英会話で教えない!ネイティブ英語の発音と歌の発声を同時上達する方法

英語の発声と歌の発声

海外の人は歌が上手い!

そんなイメージを多くの人が持っています。
これは間違いではありませんが、海外の人だから歌が上手いのではなく英語を母国語に持つ人は歌が上手いんです。
ここでは英語と言っていますが、世界各国の言語をマスターしているわけではないのでここでは英語って書かせてもらいますね。

そして更に言うのであれば、歌が上手いというよりも発声が良いんです。

英語が歌に適しているというよりも、英語と歌の発声がほぼ同じと言う所にあります。
日本語ははっきり言って歌に向いている言語とは言えません。

日本語は主に口だけを使って発声しています。
海外の人から見ると日本人は小さい声でボソボソと喋るってイメージを持たれていることが多いです。

これは日本人がというよりも日本語がなんですよね。
口先だけで喋るから声に響きはない、そのため声が小さい、日本語を勉強している海外の方は最初この響きのなさに苦戦するらしいです。
慣れない日本語を話す人はイントネーションが変というよりも英語の発声で喋るから声が響きすぎて日本語として逆に違和感に感じてしまいます。

英語を喋る人は声が大きいイメージありませんか?
これはアメリカ人だから、ではなく英語だからです。声が小さい人でもちゃんと響きがあるんです、そのため声が大きく聞こえる。
歌にも同じことが言えます、大きな声を出していないけど声がすごく響くから大きく聞こえたりしますよね。

響きがないと英語相手に伝わらないんです、日本語英語なんてまさにそれです。
カタカナ英語ってやつですね、あれは日本にない音をとりあえず文字に表現するためにカタカナに変換したもので普段から英語を喋っている人にとても聞き取りにくいものです。

その響きが歌にはとても重要です、英語の発音を学ぶことは歌の発声を学ぶことと同じなんです。
英語の発音が良い人はその状態で歌を歌えば歌の発声も当然良くなります。

英語の発音を良くしたいから歌を学ぶ!
歌が上手くなりたいから英語の発音を学ぶ!
一つで二つ上達します。

違い?、わからない、クエスチョン、?、疑問

英語で歌えば上達が早い

例えばカラオケで歌を歌う時に、原曲に近づけようとしますよね。
声マネまでは行かなくても歌い方や歌いまわしをマネしようとします。日本人歌手であれば言葉の言い方を真似たりします。

これを日本語ではなく英語に変えるだけで効果があります。
歌いまわしを真似ると言うことは発音も真似ると言うこと、全く同じ発音で歌うことが出来ればそれは発音が上達しているってことです。
口先だけで歌っていても綺麗な発音にはなりません、それをマネをすることで克服に繋げることが出来ます。

英会話でも、相手が言ったことを復唱するような練習方法があります。
講師が言ったことを繰り返し、発音のおかしい場所を治す。これと同じ効果があります。

発音できなければ会話にならない

英語を喋れる日本人は沢山います。
ただそれはネイティブの人には聞き取りにくい英語で話している人が多数です。

英語を勉強しても発音だけは分野が違います。
文法や単語は読み書きを続ければ上達しますが発声は別です。
文法、単語が国語に属するとすれば発声は音楽に属します。国語だけ勉強しても音楽は上達しません。

発音が悪い人は口先だけで発音している人です。
喉を開く、腹式呼吸を身に着けるだけでそれは克服することが出来ます。だって口先で喋っていることに響きを加えるだけですからね。

発音がうまく出来ないと英語は伝わりません、カタカナ英語では抑揚が付かない為単語の区切りなどが分からなくなります。
例えば、カタナカで英語を羅列してそれを読んでも伝わらないと同じです、英語には日本語にない発音もありますが、それ以上に英語はとてもリズミカルでそのリズムにはアクセントが必須なんです。

アメリカでは学べない

学べないではなく、教えないんです。だってアメリカ人には教える必要がないからです。
生まれながらに英語を喋っていると言うことは、完ぺきではないにしてもある程度、腹式呼吸や喉を開くことが出来てる前提なんです。

例えば、日本の高校生がボイトレに通い始めて日本語の発音を勉強しますか?ってことです。
応用は教えるとしても基礎的な日本語の発声なんて教えないですよね。これと同じです。

英語発声のポイント

腹式呼吸

普段から英語を話している人は普段から当然のように腹式呼吸をしています。
そのため長い文章でも息継ぎなく話すことが出来ます。

英語にはリズムがあり、一つの文章を息継ぎなくリズムにのって発音してます。
これは喋っている人は別に意識してない?っていうかもしれませんが、英語の流れがリズムカルになっているんです。
その為、英語を聞き慣れていない人からすると、どこから単語の切れ目なのか分からない、そのため単語が聞き取れないってことなってしますんです。

日本語は短い言葉の間に息継ぎを行うため、長文を一気に喋ることに慣れていません。
普段の会話で声や呼吸が鍛えられることもありません。そのためまず基礎的な発声として腹式呼吸が必要です。

