鼻腔共鳴とはイメージである!上顎に共鳴を与え高音域を共鳴させる

鼻腔共鳴とはイメージである

鼻周辺、眼球の後ろに響きを持ってくることです。鼻腔共鳴に関しては色々と議論が絶えませんが、結局目的はよく響く声を出したいという一点に尽きます。

ボイトレで多くを占めているのがイメージです、体の中のことは完全にはつかめません。腹式呼吸でさえ腹で呼吸しているわけではありません。響きを上に高い位置に集めることが目的です。そのため鼻に集中しすぎないことも大切です。

鼻腔共鳴のコツ、やり方

鼻腔共鳴とは鼻の周辺、奥に響きます。
最初の画像を見てもらえればわかると思いますが、鼻腔は広く感覚としては鼻だけではありません。

軟口蓋を引っ張り上げることは、喉を開くで説明を行いましたが、軟口蓋を大きく上に引っ張り上げてください。

軟口蓋を上げ、上げた部分に音を当てることにより鼻腔への響きを強くなります。逆に軟口蓋が上がっていないと鼻腔には響きにくくなります。

簡単に響きを感じられる方法

口を開き「ん」でハミングをしてみましょう。
この時に口から声を出すのではなく鼻から息を出す、声を出す意識をもって行ってください。

まずこんな感じで響くのか!ということを感じてみてください。

鼻腔、口腔、咽頭、

響きを上に持っていく

チェストボイスであれば当然胸に意識をおいて出そうと練習したはずです。

今回は上の響きを持っていく意識を持ちましょう。この時に意識は「鼻」ではなく上顎に響かせることを意識しましょう。

喉の奥の上の方(軟口蓋)で声を出すイメージが大切です。

上顎に意識をおいて発声をすると、喉や胸の共鳴が弱くなり上顎に響いている感覚を感じられるはずです。

ビューティーボイストレーナー、ボイトレグッズ、ボイトレ器具、ボイトレ、発声練習、喉を開く、腹式呼吸、
簡単にコツが掴める!喉を開く感覚を身に着けられるボイトレグッズ

喉を開く感覚 喉を開く感覚はあくびの感覚に近いです。つまり誰もが感じたことのある感覚ではありますが、いざ歌を歌うとなるとどうすればいいのわからなくなってしまう、いまいち感覚が掴めないって人に是非お勧め ...

共鳴に必要な状態【コツを掴む】

うまく共鳴が得られない人によくあるパターンとして

  • 喉閉め声で歌っている
  • 声帯閉鎖が甘い
  • 腹式呼吸ができていない

この3点があげられます。

・喉閉め声で歌っている

喉閉めで歌っている場合、口腔にも響きがいきわたらず、当然その先にある鼻腔にも響きが届きません。

力を抜き、軟口蓋を上げることが鼻腔共鳴には非常に重要です、軟口蓋を上げることにより鼻腔により響きを与えることが出来るためまず喉を開いて歌うことを身につけましょう。

まず力を抜いて、喉を開いて歌うこと覚えましょう。

喉を開く方法
【喉の開く方法】即効果的な声の響きが劇的に良くなるコツは顎にある

もくじ1 喉を開くとは?2 喉を開くために一番大事なポイント!顎が落ちている3 まとめ 喉を開くとは? 歌の練習をしている人であれば、よく耳にする言葉だと思います。では実際に喉を開いている状態とはどう ...

