【喚声点をなくす】ミックスボイス,地声を一本化するための2つの方法

地声の音域を広げたい、ミックスボイスと上手く繋げたいけど声質が変わってしまいと言う人は沢山います。

地声、ミックスボイス、裏声と発声方法によって声の質が変わる境目を喚声点と言います。

喚声点が何故生まれてしまうのかを知ることが一番解決への近道です。このページでは喚声点が生まれてしまう理由と改善する方法について説明をしていきます。

理由を知ることで更に音域は広がり、下から上まで違和感なく声を出すことが出来るようになります。

喚声点とは

喚声点とは、地声↔ミックボイス↔裏声 のように声の出し方が切り替わる時に起こります。

太い地声がミックスボイスなることでいきなり細くなり違和感が生まれてしまう状態ですね。

2種類の喚声点

場所としては同じですが、上から下、下から上の2種類が存在します。

大体の人は下から上の喚声点で悩んでいると思いますが、上から下へのトレーニングを行う方が効果としては高いです。

ミックスボイス⇔裏声

この場合はそこまで喚声点を感じる人はいないと思います、違いと言えば声帯の閉鎖をなくしただけということもありますが、簡単に考えればミックスに息漏れを加えたものが裏声ですから、声質の違い自体がそこまでありません。ただ喚声点を感じにくいだけで存在はします。

地声⇔ミックスボイス

地声からミックスボイスへの変化は、輪状甲状筋が強くなり甲状披裂筋が弱くなりやすくなります。
分かりやすく言えば、裏声に近づき地声成分が弱くなっているってことです。

意識としては裏声に変わるような変化を感じると思います。

喚声点をなくす方法

喚声点をなくす方法は2種類あります。

  • 喚声点を通らない
  • 喚声点を広げる

喚声点を通らない

喚声点を通らない、つまり地声の音域とミックスボイスの音域を広げることです。

ミックスボイスの音域が広いアーティストは地声を使わないで歌っている場合が多いです。更にミックスボイスしか出せない人も存在します。それくらいミックスボイスの音域を広げることは可能なのです。

今日本のアーティストの音域が広がっている一つの理由としてミックスボイスを使う人が増えたからと言うこともあります。

先ほど2種類の方法があると書きましたが、本当は一種類なんです。喚声点を通らなくても歌い切れるくらいに音域を広げることが喚声点を広げることに繋がります。

喚声点を広げる

喚声点が生まれてしまっている多くの人は限界に近い場所で声の切り替えを行おうとしてしまっています。

下の図を見てみましょう。

ミックスボイス音域②

ミックスボイスの音域と地声、裏声の音域はかなり重なっています。

ミックスボイスの音域を広げることで特定の場所ではなくどの場所でも切り替えが行えるようになります。これにより喚声点はほぼ分からなくなります。

地声の限界に近い場所で切り替えしようとすると喉が緊張してしまい力みの原因にもなります。

余裕を持って歌える音域で行えばそういったことも起こりません。

ミックスボイスの音域を広げる

聞いたことがある人もいると思いますが、プロの方でも一曲通してミックスのみで歌っているも結構いっぱいいます。

つまりミックスで低音域も出せるようになれば、喚声点という存在すらなくすことができます。

ここで注意点ですが、張り上げでミックスを出している人はまず低音域を綺麗に出すことはできません、ただの息漏れのある裏声になってしまいます。

ミックスボイスを出すには力のバランスが重要です。

文字に起こしてみると、

高音域  輪状甲状筋<甲状披裂筋

中音域  輪状甲状筋=甲状披裂筋

低音域  輪状甲状筋>甲状披裂筋

ざっくり書くとこんな感じになります。

これは強さを表しているのでなく、高音域なると輪状甲状筋が働きやすくなり、甲状披裂筋が使いにくくなります、意識する割合を示しています。

ヘッドボイスは出るけど、ミックスはちょっと、と言う人は輪状甲状筋が弱く中音域になるとうまく発声ができなくなるためミックスになりません。

※輪状甲状筋=裏声で主に使用する、声帯を引っ張るための力

甲状披裂筋=地声で主に使用する、声帯を引っ張る力

つまり低音域を出すためには輪状甲状筋、声帯を引っ張る力を鍛える必要があります。

弱い状態で低音域に行くとそのまま地声に変わってしまいます、高音域で裏声に裏返ってしまうのと同じ感覚です。裏返る瞬間が喚声点として一番わかりやすい場所でもあります。