口の開け方

はっきりとしたベーシックの形を体で覚えなければいけません。
そうしないと、早口でしゃべった時、大きな声で話した時に形がくずれてしまうからです。

子音の発音

歌を歌う時は、子音もはっきりと発音しなければいけません。
英語には、F、V、TH、Z、Sといった、日本語にない息の音や、歯と唇、歯と舌を振動させる音があります。

歌う時はこれらの音をはっきりと発音しなければならないので、日本人が苦手なこれらの音をしっかり出せるようになる必要があります。

鼻に響かせる

英語では、舌を持ち上げたり上唇を引き上げたりする動きがあるので、鼻を中心に声が響くことが多いです。
歌の発声でも、声の響きをまとまるために、声を鼻に集める発声練習方法があります。

日本語は響きは最低限でも伝わる為これも普段の会話だけでは鍛えることが出来ません。

聞くこと

発音矯正の第一人者・スコット・ペリー先生によると、「音楽をやっている人は発音を早く習得できる」のだそうです。
発音の習得には「リスニング力」が第一だからです。
正しい発音が聴こえなければ、真似することもできません。
音楽に親しむことで、聴覚も鍛えることができます。

英語と歌の発声を同時に学べる教材

スコットペリー先生

こんな教材が存在します。

スコット・ペリー氏の名前は聞いたことがないですか?
テレビにも出たりしている英語の先生です。発音をメインに教えてます。

・スコット・ペリー

UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)卒業の言語学者でアメリカ英語の発音矯正トレーナーである。30年以上にわたる日本人に特化した発音指導の実績で、エンターテイメント界をメインにプライベートの発音矯正や、発音コンサルタントを行っている。
現在まで数々の国際企業での指導のほか、近年では、日本での一般向けのセミナーの他、ハリウッドや日本のエンターテイメント業界にて、俳優、シンガーなどに発音指導を行っているため、年に数回来日をしている。作家活動、映画、音楽界においての発音コンサルタントなど年々指導の幅が広がっている。

maki先生はゴスペルやジャズをあまり聞かない人にはあまり知られてないかもしれません。
maki mannami

itunesストアで1位を取った実力派です。
知っている人からしたらかなり有名ですが、日本と言うよりもむしろ海外で有名なので日本の方が知名度は低いかもしれません。

このmaki先生が行っている英語と歌の発音の強制教材があります。

ここまでで紹介してきたことが全てレッスンとして詰まっているます。

maki先生は通常のボイストレーニングも行っており、教材はなく直接受けることも可能です。
ですが、1レッスン1時間1万円とかなり高額です。

これは普通のボイトレとして考えても高いです。
実績がある人のトレーニングとして考えれば普通ではありますが、一般の人が受けると考えれば高いです。

この1時間1万円で行っているレッスン内容をまとめた教材を作ってくれました。
直接のボイトレだと時間に限りがあり、レッスンと同じ効果を得られる教材を作りたいということで今回の教材が完成しました

限定価格 9,800円

1時間1万円のレッスンですが、なんと1時間のレッスンを受ける以下の価格になってます。
買い切りなので、なんかも見れるのかなり安いです。ちなみにこれ以上は値下げは出来ないそうです。

内容の一部を公開しているのでここでも紹介しておきますね。
マニュアルと動画で構成されています。

公式サイト⇒maki式ネイティブ英語ボイストレーニング

ボイトレ内容

これからの時代英語が必須になりつつあります。
英語で話をしなければいけない時代が来るかもしれない!何より英語が喋れた方がカッコイイし発音が良い方が相手にも伝わりやすく何よりカッコイイですよね。

歌を歌う機会も絶対に訪れます。
上手い必要はないかもしれませんが、上手い方がカッコイイですよ。
同時に学べるなら効率的であり英会話やボイトレに通うことに比べればかなり安いです。

何よりも英語の発音だけに特化したものって少ないんですよね。
下記サイトがmaki先生の公式サイトですので是非のぞいてみて下さい。

公式サイト⇒maki式ネイティブ英語ボイストレーニング

家で出来る独学ボイトレ教材の勧め

”JAYE公山氏”の自宅でこっそりさらっと上達できる高音ボイトレ教材

Contents1 自宅でも基礎から学ぶことが出来る1.1 何故?独学だと難しいのか?2 自宅でも!独学で正しい発声を学ぶ2.1 『 LOUDNESS 』のボーカル 二井原 実さん推薦2.2 JAYE公山氏のトレーニング内容 自宅でも基礎から学ぶことが出来る 時間がなくてボイストレーニングに通えない 年齢的にボイストレーニングに通うのはちょっと,,, 月謝が高くて継続して通えない 何を練習すれば良いのか分からない こっそり練習したい。歌うのは好きだけど、自分の下手な歌を聞かれたくない。 そんな人が沢山いま ...

