”独学ボイトレ”ヒトカラで絶対やったほうが良い歌が上手くなる秘訣

ヒトカラに行く事に抵抗を持っている人もいますが、歌が上手くなりたいのであれば絶対に行った方がいいです!家で大声で歌える環境があるのであれば必要ありませんがそういった環境にいる人はほとんどいないでしょう。

ヒトカラに行って歌が上手くなりたいのであれば是非実践して歌唱力を上げてください!

歌はただ歌っているだけでは上手くなりません、自分だけの空間だからこそできる秘訣を紹介していきます。

1人だから出来るカラオケでの独学ボイトレ

長時間歌ったから、長い期間歌ったからと言って歌は上手くなりません。

考えつつ歌わないと歌は上達しません、ヒトカラ行くのであれば何かしら身になるように歌を歌いましょう!

無理して歌わない

無理して歌う必要はありません。誰もあなたを聞いている人はいません。

歌は歌いだしの声の出し方を失敗すると大体最後まで引きずってしまいます。歌いだしでいまいち声が出ないと思ったら一回消してしまいましょう。

調子を整えてまた曲を入れればいいので、そうならないように正しい発声を覚えていけばよいです。まず無理をしないことが大事です。

1人だからこそ好きな曲を歌えますが、無理して音域の合わない曲を歌って喉を傷めて意味がありません。

立って歌う

何人かでカラオケに行くと立って歌う人、座って歌う人で分かれますが一人ですから周りを気にする必要はありません。

普段座って歌っている人であれば是非立って歌いましょう。
歌っている時に姿勢はとても大事です、座っている時よりも立って歌った方が確実に声の伸びが良くなります。

座って歌っていると画面を見ようと自然と顎が上がってしまいます。歌を歌う時は自然と顎は軽く引くようにしましょう。顎や首が力んでしまいがちな人は頭を動かしながら歌うことも効果的です。

動きながら歌うことで歌に力みがなくなり自然と発声が良くなることもあります。

メモを取る

これは私が常に言っていることです。

今日、歌が上手く歌えたとしても明日は違うかもしれません。喉は一度眠りを挟むとリセットされると言われています。

つまり上手く歌えたとしても次の日にはどうやって上手く歌っていたのかも忘れてしまいます。こういうことは皆さん経験としてあるんではないでしょうか。
前回は上手く歌えた、今日は良く声が出る、そう思った時は必ず今どういう感じで歌っているのかをメモを取るようにしましょう。

細かいことで良いんです、自分が次回見た時に少しでも良かった時の感覚を思い出せれば良いんです。

例えば、「息は口の中でこもらせる感じ」「ため息のように息を使う」「口はあまり開けない」こんな感じでメモを取りましょう。

そのメモを次回見た時にそれを意識するだけ違います、歌は日々の積み重ねでその日上手く歌えたでも次の日は上手く歌えないかったを繰り返して発声の仕方を覚えていきます。

頭で覚えることよりも体で歌は覚えます、体に染みつくまで歌い続ける必要があります。

録音をする

今はスマフォで動画が取れるため簡単に録音が出来ます。

一曲全部録音しても良いですし、1フレーズだけ録音するのもありです。自分の声と言うのは慣れないと気持ち悪いかもしれませんが、録音した声が周りが聞いている声です。違和感を持っているのは自分だけ周りの人にはその声が普通だと思われてます。

自分は良い声だと思って歌っていても違うかもしれません、それを知る為にも録音して聞くことは大切です。

歌っている時では気が付かないことが沢山わかると思います、声が聞き苦しかったり、息漏れしてたり、不安定だったりと、こういったことは歌っている時は夢中になっていて気が付かないことが多いです。

先ほどの「メモを取る」と同時に上手く歌えた所を録音するのも良いです。録音したものが本当に上手く歌えたのであれば次回はそれをマネして歌えばいいんです。自分の声であれば完コピすることも難しくはありません。

マイクなしで歌ってみる

マイクを持つから緊張するって人もいます。

肩回りや首に力が入りがちな人はマイクなしで歌ってみると意外と違うかもしれません。

マイクがないので当然音源に負けてしまいます、音源も小さくして無理に大きな声を出さないように注意しましょう。

歌いやすい曲を最初に歌う

練習をしてに行っているからと最初から難しい曲、音域的にきつい曲を入れるのはやめましょう!

