来ます。

ここでも一つ例をあげてみます。
出来るだけ分かりやすい有名な物を選んだのみんな知っているかな?

2007年↑

2017年↓

声めっちゃ変わってる!って思ってもらえましたか?
デビュー当時は割と地声に近い感じだと思いますが、最近は完全にミックスボイス使ってますね。

最古と最新を上げたので10年も開いてしまいましたが、実際はもっと早い段階で声に変化はありましたね。
音域もかなり広がってますね。

歌声の出し方

歌声とは、話声に響きを与えた物が歌声になります。

ここで問題なのが日本語です、日本語は喉を閉めてボソボソと話すため歌うことには向いていません。そのため普段の話声は響きの要素をそぎ落としたような話し方になっているのが日本語です。英語圏のアーティストは話声と歌声が近いです。英語は元々響きやリズムを大事にした言語です。普通の会話でも歌声に近い声で話しています、その為話声と歌声が近いんですが、日本語の場合は歌うと声が全然違う人とかいますよね。それは日本語の問題なんです。

つまり声を出すことは変わらないのですが、響きを加えることが出来ないと綺麗な歌声を出すことは出来ません。

真の歌声を出す方法

これは声を出す仕組みを勉強してトレーニングするしかありません。
多くの人は喉声を治すことで歌声に一歩近づきます、そしてミックスボイスを習得すると更に声質の幅が広がります。

すごく難しいでしょ?って思う人もいるかもしれませんが、ちゃんと手順を踏んで進めていけば変化を楽しみつつ練習することが出来ると思いますよ。

 

声の変化

ミックスボイスなんて高度なことをやるよりも、まずやるべきことができます。

日本人は特に歌声と話し声に大きな差があります。
これは日本語の発声が歌うことと大きな違いあるためです。

英語圏の人なんかは歌声を話声が似ています。これは普段から歌声に近い状態で話しているからです。

日本人の場合はまず歌声の出し方を学ぶ必要があります。

  • 息の使い方
  • 喉を開くこと
  • 声帯の使い方

大きく分けると上記の3つになります。
真の歌声を作っている要素とも言えます。

良く勘違いしている人がいますが、これらの要素はただ歌っていても絶対に身に付きません。

間違った歌い方をしていたら変な癖がついてしまい更に真の歌声とは離れていってしまいます。

練習をする前にまずやるべきことがあります。

正しいやり方を知ることです。
知らないことはできません、これは絶対です。
知って初めて練習が身になるものになります。

ネット上には実は正しい答えってないです。
私も色々書いていますが、実は大事な部分は触れていません。
何よりも文字だけでは大事な部分まで完全に解説することは無理なんです。

ネット上の動画を見ても、大事なところは具体的な解説がされていなく感覚で説明している方が多いです。
何よりもそれだけで歌が上手くなるならボイストレーナーなんて必要ないですからね。

歌を本気で上手くなりたいなら、実績のあるボイストレーナーに指導を受けるのが一番の近道です。

そこまでのことは求めてない
そんなにお金をかけたくない
通う時間がない
年齢的に恥ずかしい

そんな人にはプロのアーティストが出しているボイトレ教材もあります。
ボイトレ教材というと不信感を持つかもしれませんが、名の知れたアーティストが作ったものであり確かな実績があります。

プロからの学び

JAYE公山氏のボイトレ教材です。
アポロシアターで東洋人初のグランプリを受賞した実力者です。

アポロシアター

アポロ・シアターとは

ポピュラー音楽においてアメリカ合衆国で最も著名なクラブの一つであり、アフリカ系アメリカ人(黒人)のミュージシャンやアーティスト専用ともいえるほど関わりの深い有名なクラブである。

ジェームス・ブラウン、ダイアナ・ロス、ジャクソン5、スティーヴィー・ワンダーなど多くのスターがアポロ・シアターから有名になりました。

このアポロシアターで東洋人初のグランプリを受賞したJAYE公山氏が出している教材があります。
ボイトレ教材の中でも一番売れている教材です。

プロアーティストとして活動をしつつ現在はボイストレーナーとしても活躍されています。
コブクロやゴスペラーズや様々なプロアーティストのボイトレを行っており、この教材自体もラウドネスのボーカル二井原さんも認めてる教材です。

すごい大事なこと言ってるんですが、一番のポイントの所だけ上手くカットされている…
内容を知りたいという方は↓

公式サイト⇒こちら

家で出来る独学ボイトレ教材の勧め

”JAYE公山氏”の自宅でこっそりさらっと上達できる高音ボイトレ教材

Contents1 自宅でも基礎から学ぶことが出来る1.1 何故?独学だと難しいのか?2 自宅でも!独学で正しい発声を学ぶ2.1 『 LOUDNESS 』のボーカル 二井原 実さん推薦2.2 JAYE公山氏のトレーニング内容 自宅でも基礎から学ぶことが出来る 時間がなくてボイストレーニングに通えない 年齢的にボイストレーニングに通うのはちょっと,,, 月謝が高くて継続して通えない 何を練習すれば良いのか分からない こっそり練習したい。歌うのは好きだけど、自分の下手な歌を聞かれたくない。 そんな人が沢山いま ...