息の太さをイメージしよう

地声、ミックスボイス、ミドルボイス上記のへたくそな絵を見てください。ざっくりですが大体の人がこんな感じの息の使い方を行っています。

  • 太い地声  太い地声とは低音域、ため息に近い息の使い方、胸に響かせるときの息の使い方、喉全体を使って息を吐いていることが感じられると思います。
  • 細い地声 鼻腔など高い位置に響きを持っていくと自然と息は細くなります。細くなるというか細いほうが高い声が出しやすいためそうなります。
  • ミックスボイス これは裏声の解説の時に書いたことですが細く息を吐き声帯の一部のみを振動させるため細い息になります。
no image
【裏声の仕組み】裏声・ファルセットは地声とどう違う?

裏声(ファルセット)ってどういう声? 声帯の振動する部分が少なく、地声に比べ声帯が開き息漏れのある声。 裏声(ファルセット)はどうやって出てるの? れみぼいす様から引用   このような感じで ...

続きを見る

太いミックスボイスを出そうとする人、喚声点をなくそうとする人はミックスボイスを太くすることをまず考えますが、逆の発想です。

喚声点に近い地声の部分を細くすることにより、喉の形が近くなり変化がわかりにくくなります。

ミックスボイスの低音を強化すると同時にミックスボイスと地声の喉の形を近づけることで喚声点をほぼわからなくすることができます。

最後に

まず第一に低音域のミックスボイスを出すことが一番の近道です。

練習の仕方も、いきなり下から練習するのではなく、上から徐々に下に下げていきましょう。

声帯のコントロールを学ぶ

声帯のコントロール、ストレッチや強化を一番分かりやすく身に着けることが出来る教材があります。

声帯の感覚は掴んでしまえば手を動かすのと同じくらい簡単に出来ますが、その感覚をつかむことが出来なければ何年もかかる場合もあります。
すぐに声帯を自由に扱えるようになりたい人とは是非!

高音域ボイストーニング

家で出来る独学ボイトレ教材の勧め

”JAYE公山氏”の自宅でこっそりさらっと上達できる高音ボイトレ教材

Contents1 自宅でも基礎から学ぶことが出来る1.1 何故?独学だと難しいのか?2 自宅でも!独学で正しい発声を学ぶ2.1 『 LOUDNESS 』のボーカル 二井原 実さん推薦2.2 JAYE公山氏のトレーニング内容 自宅でも基礎から学ぶことが出来る 時間がなくてボイストレーニングに通えない 年齢的にボイストレーニングに通うのはちょっと,,, 月謝が高くて継続して通えない 何を練習すれば良いのか分からない こっそり練習したい。歌うのは好きだけど、自分の下手な歌を聞かれたくない。 そんな人が沢山いま ...

ReadMore

鼻腔、口腔、

鼻腔共鳴のコツ・やり方!上顎に共鳴を与え高音域を綺麗に共鳴させる

鼻腔共鳴が出来ることになること響きが大きく広がり、中音域よる上の音域の発声が非常に楽になります。特に大事なことは、息の吐き方です。力んだ状態では響きを殺してしまい鼻腔までは響かせることが出来ません。 鼻腔共鳴の感覚を知る事で正しい発声の感覚を知ることが出来ます、鼻腔共鳴が出来ていれば正しく響きを作れていることが出来ています。 Contents1 鼻腔共鳴とは何か?2 鼻腔共鳴のコツ、やり方2.1 響きを上に持っていく3 共鳴に必要な状態【コツを掴む】3.1 歌いながらでも鼻腔共鳴を感じられる歌い方、コツ3 ...

