何故?家、お風呂だと上手く歌えるのに、カラオケだと上手く歌えない

お風呂だと綺麗に発声しやすい

家のお風呂場だと上手く歌えたけど、カラオケ行くと上手く歌えないことってありますよね。

この場合実際に違うの、歌いやすさが違うのではなく聞こえ方が違うからうまく歌えているように聞こえたります。

上手く歌えている時の状態でカラオケに行きたい!なんて思うことはみなあると思います。

何故場所によって違うのか?

考えられる理由は何点かあります。

  • リラックスした状態で歌える
  • 外音がいい!
  • 小声だから
大きな声、声量、音量
カラオケで歌う時の声量は音量ではない【小声で響かせて小さく歌う】

歌を歌う時にどのくらいの声の大きさで歌うのが良いのか? 歌うとは話声の延長であることを忘れずに、話し声に響きを加える事で音量が上がります。大きい声を出そうとするのではなく、小さい声を大きく響かせること ...

続きを見る

リラックスした状態で歌える

お風呂場など特にそうですよね、湯船につかってゆったりとリラックスした状態で歌うと声は自然と伸びます。

 

このリラックスというのが非常に重要です!

 

カラオケ、スタジオなどで歌うぞ!と思うと体が緊張して力んでしまう良い声の邪魔をしてしまいます。これは場所に関わらず練習の時はうまく歌えるのに本番だと上手くいかないのと同じ状態です。

 

歌を歌う時に常に歌うために必要な部分のみ力を使い他の部分をリラックスする必要があります。

場所によってできているということは「できる」ということです。その感覚を覚えてほかの場所の出も同じように歌えるようになりましょう。

詳しくは↓で解説してます。

 

外音、内音

外音と、内音が混ざって聞こえている声が普段自分が聞いている声です。

外音とは自分が出した声を外の空間で響き自分の耳に聞こえる声です。

つまり外音とは自分の声を他の人が聞こえてる声と同じ声です。

内音とは自分の中で響いた音が内側から聞こえていること音が内音です。

自分の声を録音してい聞いてみると、普段自分が聞いてる声と違うため気持ち悪く感じたりするのはこのためです。

 

自分が聞いている自分の声=外音+内音

他の人に聞こえている自分の声=外音

自分の声を録音したもの=外音

外音が良い!

お風呂場など声が響きやすい場所だと声の響きが当然増幅されます。

ちょっと専門的なことを言うとモニターが良い、ということです。

自分の声の聞こえが良いとそれだけでいい発声に近づきます、なぜかというと自分の声が聞こえにくいと当然音量を上げようとしますよね?そうすると体が力んでしまい響きを抑えることになります。

自分の歌っている歌が上手く聞こえない場合は、上手く歌うためにまた力み同じことになってしまします。

今が上手く歌えていると当然その状態を維持しようとし、無理に力んだりしませんよね。結局これも脱力ができていないと同じことになります。

小声だから

小声だと無理に力を入れずに歌うことが出来ます。

普段だと自分の声以外の音に乗せて歌うのでそのバランスを考える負けないように声を張ろうと頑張ってしまいがちですがアカペラだと自分の歌いやすい音量で歌うことが出来ます。

これもリラックスした状態になる一つの要因ですね。

まとめ

一番はリラックスした状態で歌えると言うことです。

これを他の場所でも簡単に実現できればいいんですが、それが簡単に出来れば苦労はしないですよね。

カラオケなどで歌う場合はBGMの音量に注意しましょう。普段から声を張り上げがちな人は音量を大きくする傾向があります。マイクとBGMのバランスを考えることが大事です。

歌の教材は無駄だと思う?

確かに無駄かもしれません、でも理由は続けないからです。歌が上手くなりたいと思っているのに練習を継続できないから時間だけが過ぎていきます。

お金をかける事が継続のきっかけになることもあります。歌が上手くなりたいと願うのではなく行動することでその後の自分に自信を持つことが出来るかもしれません。

モテカラ-異性にモテるカラオケ術-

音痴改善

ボイストレーニング器具 Be-Vo [ビーボ] 自宅で簡単発声練習(ピンク)、ボイトレ、ボイストレーニング、カラオケ上達、カラオケ、歌

低価格で効果が出るボイストレーニングお勧めグッズまとめ

独学でボイトレをする際に非常に重宝するボイトレグッズが存在します。基本的に調べないと出てこないようなグッズなのであまり知名度は高くはないかもしれませんが、実はボイトレグッズは複数あります。 ボイトレは正しい声の出し方の感覚を掴むことに非常に時間が掛かったりします。何よりも独学の場合正しい状態が分からない為、正しい発声の指針となる為こういったボイトレグッズは自分で正解を知れるだけでも十分使ってみる価値があります。 その中でも実際に効果が得られるボイトレグッズを厳選して紹介していきます。 もくじ喉を開く系【B ...

