【自宅でカラオケ上達】ボイストレーニング器具 Be-Vo [ビーボ] 効果有!

更新日:

喉を開いて歌ことの大切さ!

喉を開いて歌うことがどれほど大事なことみんな知っていますか?

綺麗な歌声、高い声、かっこいい声すべての歌声のためには喉を開き共鳴させるための空間を広げる必要があります。

喉を開くことにより、声が通りやすくなる、響きを得ることができ音量があがる、声が枯れにくくなるなど非常に重要です!

喉を開く方法
【喉を開いて歌う方法】喉声を改善して共鳴、芯のある声質をゲットしよう!

  Contents1 喉閉めってどんな状態2 喉を開いている状態3 喉を開くための筋肉を鍛える(即効性有)3.1 軟口蓋を上げる3.2 舌根を下げる3.3 Superflyの喉の開きがすご ...

続きを見る

ボイストレーニンググッズ!これがあれば簡単に感覚を掴める!

喉を開くとはあくびをしている状態に近いです。

その状態を強制定期に作ってくれるのがこのアイテムです。歌を歌っている時は喉を常に開いている必要があります。

つまり 歌う=喉を開く これを体で覚えさせる必要があります。そのためにはまず感覚を掴むことが何よりも大事です。

以前、割り箸でも代用できるなんて書きましたが、このアイテムを使えば奥歯で噛みつつある程度歌うこともできます、これをある程度続ければ自然と喉を開くことが身についてきます。

歌と言うものは非常に感覚的なトレーニングが多く、感覚さえ分かってしまえば難しくないものの感覚を掴むまでに非常に時間が掛かったり、この辺は個人差がありますが、このボイストレーニング器具を使えばだれも簡単に感覚を掴むことができます。

 ボイストレーニング器具 Be-Vo [ビーボ]を使った練習方法

まずは、装着した状態に慣れましょう。

歌う必要はありません、声を出ししゃべるだけでも普段と違う声を感じることができると思います。

ボソボソ喋ってしまう人もこれをつけて喋ればそれだけで改善され、通りやすく聞き取りやすい声を出すことができます。

同時に練習してほしいのが脱力です。

喉を開けたとしても喉周辺に力が入っていれば響きの邪魔をしてしまいます。
Be-Vo [ビーボ]を付けた状態で自然に声を出せるようにしましょう、ある程度慣れてきたらBe-Vo [ビーボ]を外し、その状態でも同じような喉を作れるようになりましょう。
Be-Vo [ビーボ]を付けた状態で喉が開けるだけでは意味がありません、付けた状態の感覚を覚え、どういう状態が喉を開いている状態なのか、その状態にするためにはどうすればいいのかを考えながら声を出していきましょう。
最初は慣れない為少し辛いかもしれませんが、アナウンサー、アーティスト、声優など声仕事をしている人は必ず通る道でありプロなら必ずできることです。

-機材・アイテム・アーティスト

Copyright© chemicalvocie.com , 2019 All Rights Reserved.