【喉を開く方法】喉声を改善して響きと芯のある声質をゲットしよう!

更新日:

喉を開く方法

歌声の基本は喉を開くこと

歌声を出すための基本である喉を開くことですが、逆に喉が開けていない状態を喉声と言います。喉を閉じて響きを殺している状態で日本人のほとんどは普段喋っている時はこの状態です。
英語などの場合は喉声ではなく喉を開いて喋っています、その為英語で話している人は声が大きく聞こえます。これは大きな声で話しているのではなく響きが大きいからそれだけ大きく聞こえるんです。

喉声

口や喉の空間を狭めてしまっている状態、喉、首、肩に力が入ってしまい口の中の空間を圧迫している状態のことをいいます。喉声で歌っていると、すぐに喉が疲れてしまい、声が枯れやすい、声が固く響きが出ない、安定しない。

喉声でも高音出る人もいますが、それは力で強引に空気を送り込んでいるため長続きせず一曲で声が枯れてしまったりします。

喉声の症状

  • すぐに声が枯れる
  • 顎や肩などが疲れる
  • 息が続かない
  • 声が響かない

うまく歌を歌うための脱力方法!脱喉声!柔らかい方が響きを得られる!

喉を開いている状態

喉を開いている状態とは口の中の空間を広げ声帯で生まれた振動を響きやすい環境にすることです。

喉を開くのと声帯と閉じるが混同しないように注意。口の中の空間の話なので声帯は関係ありません。

喉を開くとは「軟口蓋を上げ、舌根を下げる」ことによって口の中の空間を確保することが出来ます。
簡単に言ってしまえば口の中を上下に引っ張って広げましょうってことですね。

喉仏を下げるとも言われていますが、舌根を下げても同じように喉仏は下がります。同じことではありますが慣れないうちは喉仏を下げようとすると喉や首周りに力入りやすく、舌根を下げるというイメージの方が力みが取りやすいです。何よりも歌っている時は喉仏よりも舌根の方が感覚として感じやすいため確認がしやすいです。

喉を開いた状態=あくびの状態と言うのが一番分かりやすいと思います。

後は顎を下げることです。顎については下記のページでどうぞ

口の開き方
口の開き方だけで声の響きが増す/喉が開けない人が知らないこと

Contents口の開き方正しい口の開き方口は2cm喉を開けるボイトレグッズまとめ 口の開き方 「喉を開く」と言う言葉は割と聞いたことがあると思います。 簡単に言えば口の中の空間を広げて響きを増やすま ...

続きを見る

・軟口蓋とは

上顎の奥にある柔らかい部分です。上前歯から奥に舌でなぞっていってみてください。

上顎の固い部分の奥に柔らかい部分があります、それが軟口蓋です。

・舌根とは

下の付け根のことをいいます。上の画像を見てもらえればわかると思いますが舌は思っている以上に大きく口の中の空間を圧迫しています。
喉仏を下げるともいわれますが、舌根を下げることにより喉仏も下がります。

楽器に例えるのであれば

  • 喉声=エレキギター(アンプ未接続)
  • 喉が開いている=アコースティックギター

エレキギターはアンプに繋がないで弾いても音があまり響きません、その理由はボディに空洞がないから音が響かないからです。

アコースティックギターはボディに空洞がありそこに弦の音が響くため多くの響きを得ることができます。

喉の状態も同じで、喉の空間が狭くても音はなります(喋り声)ですが、それでは綺麗な音色は出ない為、喉の空間を開きましょう。

喉を開いた状態での発声

軟口蓋、発声、ボイトレ、ボイストレーニング

軟口蓋、発声、ボイトレ、ボイストレーニング、張り上げ

喉を開いている状態としては上記の画像のようなイメージです。軟口蓋を上げ舌根を下げましょう。

ちなみにですが、軟口蓋を上げるよりも舌根を下げる事の方が大事です。
これにはちゃんと理由があります、軟口蓋は上顎、舌根は下顎にありますが力むとしたら下顎です。
その為喉を開こうとして、軟口蓋は確りと上がっているけど喉周りが力が入り舌根が上がってしまっていたり舌に力が入ってしまったりします。

軟口蓋を上げる

口の中に指を入れて自分で軟口蓋が引きあがっているかどうか確認をしてみましょう。眉を上げ、口角を上げます。この時下顎は意識しなくて良いです。ここでは舌根のことは忘れましょう。

完全に軟口蓋が上がっている少し筋が張ったような感覚になると思います。この状態は3分は維持できるようにしましょう。
3分余裕で維持できるようになれば、その時点で声質に変化を感じることが出来ると思います。

軟口蓋を上げる事は難しくありませんが、自然と行うことには練習が必要です。
大事なのは歌おうと思った時に自然と力まずに軟口蓋が上がることです。

舌根を下げる

鏡を見ながら自分の舌の状態を確認してみましょう。

軟口蓋、発声、ボイトレ、ボイストレーニング

 