続きを見る

・声帯閉鎖が甘い

声帯の閉鎖が弱いと振動自体が弱くなってしまいます。

声帯をきちっと閉め息漏れのない声にしましょう。

・腹式呼吸ができていない

お腹から確りと息を送り出さないと喉閉めにつながり、共鳴を得ることが難しくなります。

腹式呼吸で息を吸えていても、吐く時に喉の力が入らないように十分注意しましょう。喉に力が入る場合は腹式呼吸ができていないということです。

歌いながらでも鼻腔共鳴を感じられる歌い方、コツ

鼻をつまめば誰でも共鳴を感じることができますが、歌いながらというと簡単にはいきません。

そこで一つ裏技を伝授しましょう。

歌う時に鼻から息を出しながら歌ってみてください。低音域よりも中音域くらいの方が響きを感じることができると思います。
鼻の奥の方に響きを感じられると思います。

実際に鼻から息が出ていなくても良いです、鼻から息を出そうという意識が鼻腔共鳴を強くすることが出来ます。

低音域でも鼻から息を出すことを意識することにより声のトーンが上がり聞きやすい声を作るとが出来ます、まず感覚を掴み自然に出来るようになりましょう。

強制的に響きを上に持っていく方法でもあります。

最初はハミングの状態で練習しましょう。

そうすると先ほどよりも強く響きを感じられるはずです。

ハミングは口と閉じることにより共鳴を強く感じることができます、まずはこの状態でどの音域でも鼻腔に共鳴を感じられるようになりましょう。

この状態で響かなければ口を開けて歌っている時は絶対に響きません。

ハミングとは

口を閉じ、声を鼻に抜いて歌うこと。

Mycom_freshers__gmd_articles_6765_2
ハミングによる共鳴増幅、鼻腔、口腔共鳴感覚を鍛えよう

ハミングは共鳴の増幅のための最高の方法である ハミングのメリット 喉に力が入りにくい 喉を開く練習にも最適 顔全体に共鳴しやすい、響いている部分の感じ取りやす エッジボイスと併せておこうことで共鳴+閉 ...

続きを見る

声を出して歌うと共鳴がなくなる

ハミングでは鼻腔に良く響くのに口を開けて声にすると響きが弱くなる。

これは当然のことではあります、声、音が籠っているだけ音は響きやすくなりますが、音が抜けてしまえば響きは減ります。

ですが、声を出していても響きを得ることは出来ます。練習不足!それ以外理由はありません。

補足としては言葉によって鼻腔共鳴がしやすい、音しにくい音があります。

日本語だと「な行」は少し鼻にかかって発音されているため、鼻腔への響きを多く感じることができます。

声を出すときはまず「な行」で練習するようにしましょう。意識としては「な行」で音が当たっている場所+鼻から声をだしイメージです。

この二点を意識して、あとは練習あるのみです!

うまく共鳴できない人はちょっと待って!

まず大前提として多くの共鳴を得るためには息を確りと送り込まないと口の中で音は響きません。

腹式発声が出来ていないと上手く鼻腔共鳴は出来ません、ハミングなどで上手くできても実際に歌うとなると腹式発声が必要になります。

トレーニングとしては鼻腔共鳴、口腔共鳴は応用です。

まずは基礎が出来るようになってから出ないとちゃんとした効果は得られません!

、腹式呼吸、腹式発声、インナーマッスル、エクササイズ、ボイトレ、発声、喉声
腹式呼吸のやり方!誰でもわかる横隔膜、呼吸法の仕組みと効果

もくじ1 腹式呼吸は歌を歌うためには必須2 腹式呼吸のやり方 【体験編】3 腹式呼吸のやり方4 横隔膜の動きが腹式呼吸に大事な理由 5 支えとはどういう意味なのか?6 腹式呼吸は一つの課題である 腹式 ...

続きを見る

 

 

歌の教材は無駄だと思う?

確かに無駄かもしれません、でも理由は続けないからです。歌が上手くなりたいと思っているのに練習を継続できないから時間だけが過ぎていきます。

お金をかける事が継続のきっかけになることもあります。歌が上手くなりたいと願うのではなく行動することでその後の自分に自信を持つことが出来るかもしれません。

たった7日間で音痴を解消!歌唱力アップ!魔法の7つのレシピ「マジックボイス」

モテカラ-異性にモテるカラオケ術-

音痴改善

-人気記事, 鼻腔共鳴

© 2020 chemicalvocie.com