ReadMore

鼻腔、口腔、

鼻腔共鳴のコツ・やり方!上顎に共鳴を与え高音域を綺麗に共鳴させる

鼻腔共鳴が出来ることになること響きが大きく広がり、中音域よる上の音域の発声が非常に楽になります。特に大事なことは、息の吐き方です。力んだ状態では響きを殺してしまい鼻腔までは響かせることが出来ません。 鼻腔共鳴の感覚を知る事で正しい発声の感覚を知ることが出来ます、鼻腔共鳴が出来ていれば正しく響きを作れていることが出来ています。 Contents1 鼻腔共鳴とは何か?2 鼻腔共鳴のコツ、やり方2.1 響きを上に持っていく3 共鳴に必要な状態【コツを掴む】3.1 歌いながらでも鼻腔共鳴を感じられる歌い方、コツ3 ...

ReadMore

ミックスボイスの出し方、仕組み

【ミックスボイスの出し方と練習方法】仕組みを理解し高音域を歌う

高音域を出すためにはミックボイス必須ですね。 最近のJ-POPも音域が広がり地声だけではまず歌えないような曲が増えています。 ミックボイスを出す前にミックスボイスはどういう仕組みで出ているのかを知っておきましょう。仕組みを知らないと練習しても何をやっているのか?何がダメなのか分かりません。これを知っているだけで、ミックボイスが出せない時に何が原因なのかを追究しやすくなります。 ポイント ミックスボイスは仕組みと出し方を知らないと絶対に出せない Contents1 ミックボイスの出し方1.1 第一段階 ミッ ...

ReadMore

、腹式呼吸、腹式発声、インナーマッスル、エクササイズ、ボイトレ、発声、喉声

腹式呼吸のやり方!誰でもわかる横隔膜、呼吸法の仕組みと効果

Contents1 腹式呼吸は歌を歌うためには必須1.1 腹式呼吸を勘違いしない1.2  腹式呼吸を体験2 腹式呼吸のやり方 【体験編】3 腹式呼吸のやり方3.1 腹式呼吸が出来ない原因3.2 リラックス3.3 力を入れない3.4 息はお腹で止める4 横隔膜の動きが腹式呼吸に大事な理由 4.1 超簡略化した腹式呼吸の仕組み5 支えとはどういう意味なのか?5.1 実はみんな聞いたことがあること、発声に大事なことが沢山詰まっている!6 腹式呼吸は一つの課題である6.1 腹式呼吸を正しく行える器具6.2 息の吐 ...

ReadMore

疲れない歌い方

力を抜いて歌う方法!脱喉締め!無駄な力を抜いて疲れない声を出す方法!

Contents1 何故 力を抜くのが大切なのか1.1 力を抜く前に力が入ってる場所を確認しよう2 力の抜き方、脱力できている体を覚えましょう。2.1 肩、胸の脱力2.2 喉、首の脱力2.3 舌の脱力2.4 下顎と喉の脱力2.5 姿勢2.6 動くことにより、力を抜く2.7 リップロール3 まとめ 何故 力を抜くのが大切なのか 歌とは人間の体を楽器とし音を出します。 力みは響きを抑え、かつ歌うことによって体をどんどん疲れさせてしまい声も枯れやすくなってしまいます。 まずは歌を歌うための体の状態から作っていき ...

ReadMore

喉を開く方法

【喉を開いて歌う方法】喉声を改善して共鳴、芯のある歌声をゲットしよう!

  Contents1 喉閉めってどんな状態2 喉を開いている状態3 喉を開くための筋肉を鍛える(即効性有)3.1 軟口蓋を上げる3.2 舌根を下げる4 強制的に喉を開く方法5 高音域だと喉締めになる場合5.1 張り上げを治すためには6 喉を開くために歌っている時に意識すること7 >まとめ、注意点 喉閉めってどんな状態 喉締め発声とは喉、首、肩に力が入ってしまい口の中の空間を圧迫している状態のことをいいます。 喉締めで歌っていると、すぐに喉が疲れてしまい、声が枯れやすい、声が固く響きが出な ...

ReadMore

デスボイスの出し方

【デスボイスの出し方】喉に負荷のないデスボイスの出し方/グロウル/スクリーム

デスボイスを出したい! でも出し方がわからないという方に、少しでもデスボイスのコツを掴めるように解説していきます。 デスボイス、スクリーム自体が日本ではあまり需要がないため、日本でのオリコンチャートなどはほとんど聞きませんね。 私はずっと日本在住なので、海外ではどれくらい知名度があるのか需要があるのか分かりませんが、日本では需要がなさ過ぎて出し方をまとめた書籍などもあまりありません。 何より、やる人が少ないため、教えることが出来る人も少ないです。 難しいと思う人は沢山いるかと思いますが、慣れれば高音域を出 ...

ReadMore

-歌唱上達への知識

Copyright© chemicalvocie.com , 2020 All Rights Reserved.