写真の舌がU字なり、喉の奥が綺麗に見えている状態が舌根が下がっている状態です。

うまく出来ない人はスプーンなどで喉の少し奥を下の押し込んで見てください、慣れていない人は吐きそうなるかもしれませんがそれも筋肉が目覚めていないからです。
これも、軟口蓋を上げるのと同時に3分は維持できるようにトレーニングしていきましょう。

一点注意点があります、真ん中がくぼんでいても外側が沿っていてはダメです!
舌はできるだけフワッとペタッと下顎にくっついている状態が望ましいですね。

慣れてくれば軟口蓋を上げると舌根が自然と下がります。

疲れない歌い方
力を抜いて歌う方法!脱喉締め!無駄な力を抜いて疲れない声を出す方法!

Contentsなぜ歌に力みは大敵なのか?自分の状態を確認、力の入りやすい場所力の抜き方、脱力できている体を覚えましょう。肩、胸の脱力喉、首の脱力舌の脱力下顎の脱力姿勢動くことにより、力を抜くリップロ ...

続きを見る

Superflyの喉の開きがすごい

ちょっとブレイクタイム

superflyの越智さんですが、喉完全に開く声の響き厚みが素晴らしいです。

PVなどを見てもわかるように口の開き方だったり、口の中の空間が開いているのがわかります。

強制的に喉を開く方法

まず喉が開いている状態を感じてみましょう。

・割り箸を使った喉を開く方法

まず割り箸を両奥歯で噛みます、この状態だと喉が顎のかみ合わせに強制的に空間を作っているため喉の奥が開きます。
この状態で声を出してみましょう、発音はともかく普通に歌うよりも楽に綺麗な声がでるはずです。

これを使えば喉が開けちゃうボイトレアイテム!

このボイトレグッズを使うと加えるだけで喉を開いている感覚を得ることが出来ます。
割り箸でも同じような効果はありますが、口の中を傷づけてしまう恐れがあるので私はビューティーボイストレーナーをお勧めします。

高音域こそ喉を開く

低音域だと喉を開いて歌うことが出来るけど高音域だと喉声になってしまう人はとても多いです。
理由は、息の使い方です。
高音域を張り上げで出そうとすると確実に喉は閉まります、張り上げとは力が入り、息を沢山強制的に送り込み無理して高音域を出そうとしている、と言うことです。

高音域こそ力を抜いて優しく息を使う必要があります。これは腹式呼吸が出来ているからと言って高音域で喉が開けるとは別なので注意しましょう。
張り上げになっている人は特に優しく、低音域の時と同じくらいの息の強さで発声することを意識しましょう。

再三になりますが、力むとまず舌が硬くなり舌根が上がります。ここ特に意識するようにしましょう。

腹式呼吸/発声のやり方と練習方法を誰でもわかるように簡略化して解説

音痴改善

喉を開くために歌っている時に意識すること

軟口蓋を上げるには口角を上げること、笑うことが一番いいです。

カラオケなどで歌っている時に笑ったらすごい声が出た経験などないですか?大声で笑っている人ってうるさいくらいに声が響きますよね、笑うということは自然に口角が上がり、軟口蓋があり、口の中が響きやすい状態になります。

さらに目を見開く、眉を上げることも効果的です。表情筋を引き上げることにより、明るく響きのある声になります。

イメージとしては太い筒を口の奥の方まで突っ込まれた感じになります。歌っている時に筒を入れて歌っているようにイメージして歌ってみてください。

喉を開くのは声を出さなくても可能です、口を閉じて開くこともできます。

場所関係なく練習することができるので、意識して喉を開けるようになりましょう。

 

まとめ、注意点

喉を開き、脱力して歌うことができれば、喉声とは比べ物にならないくらい響きを得られます。

注意してほしい部分としては喉を開こうと力を入れすぎて力んでしまうことです、開くの自然なことで力は必要ありません!口を開くのに筋肉は使っていますが力は入っていませんよね?それと同じです。

脱喉声した人は音域などが狭くなるでしょう。ただそれでいいんです、その歌い方に慣れていないので最少は音域が狭くなります、ただその歌い方に慣れてしまえば喉声の時よりも高い声が安定して出せるようになるでしょう。

疲れない歌い方
力を抜いて歌う方法!脱喉締め!無駄な力を抜いて疲れない声を出す方法!

Contentsなぜ歌に力みは大敵なのか?自分の状態を確認、力の入りやすい場所力の抜き方、脱力できている体を覚えましょう。肩、胸の脱力喉、首の脱力舌の脱力下顎の脱力姿勢動くことにより、力を抜くリップロ ...

続きを見る

-ボイストレーニング, 共鳴, 発声

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.