人気記事

1ヵ月で効果が実感できる!簡単・確実に歌が上手くなる方法

  1. HOME >
  2. 人気記事 >

1ヵ月で効果が実感できる!簡単・確実に歌が上手くなる方法

簡単に歌が上手くなる方法は存在します。

本当はみんな知っていることですが見ないふりをしている方法です。歌が上手くなりたいという人に限ってボイトレを避けている人もいます。改めてボイトレの有効性を考えてみませんか?

あなたがボイトレを避ける理由は何ですか?

独学で5年トレーニングをするのはボイトレの1年にも満たない程度しか成長しない場合が多いです。

プロのアーティストがデビューから一気に歌唱力が上がったりするのは何故だと思いますか?実践経験を積みつつボイトレを行っているからです。

何よりもボイトレのハードルは年々下がっており、プロを目指す人だけが受けるトレーニングではなく、歌が上手くなりたい、普段の声の発声を改善したいと思う人が沢山ボイトレを受けています。

一歩を踏み出せない人は、ボイトレを受けたことがない人です。まず一歩踏み出してみましょう。

なぜボイトレが一番の上達の近道なのか?

歌とは他の人に聞いてもらって初めて評価されます。

ボイトレの重要ポイント

  • 自分では間違いに気が付きにくい
  • 正しい歌い方が出来ているか確認が出来ない

自分でダメな部分に気が付きにくいため、何を練習すればいいのかが分かりにくいですが講師に聞いてもらうことで自分の課題を明確に教えてもらえます。更に、正しい歌い方が出来ているのかも自分では正しい判断が出来ません。なんとなく上手くなったような気がしているだけで実際はそうではない場合もあります。

講師に聞いてもらうことで正しい歌い方が出来ているかどうかも評価してもらうことが出来、上達を実感することが出来ます。

上手い、下手の判断ではなく、何が出来ていないからと具体的に知り、改善点を示してもらい、正しい方法で歌えているかをチェックしてもらうことがボイトレでは一番重要であり、独学ではできないポイントです。

ボイトレに通うというと身構えてしまう人もいるかもしれませんが、ボイトレは既に身近なものとなっており、オンラインボイトレも増えてきており、価格も安いものであれば1000円から受けることが可能です。

1000円から受けられるボイトレ

ボイトレを受けるというと値段が高い!近くにない!だから無理!と思うかもしれませんがそんなことはありません。

確かに有名講師と1対1でのレッスンは高額ですが、最初から高額なレッスンを受ける必要もありません。オンラインボイトレであれば1回1000円から受けることもでき、価格を気にしている人でも手軽に受けることが出来ます。

オンラインボイトレを探してみる

ボイトレを受けてから独学

ボイトレを受けているだけではなく自分で練習をしないと上手くはなりません。ボイトレを受け指摘された部分を練習し、上手くできるようになったかを改めてボイトレで確認してもらう、この繰り返しで歌は一気に上達します。

ボイトレは毎週受ける必要はなく、定期的に受け間の時間で自主練を行っていきます。

独学と違う部分は、練習すべきことが明確であり目標にたどり着けたかを評価してくれる人がいるかどうかです。

独学で歌が上手くなりたいと思っている人も一度ボイトレを受けることで自分の課題が見えるようになり、練習するポイントも効果的に選ぶことが出来ます。自分でしか振り返れないため独学でのボイトレは効率が悪くなってしまいます。

ボイトレは理論だけでは成立しない

ボイトレ教材やボイトレ動画もありますが、一歩通行です。理論を学ぶことは大切で必要なことですが、理論を知っていても歌がうまいとは別です。

理論を実践すれば良い、それは間違いありませんが声が作られるのは体の中なので実践できているかは視覚で判断することはできません。

Youtube動画は注意

Youtubeでボイトレ動画が上がっていますが全員に向けての内容であり、「あなた個人」に向けての内容ではありません。ボイトレとは個人に合わせて行わないと効果出にくく動画を見ているだけで上手くなる人は少ないです。

ボイトレ教室に通う

プロの講師と対面で教えてもらう事でお手本を生で見る事が出来、分からないことを直接質問することが出来ます。歌が上手くなりたい人が集まり新しく仲間も作ることが出来ます。

オンラインボイトレを探してみる

まとめ

歌が上手くなりたいけど、ボイトレはって思っている人は何故か沢山します。

お金や場所の問題は解決されてきているので必要なのはやってみる一歩です。ボイトレは大袈裟な事ではなく、気軽に受けられるものと認識を改めてもらえると嬉しいです。

人前で話すのが苦手だからボイトレ行って声が通るようになりたい、カラオケで上手く歌えるようになりたい、などプロを目指していない生徒さんは沢山します。

変な抵抗で時間を無駄にせず、一歩踏み出してみましょう。

ココがおすすめ




-人気記事

© 2021 ChemicalVoice