鼻腔共鳴のコツ・やり方!上顎に共鳴を与え高音域を綺麗に共鳴させる

鼻腔、口腔、咽頭、

鼻腔共鳴が出来ることになること響きが大きく広がり、中音域よる上の音域の発声が非常に楽になります。特に大事なことは、息の吐き方です。力んだ状態では響きを殺してしまい鼻腔までは響かせることが出来ません。

鼻腔共鳴の感覚を知る事で正しい発声の感覚を知ることが出来ます、鼻腔共鳴が出来ていれば正しく響きを作れていることが出来ています。

鼻腔共鳴とは何か?

鼻腔共鳴とは鼻腔と呼ばれれる場所に声を当て共鳴を得ることを言います。厳密に言うば声帯の振動を空気や骨を伝わり鼻周辺に共鳴します。

鼻腔共鳴が存在しない、鼻腔には響かないという人もいますが重要なのは鼻腔で響いているかどうかよりもその周辺が振動して共鳴しているかが重要なんです!だから鼻周辺なんです。

更にいうならば上顎全体に響きを持っていくためには鼻腔での共鳴が必須となります。厳密に鼻腔で響いているかどうかは実際はどうでもいいんです。

下の共鳴が胸や喉であれば、鼻腔共鳴は上の共鳴ということになります。

鼻腔共鳴のコツ、やり方

鼻腔共鳴とは鼻の周辺、奥に響きます。
最初の画像を見てもらえればわかると思いますが、鼻腔は広く感覚としては鼻だけではありません。

軟口蓋を引っ張り上げることは、喉を開くで説明を行いましたが、軟口蓋を大きく上に引っ張り上げてください。

軟口蓋を上げ、上げた部分に音を当てることにより鼻腔への響きを強くなります。逆に軟口蓋が上がっていないと鼻腔には響きにくくなります。

簡単に響きを感じられる方法

口を開き「ん」でハミングをしてみましょう。
この時に口から声を出すのではなく鼻から息を出す、声を出す意識をもって行ってください。

まずこんな感じで響くのか!ということを感じてみてください。

響きを上に持っていく

チェストボイスであれば当然胸に意識をおいて出そうと練習したはずです。

今回は上の響きを持っていく意識を持ちましょう。この時に意識は「鼻」ではなく上顎に響かせることを意識しましょう。

喉の奥の上の方(軟口蓋)で声を出すイメージが大切です。

上顎に意識をおいて発声をすると、喉や胸の共鳴が弱くなり上顎に響いている感覚を感じられるはずです。

ビューティーボイストレーナー、ボイトレグッズ、ボイトレ器具、ボイトレ、発声練習、喉を開く、腹式呼吸、
【カラオケ上達】ボイトレグッズ ビューティーボイストレーナー

Contents1 ビューティーボイストレーナー1.1 ビューティーボイストレーナーの一番の効果1.2 喉を開くとは1.3 ビューティーボイストレーナーの効果②1.4 ビューティーボイストレーナーの効 ...

共鳴に必要な状態【コツを掴む】

うまく共鳴が得られない人によくあるパターンとして

  • 喉閉め声で歌っている
  • 声帯閉鎖が甘い
  • 腹式呼吸ができていない

この3点があげられます。

・喉閉め声で歌っている

喉閉めで歌っている場合、口腔にも響きがいきわたらず、当然その先にある鼻腔にも響きが届きません。

力を抜き、軟口蓋を上げることが鼻腔共鳴には非常に重要です、軟口蓋を上げることにより鼻腔により響きを与えることが出来るためまず喉を開いて歌うことを身につけましょう。

まず力を抜いて、喉を開いて歌うこと覚えましょう。

喉を開く方法
【喉を開いて歌う方法】喉声を改善して共鳴、芯のある歌声をゲットしよう!

  Contents1 喉閉めってどんな状態2 喉を開いている状態3 喉を開くための筋肉を鍛える(即効性有)3.1 軟口蓋を上げる3.2 舌根を下げる4 強制的に喉を開く方法5 高音域だと喉 ...