ReadMore

ミックスボイスの出し方、仕組み

【ミックスボイスの出し方と練習方法】仕組みを理解し高音域を歌う

高音域を出すためにはミックボイス必須ですね。 最近のJ-POPも音域が広がり地声だけではまず歌えないような曲が増えています。 ミックボイスを出す前にミックスボイスはどういう仕組みで出ているのかを知っておきましょう。仕組みを知らないと練習しても何をやっているのか?何がダメなのか分かりません。これを知っているだけで、ミックボイスが出せない時に何が原因なのかを追究しやすくなります。 ポイント ミックスボイスは仕組みと出し方を知らないと絶対に出せない Contents1 ミックボイスの出し方1.1 第一段階 ミッ ...

ReadMore

、腹式呼吸、腹式発声、インナーマッスル、エクササイズ、ボイトレ、発声、喉声

腹式呼吸のやり方!誰でもわかる横隔膜、呼吸法の仕組みと効果

Contents1 腹式呼吸は歌を歌うためには必須1.1 腹式呼吸を勘違いしない1.2  腹式呼吸を体験2 腹式呼吸のやり方 【体験編】3 腹式呼吸のやり方3.1 腹式呼吸が出来ない原因3.2 リラックス3.3 力を入れない3.4 息はお腹で止める4 横隔膜の動きが腹式呼吸に大事な理由 4.1 超簡略化した腹式呼吸の仕組み5 支えとはどういう意味なのか?5.1 実はみんな聞いたことがあること、発声に大事なことが沢山詰まっている!6 腹式呼吸は一つの課題である6.1 腹式呼吸を正しく行える器具6.2 息の吐 ...

ReadMore

疲れない歌い方

力を抜いて歌う方法!脱喉締め!無駄な力を抜いて疲れない声を出す方法!

Contents1 何故 力を抜くのが大切なのか1.1 力を抜く前に力が入ってる場所を確認しよう2 力の抜き方、脱力できている体を覚えましょう。2.1 肩、胸の脱力2.2 喉、首の脱力2.3 舌の脱力2.4 下顎と喉の脱力2.5 姿勢2.6 動くことにより、力を抜く2.7 リップロール3 まとめ 何故 力を抜くのが大切なのか 歌とは人間の体を楽器とし音を出します。 力みは響きを抑え、かつ歌うことによって体をどんどん疲れさせてしまい声も枯れやすくなってしまいます。 まずは歌を歌うための体の状態から作っていき ...

ReadMore

喉を開く方法

【喉を開いて歌う方法】喉声を改善して共鳴、芯のある歌声をゲットしよう!

  Contents1 喉閉めってどんな状態2 喉を開いている状態3 喉を開くための筋肉を鍛える(即効性有)3.1 軟口蓋を上げる3.2 舌根を下げる4 強制的に喉を開く方法5 高音域だと喉締めになる場合5.1 張り上げを治すためには6 喉を開くために歌っている時に意識すること7 >まとめ、注意点 喉閉めってどんな状態 喉締め発声とは喉、首、肩に力が入ってしまい口の中の空間を圧迫している状態のことをいいます。 喉締めで歌っていると、すぐに喉が疲れてしまい、声が枯れやすい、声が固く響きが出な ...

ReadMore

デスボイスの出し方

【デスボイスの出し方】喉に負荷のないデスボイスの出し方/グロウル/スクリーム

デスボイスを出したい! でも出し方がわからないという方に、少しでもデスボイスのコツを掴めるように解説していきます。 デスボイス、スクリーム自体が日本ではあまり需要がないため、日本でのオリコンチャートなどはほとんど聞きませんね。 私はずっと日本在住なので、海外ではどれくらい知名度があるのか需要があるのか分かりませんが、日本では需要がなさ過ぎて出し方をまとめた書籍などもあまりありません。 何より、やる人が少ないため、教えることが出来る人も少ないです。 難しいと思う人は沢山いるかと思いますが、慣れれば高音域を出 ...

ReadMore

-ミックスボイス

Copyright© chemicalvocie.com , 2020 All Rights Reserved.