ReadMore

【安定した歌声】歌う為の腹式呼吸と腹式発声の仕組みとやり方を解説

歌う特に腹式呼吸はとても大事です。 同じくらい大事なことが腹式発声です。腹式呼吸は息を吸って吐く方法ですが、腹式発声は吸った息に声を乗せて出す方法です。 腹式呼吸は人間が寝ている時に自然と行っている呼吸法です、腹式発声は言葉自体あまり聞き慣れない言葉でありますが歌う上では非常に大事な発声方法です。高音域の発声は特に腹式発声が出来ていないと音域を伸ばすのが難しいです。 ここでは歌の為の腹式呼吸と腹式発声の方法について解説していきます。 もくじ腹式呼吸のやり方喉周辺の脱力が出来る息が続く・息の強さの調整が出来 ...

ReadMore

鼻腔、口腔、

鼻腔共鳴とはイメージである!上顎に共鳴を与え高音域を共鳴させる

もくじ鼻腔共鳴とはイメージである鼻腔共鳴のコツ、やり方響きを上に持っていく共鳴に必要な状態【コツを掴む】歌いながらでも鼻腔共鳴を感じられる歌い方、コツ声を出して歌うと共鳴がなくなるうまく共鳴できない人はちょっと待って! 鼻腔共鳴とはイメージである 鼻周辺、眼球の後ろに響きを持ってくることです。鼻腔共鳴に関しては色々と議論が絶えませんが、結局目的はよく響く声を出したいという一点に尽きます。 ボイトレで多くを占めているのがイメージです、体の中のことは完全にはつかめません。腹式呼吸でさえ腹で呼吸しているわけでは ...

ReadMore

ミックスボイスの出し方、仕組み

ミックスボイスの出し方とコツ!仕組みを理解し高音域を歌う

高音域を出すためにはミックボイス必須ですね。 最近のJ-POPも音域が広がり地声だけではまず歌えないような曲が増えています。 ミックボイスを出す前にミックスボイスはどういう仕組みで出ているのかを知っておきましょう。仕組みを知らないと練習しても何をやっているのか?何がダメなのか分かりません。これを知っているだけで、ミックボイスが出せない時に何が原因なのかを追究しやすくなります。 ポイント ミックスボイスは仕組みと出し方を知らないと絶対に出せない もくじミックボイスの出し方第一段階 ミックスボイスの練習【裏声 ...

ReadMore

、腹式呼吸、腹式発声、インナーマッスル、エクササイズ、ボイトレ、発声、喉声

腹式呼吸と腹式発声のやり方!誰でもわかる呼吸法の仕組みと効果

もくじ腹式呼吸は歌を歌うためには必須腹式呼吸を勘違いしない 腹式呼吸を体験腹式呼吸のやり方 【体験編】腹式呼吸のやり方腹式呼吸が出来ない原因リラックス力を入れない息はお腹で止める横隔膜の動きが腹式呼吸に大事な理由 超簡略化した腹式呼吸の仕組み支えとはどういう意味なのか?実はみんな聞いたことがあること、発声に大事なことが沢山詰まっている!腹式呼吸は一つの課題である腹式呼吸を正しく行える器具腹式発声【腹式呼吸より大事!】腹式発声を行うメリット できないデメリット腹式発声のお腹の使い方腹式発声と腹式呼吸が必要な ...

ReadMore

疲れない歌い方

力を抜いて歌う方法!脱喉締め!無駄な力を抜いて疲れない声を出す方法!

もくじ何故 力を抜くのが大切なのか力を抜く前に力が入ってる場所を確認しよう力の抜き方、脱力できている体を覚えましょう。肩、胸の脱力喉、首の脱力舌の脱力下顎と喉の脱力姿勢動くことにより、力を抜くリップロールまとめ 何故 力を抜くのが大切なのか 歌とは人間の体を楽器とし音を出します。 力みは響きを抑え、かつ歌うことによって体をどんどん疲れさせてしまい声も枯れやすくなってしまいます。 まずは歌を歌うための体の状態から作っていきましょう。 力を抜かなければいけないのは喉だけではありません。 腹式呼吸、腹式発声、共 ...

ReadMore

喉を開く方法

【喉を開いて歌う方法】喉声を改善して共鳴、芯のある歌声をゲットしよう!

喉を開くことは声を響かせるためには必須です。 喉を開くことは出来ないのではなく知らないだけです。喉を開くことは普段から自然とやっている仕草ですが歌を歌う時は緊張から力みやすくなり正しく喉を開けてない人が沢山います。 喉を開くことを知れば、声が一気に変わります。 もくじ喉を開くとは?喉を開いている状態喉を開くために一番大事なポイント!顎が落ちている顎が落ち、喉が開いているか簡単に確認する方法喉が開いているか外から見てもわかる喉を開くための筋肉を鍛える(即効性有)軟口蓋を上げる舌根を下げる強制的に喉を開く方法 ...

ReadMore

-声の共鳴

© 2021 chemicalvocie.com