続きを見る

・声帯閉鎖が甘い

声帯の閉鎖が弱いと振動自体が弱くなってしまいます。

声帯をきちっと閉め息漏れのない声にしましょう。

・腹式呼吸ができていない

お腹から確りと息を送り出さないと喉閉めにつながり、共鳴を得ることが難しくなります。

腹式呼吸で息を吸えていても、吐く時に喉の力が入らないように十分注意しましょう。喉に力が入る場合は腹式呼吸ができていないということです。

歌いながらでも鼻腔共鳴を感じられる歌い方、コツ

鼻をつまめば誰でも共鳴を感じることができますが、歌いながらというと簡単にはいきません。

そこで一つ裏技を伝授しましょう。

歌う時に鼻から息を出しながら歌ってみてください。低音域よりも中音域くらいの方が響きを感じることができると思います。
鼻の奥の方に響きを感じられると思います。

実際に鼻から息が出ていなくても良いです、鼻から息を出そうという意識が鼻腔共鳴を強くすることが出来ます。

低音域でも鼻から息を出すことを意識することにより声のトーンが上がり聞きやすい声を作るとが出来ます、まず感覚を掴み自然に出来るようになりましょう。

強制的に響きを上に持っていく方法でもあります。

最初はハミングの状態で練習しましょう。

そうすると先ほどよりも強く響きを感じられるはずです。

ハミングは口と閉じることにより共鳴を強く感じることができます、まずはこの状態でどの音域でも鼻腔に共鳴を感じられるようになりましょう。

この状態で響かなければ口を開けて歌っている時は絶対に響きません。

ハミングとは

口を閉じ、声を鼻に抜いて歌うこと。

Mycom_freshers__gmd_articles_6765_2
ハミングによる共鳴増幅、鼻腔、口腔共鳴感覚を鍛えよう

Contents1 ハミングは共鳴の増幅のための最高の方法である1.1 喉に力が入りにくい1.2 喉を開くのに最適1.3 顔全体に共鳴しやすい、響いている部分の感じ取りやす1.4 エッジボイスと併せて ...

続きを見る

声を出して歌うと共鳴がなくなる

ハミングでは鼻腔に良く響くのに口を開けて声にすると響きが弱くなる。

これは当然のことではあります、声、音が籠っているだけ音は響きやすくなりますが、音が抜けてしまえば響きは減ります。

ですが、声を出していても響きを得ることは出来ます。練習不足!それ以外理由はありません。

補足としては言葉によって鼻腔共鳴がしやすい、音しにくい音があります。

日本語だと「な行」は少し鼻にかかって発音されているため、鼻腔への響きを多く感じることができます。

声を出すときはまず「な行」で練習するようにしましょう。意識としては「な行」で音が当たっている場所+鼻から声をだしイメージです。

この二点を意識して、あとは練習あるのみです!

うまく共鳴できない人はちょっと待って!

まず大前提として多くの共鳴を得るためには息を確りと送り込まないと口の中で音は響きません。

腹式発声が出来ていないと上手く鼻腔共鳴は出来ません、ハミングなどで上手くできても実際に歌うとなると腹式発声が必要になります。

トレーニングとしては鼻腔共鳴、口腔共鳴は応用です。

まずは基礎が出来るようになってから出ないとちゃんとした効果は得られません!

、腹式呼吸、腹式発声、インナーマッスル、エクササイズ、ボイトレ、発声、喉声
腹式呼吸のやり方!誰でもわかる横隔膜、呼吸法の仕組みと効果

Contents1 腹式呼吸は歌を歌うためには必須1.1 腹式呼吸を勘違いしない1.2  腹式呼吸を体験2 腹式呼吸のやり方 【体験編】3 腹式呼吸のやり方3.1 腹式呼吸が出来ない原因3.2 リラッ ...

続きを見る

 

 

家で出来る独学ボイトレ教材の勧め

”JAYE公山氏”の自宅でこっそりさらっと上達できる高音ボイトレ教材

Contents1 自宅でも基礎から学ぶことが出来る1.1 何故?独学だと難しいのか?2 自宅でも!独学で正しい発声を学ぶ2.1 『 LOUDNESS 』のボーカル 二井原 実さん推薦2.2 JAYE公山氏のトレーニング内容 自宅でも基礎から学ぶことが出来る 時間がなくてボイストレーニングに通えない 年齢的にボイストレーニングに通うのはちょっと,,, 月謝が高くて継続して通えない 何を練習すれば良いのか分からない こっそり練習したい。歌うのは好きだけど、自分の下手な歌を聞かれたくない。 そんな人が沢山いま ...

