歌唱上達への知識

英会話で教えない!ネイティブ英語の発音と歌の発声を同時上達する方法

  1. HOME >
  2. 歌の発声 >
  3. 歌唱上達への知識 >

英会話で教えない!ネイティブ英語の発音と歌の発声を同時上達する方法

海外の人は歌が上手い!

そんなイメージを多くの人が持っています。これは間違いではありませんが、海外の人だから歌が上手いのではなく英語を母国語に持つ人は歌が上手いんです。

ネイティブ発音が出来るようになれば、歌の発声も上達します。これは歌の発声が英語の発声に近いからです。逆に日本語の発声方法は歌には向いていません。

英語の発声と歌の発声

日本語は主に口だけを使って発声しています。海外の人から見ると日本人は小さい声でボソボソと喋るってイメージを持たれていることが多いです。

これは日本人がというよりも日本語がなんですよね。口先だけで喋るから声に響きはない、そのため声が小さい、日本語を勉強している海外の方は最初この響きのなさに苦戦するらしいです。

慣れない日本語を話す人はイントネーションが変というよりも英語の発声で喋るから声が響きすぎて日本語として逆に違和感に感じてしまいます。

日本語の発声では英語は自然には話すことが出来ません、ネイティブ英語で話している人がスラスラ話しているのを日本人が真似をしても口が回らず上手く話すことが出来ません。

英語を話す人は声が大きい

体格は関係なく英語だからです。声が小さい人でもちゃんと響きがあるんです、そのため声が大きく聞こえます。

歌にも同じことが言えます、大きな声を出していないけど声がすごく響くから大きく聞こえたりしますよね。響きがないと英語は相手に伝わらないんです、日本語英語なんてまさにそれです。

カタカナ英語ってやつですね、あれは日本にない音をとりあえず文字に表現するためにカタカナに変換したもので普段から英語を喋っている人にとても聞き取りにくいものです。

その響きが歌にはとても重要です、英語の発音を学ぶことは歌の発声を学ぶことと同じなんです。
英語の発音が良い人はその状態で歌を歌えば歌の発声も当然良くなります。

英語の発音を良くしたいから歌を学ぶ!
歌が上手くなりたいから英語の発音を学ぶ!
一つで二つ上達します。

coconara、英会話

英語で歌えば上達が早い

例えばカラオケで歌を歌う時に、原曲に近づけようとしますよね。
声マネまでは行かなくても歌い方や歌いまわしをマネしようとします。日本人歌手であれば言葉の言い方を真似たりします。

これを日本語ではなく英語に変えるだけで効果があります。
歌いまわしを真似ると言うことは発音も真似ると言うこと、全く同じ発音で歌うことが出来ればそれは発音が上達しているってことです。
口先だけで歌っていても綺麗な発音にはなりません、それをマネをすることで克服に繋げることが出来ます。

英会話でも、相手が言ったことを復唱するような練習方法があります。
講師が言ったことを繰り返し、発音のおかしい場所を治す。これと同じ効果があります。

発音できなければ会話にならない

英語を喋れる日本人は沢山います。
ただそれはネイティブの人には聞き取りにくい英語で話している人が多数です。

英語を勉強しても発音だけは分野が違います。
文法や単語は読み書きを続ければ上達しますが発声は別です。
文法、単語が国語に属するとすれば発声は音楽に属します。国語だけ勉強しても音楽は上達しません。

発音が悪い人は口先だけで発音している人です。
喉を開く、腹式呼吸を身に着けるだけでそれは克服することが出来ます。だって口先で喋っていることに響きを加えるだけですからね。

発音がうまく出来ないと英語は伝わりません、カタカナ英語では抑揚が付かない為単語の区切りなどが分からなくなります。
例えば、カタナカで英語を羅列してそれを読んでも伝わらないと同じです、英語には日本語にない発音もありますが、それ以上に英語はとてもリズミカルでそのリズムにはアクセントが必須なんです。

アメリカでは学べない

学べないではなく、教えないんです。だってアメリカ人には教える必要がないからです。
生まれながらに英語を喋っていると言うことは、完ぺきではないにしてもある程度、腹式呼吸や喉を開くことが出来てる前提なんです。

例えば、日本の高校生がボイトレに通い始めて日本語の発音を勉強しますか?ってことです。
応用は教えるとしても基礎的な日本語の発声なんて教えないですよね。これと同じです。

英語発声のポイント

coconara、英会話

腹式呼吸

普段から英語を話している人は普段から当然のように腹式呼吸をしています。
そのため長い文章でも息継ぎなく話すことが出来ます。

英語にはリズムがあり、一つの文章を息継ぎなくリズムにのって発音してます。
これは喋っている人は別に意識してない?っていうかもしれませんが、英語の流れがリズムカルになっているんです。
その為、英語を聞き慣れていない人からすると、どこから単語の切れ目なのか分からない、そのため単語が聞き取れないってことなってしますんです。

日本語は短い言葉の間に息継ぎを行うため、長文を一気に喋ることに慣れていません。
普段の会話で声や呼吸が鍛えられることもありません。そのためまず基礎的な発声として腹式呼吸が必要です。

口の開け方

はっきりとしたベーシックの形を体で覚えなければいけません。
そうしないと、早口でしゃべった時、大きな声で話した時に形がくずれてしまうからです。

子音の発音

歌を歌う時は、子音もはっきりと発音しなければいけません。
英語には、F、V、TH、Z、Sといった、日本語にない息の音や、歯と唇、歯と舌を振動させる音があります。

歌う時はこれらの音をはっきりと発音しなければならないので、日本人が苦手なこれらの音をしっかり出せるようになる必要があります。

鼻に響かせる

英語では、舌を持ち上げたり上唇を引き上げたりする動きがあるので、鼻を中心に声が響くことが多いです。

歌の発声でも、声の響きをまとまるために、声を鼻に集める発声練習方法があります。

日本語は響きは最低限でも伝わる為これも普段の会話だけでは鍛えることが出来ません。

聞くこと

発音矯正の第一人者・スコット・ペリー先生によると、「音楽をやっている人は発音を早く習得できる」のだそうです。

発音の習得には「リスニング力」が第一だからです。正しい発音が聴こえなければ、真似することもできません。音楽に親しむことで、聴覚も鍛えることができます。

簡単にオンラインで英語を勉強する方法

オンラインで英語を勉強するためには教材の購入だったり英会話に入会が必要だったりしますが、ここで紹介する英会話は入会も教材の購入も必要なく相手と英語を話すことだけに特化した勉強方法を探すことが出来ます。

coconara、英会話

Coconalaで英会話を探すと基本的に個人が行っているレッスンを探すことが出来ます。

煩わしい入会もなく、1回から英会話授業を受けることが出来ます。価格も1000円~とかなりお手軽価格で存在しており、誰でも手軽にオンライン英会話を受けることが出来ます。

歌も上手くなりたいけど英語も話せるようになりたいと考えているのであれば英語を優先しつつ歌の勉強もするのが良いでしょう。

まとめ

英語の発声と同時に歌を学ぶことを解説してきましたが、結局英語の発声が上達すれば歌の発声の上達にも繋がります。

ネイティブに英語が話せる人は歌の発声の土台は出来ているので確実に歌う際の声は伸びるようになります。英語は必須になりつつあるので是非この機会に勉強していきましょう。

coconara、英会話




-歌唱上達への知識

© 2021 ChemicalVoice