ReadMore

鼻腔、口腔、

鼻腔共鳴のコツ・やり方!上顎に共鳴を与え高音域を綺麗に共鳴させる

鼻腔共鳴が出来ることになること響きが大きく広がり、中音域よる上の音域の発声が非常に楽になります。特に大事なことは、息の吐き方です。力んだ状態では響きを殺してしまい鼻腔までは響かせることが出来ません。 鼻腔共鳴の感覚を知る事で正しい発声の感覚を知ることが出来ます、鼻腔共鳴が出来ていれば正しく響きを作れていることが出来ています。 Contents1 鼻腔共鳴とは何か?2 鼻腔共鳴のコツ、やり方2.1 響きを上に持っていく3 共鳴に必要な状態【コツを掴む】3.1 歌いながらでも鼻腔共鳴を感じられる歌い方、コツ3 ...

ReadMore

ミックスボイスの出し方、仕組み

【ミックスボイスの出し方と練習方法】仕組みを理解し高音域を歌う

高音域を出すためにはミックボイス必須ですね。 最近のJ-POPも音域が広がり地声だけではまず歌えないような曲が増えています。 ミックボイスを出す前にミックスボイスはどういう仕組みで出ているのかを知っておきましょう。仕組みを知らないと練習しても何をやっているのか?何がダメなのか分かりません。これを知っているだけで、ミックボイスが出せない時に何が原因なのかを追究しやすくなります。 ポイント ミックスボイスは仕組みと出し方を知らないと絶対に出せない Contents1 ミックボイスの出し方1.1 第一段階 ミッ ...

ReadMore

、腹式呼吸、腹式発声、インナーマッスル、エクササイズ、ボイトレ、発声、喉声

腹式呼吸のやり方!誰でもわかる横隔膜、呼吸法の仕組みと効果

Contents1 腹式呼吸は歌を歌うためには必須1.1 腹式呼吸を勘違いしない1.2  腹式呼吸を体験2 腹式呼吸のやり方 【体験編】3 腹式呼吸のやり方3.1 腹式呼吸が出来ない原因3.2 リラックス3.3 力を入れない3.4 息はお腹で止める4 横隔膜の動きが腹式呼吸に大事な理由 4.1 超簡略化した腹式呼吸の仕組み5 支えとはどういう意味なのか?5.1 実はみんな聞いたことがあること、発声に大事なことが沢山詰まっている!6 腹式呼吸は一つの課題である6.1 腹式呼吸を正しく行える器具6.2 息の吐 ...

ReadMore

疲れない歌い方

力を抜いて歌う方法!脱喉締め!無駄な力を抜いて疲れない声を出す方法!

Contents1 何故 力を抜くのが大切なのか1.1 力を抜く前に力が入ってる場所を確認しよう2 力の抜き方、脱力できている体を覚えましょう。2.1 肩、胸の脱力2.2 喉、首の脱力2.3 舌の脱力2.4 下顎と喉の脱力2.5 姿勢2.6 動くことにより、力を抜く2.7 リップロール3 まとめ 何故 力を抜くのが大切なのか 歌とは人間の体を楽器とし音を出します。 力みは響きを抑え、かつ歌うことによって体をどんどん疲れさせてしまい声も枯れやすくなってしまいます。 まずは歌を歌うための体の状態から作っていき ...

ReadMore

喉を開く方法

【喉を開いて歌う方法】喉声を改善して共鳴、芯のある歌声をゲットしよう!

  Contents1 喉閉めってどんな状態2 喉を開いている状態3 喉を開くための筋肉を鍛える(即効性有)3.1 軟口蓋を上げる3.2 舌根を下げる4 強制的に喉を開く方法5 高音域だと喉締めになる場合5.1 張り上げを治すためには6 喉を開くために歌っている時に意識すること7 >まとめ、注意点 喉閉めってどんな状態 喉締め発声とは喉、首、肩に力が入ってしまい口の中の空間を圧迫している状態のことをいいます。 喉締めで歌っていると、すぐに喉が疲れてしまい、声が枯れやすい、声が固く響きが出な ...

ReadMore

デスボイスの出し方

【デスボイスの出し方】喉に負荷のないデスボイスの出し方/グロウル/スクリーム

デスボイスを出したい! でも出し方がわからないという方に、少しでもデスボイスのコツを掴めるように解説していきます。 デスボイス、スクリーム自体が日本ではあまり需要がないため、日本でのオリコンチャートなどはほとんど聞きませんね。 私はずっと日本在住なので、海外ではどれくらい知名度があるのか需要があるのか分かりませんが、日本では需要がなさ過ぎて出し方をまとめた書籍などもあまりありません。 何より、やる人が少ないため、教えることが出来る人も少ないです。 難しいと思う人は沢山いるかと思いますが、慣れれば高音域を出 ...

ReadMore

-歌唱上達への知識

Copyright© chemicalvocie.com , 2020 All Rights Reserved.