ReadMore

鼻腔、口腔、

鼻腔共鳴のコツ・やり方!上顎に共鳴を与え高音域を綺麗に共鳴させる

鼻腔共鳴が出来ることになること響きが大きく広がり、中音域よる上の音域の発声が非常に楽になります。特に大事なことは、息の吐き方です。力んだ状態では響きを殺してしまい鼻腔までは響かせることが出来ません。 鼻腔共鳴の感覚を知る事で正しい発声の感覚を知ることが出来ます、鼻腔共鳴が出来ていれば正しく響きを作れていることが出来ています。 Contents1 鼻腔共鳴とは何か?2 鼻腔共鳴のコツ、やり方2.1 響きを上に持っていく3 共鳴に必要な状態【コツを掴む】3.1 歌いながらでも鼻腔共鳴を感じられる歌い方、コツ3 ...

ReadMore

ミックスボイスの出し方、仕組み

【ミックスボイスの出し方と練習方法】仕組みを理解し高音域を歌う

高音域を出すためにはミックボイス必須ですね。 最近のJ-POPも音域が広がり地声だけではまず歌えないような曲が増えています。 ミックボイスを出す前にミックスボイスはどういう仕組みで出ているのかを知っておきましょう。仕組みを知らないと練習しても何をやっているのか?何がダメなのか分かりません。これを知っているだけで、ミックボイスが出せない時に何が原因なのかを追究しやすくなります。 ポイント ミックスボイスは仕組みと出し方を知らないと絶対に出せない Contents1 ミックボイスの出し方1.1 第一段階 ミッ ...

ReadMore

、腹式呼吸、腹式発声、インナーマッスル、エクササイズ、ボイトレ、発声、喉声

腹式呼吸のやり方!誰でもわかる横隔膜、呼吸法の仕組みと効果

Contents1 腹式呼吸は歌を歌うためには必須1.1 腹式呼吸を勘違いしない1.2  腹式呼吸を体験2 腹式呼吸のやり方 【体験編】3 腹式呼吸のやり方3.1 腹式呼吸が出来ない原因3.2 リラックス3.3 力を入れない3.4 息はお腹で止める4 横隔膜の動きが腹式呼吸に大事な理由 4.1 超簡略化した腹式呼吸の仕組み5 支えとはどういう意味なのか?5.1 実はみんな聞いたことがあること、発声に大事なことが沢山詰まっている!6 腹式呼吸は一つの課題である6.1 腹式呼吸を正しく行える器具6.2 息の吐 ...

ReadMore

疲れない歌い方

力を抜いて歌う方法!脱喉締め!無駄な力を抜いて疲れない声を出す方法!

Contents1 何故 力を抜くのが大切なのか1.1 力を抜く前に力が入ってる場所を確認しよう2 力の抜き方、脱力できている体を覚えましょう。2.1 肩、胸の脱力2.2 喉、首の脱力2.3 舌の脱力2.4 下顎と喉の脱力2.5 姿勢2.6 動くことにより、力を抜く2.7 リップロール3 まとめ 何故 力を抜くのが大切なのか 歌とは人間の体を楽器とし音を出します。 力みは響きを抑え、かつ歌うことによって体をどんどん疲れさせてしまい声も枯れやすくなってしまいます。 まずは歌を歌うための体の状態から作っていき ...

ReadMore

喉を開く方法

【喉を開いて歌う方法】喉声を改善して共鳴、芯のある歌声をゲットしよう!

  Contents1 喉閉めってどんな状態2 喉を開いている状態3 喉を開くための筋肉を鍛える(即効性有)3.1 軟口蓋を上げる3.2 舌根を下げる4 強制的に喉を開く方法5 高音域だと喉締めになる場合5.1 張り上げを治すためには6 喉を開くために歌っている時に意識すること7 >まとめ、注意点 喉閉めってどんな状態 喉締め発声とは喉、首、肩に力が入ってしまい口の中の空間を圧迫している状態のことをいいます。 喉締めで歌っていると、すぐに喉が疲れてしまい、声が枯れやすい、声が固く響きが出な ...

ReadMore

デスボイスの出し方

【デスボイスの出し方】喉に負荷のないデスボイスの出し方/グロウル/スクリーム

デスボイスを出したい! でも出し方がわからないという方に、少しでもデスボイスのコツを掴めるように解説していきます。 デスボイス、スクリーム自体が日本ではあまり需要がないため、日本でのオリコンチャートなどはほとんど聞きませんね。 私はずっと日本在住なので、海外ではどれくらい知名度があるのか需要があるのか分かりませんが、日本では需要がなさ過ぎて出し方をまとめた書籍などもあまりありません。 何より、やる人が少ないため、教えることが出来る人も少ないです。 難しいと思う人は沢山いるかと思いますが、慣れれば高音域を出 ...

ReadMore

-人気記事, 鼻腔共鳴

Copyright© chemicalvocie.com , 2020 All Rights Reserved.