歌も当然、慣らし運転が必要です。音域的にも余裕を持って歌える曲選ぶようにしましょう。




片耳イヤホン

カラオケに行ってカラオケは使いません。

イヤホンを片耳だけして音源を聞きながら歌ってみましょう。ガイドメロディを聞きながら歌うよりも格段に歌いやすいです、歌入ってますからね。

この状態で歌うと歌いやすいって人が多いです、この状態で上手く歌えたけどカラオケだと上手く歌えないって人もいます。

イヤホンで音源きながらマイクで歌いましょう。音程、リズムなども取りやすく余裕を持って歌えるため声も出しやすくなります。難しくて歌えない曲などはこの練習方法が一番お勧めです。

ちなみにこの方法で歌うことが出来ない曲はまず歌うことが出来ません、逆にこの方法で歌うことが出来る曲であれば確りと練習をすれば普通にカラオケで歌うことが出来ます。

合わせて録音して自分の声も聞いてみてを繰り返していると自然とカラオケでも同じように歌うことが出来るようになります。

※両耳イヤホンをしてしまうと自分の声が聞こえにくくなるので逆効果なのでやめましょう。

同じ曲を何回も歌う

これは一人カラオケの醍醐味です。練習したい曲は好きなだけ歌いましょう。

教材を活用する

スマフォで見れる教材も多数あります。

ただ自分だけで良い発声を作るのはまず無理です。ネットにも練習方法は沢山ありますが一つの教材に沿って練習することが一番効果があります。

こちらの教材はテキストも、動画もすべてスマフォで見ることが出来るので一人カラオケのお供には特にお勧めです。
スマフォで高音ボイストレーニング

まとめ

最初にも書きましたが、ただ歌っていても歌は上手くなりません、むしろ逆です。

何も考えないで歌い続けると変な癖がついてしまい、一度ついてしまった癖は治すのが本当に大変です。練習をするのであれば正しい歌い方を同時に覚えていく必要が在ります。

上手くなりたいとは思っていないって人でも無理をしては喉を壊してしまう可能性もあります、歌ってもすぐに喉が枯れるけど歌い続けるってのは良くありません。

何よりも練習するなら上達した方が楽しいですよね、そういう意味での確り歌い方を身に着けられるようにしていきましょう!

歌が上手くなる方法
【歌が上手くなる方法】歌声の出し方12のポイントと4つの症状診断

Contents1 歌が上手くなる方法:歌声症状診断1.1 【喉締め、張り上げ】力の入れすぎ、脱力不足1.2 声帯閉鎖が弱い、息漏れ1.3 腹式発声、腹式呼吸ができていない1.4 共鳴不足、喉が開いて ...

続きを見る

家で出来る独学ボイトレ教材の勧め

”JAYE公山氏”の自宅でこっそりさらっと上達できる高音ボイトレ教材

Contents1 自宅でも基礎から学ぶことが出来る1.1 何故?独学だと難しいのか?2 自宅でも!独学で正しい発声を学ぶ2.1 『 LOUDNESS 』のボーカル 二井原 実さん推薦2.2 JAYE公山氏のトレーニング内容 自宅でも基礎から学ぶことが出来る 時間がなくてボイストレーニングに通えない 年齢的にボイストレーニングに通うのはちょっと,,, 月謝が高くて継続して通えない 何を練習すれば良いのか分からない こっそり練習したい。歌うのは好きだけど、自分の下手な歌を聞かれたくない。 そんな人が沢山いま ...

ReadMore

鼻腔、口腔、

鼻腔共鳴のコツ・やり方!上顎に共鳴を与え高音域を綺麗に共鳴させる

鼻腔共鳴が出来ることになること響きが大きく広がり、中音域よる上の音域の発声が非常に楽になります。特に大事なことは、息の吐き方です。力んだ状態では響きを殺してしまい鼻腔までは響かせることが出来ません。 鼻腔共鳴の感覚を知る事で正しい発声の感覚を知ることが出来ます、鼻腔共鳴が出来ていれば正しく響きを作れていることが出来ています。 Contents1 鼻腔共鳴とは何か?2 鼻腔共鳴のコツ、やり方2.1 響きを上に持っていく3 共鳴に必要な状態【コツを掴む】3.1 歌いながらでも鼻腔共鳴を感じられる歌い方、コツ3 ...

ReadMore

ミックスボイスの出し方、仕組み

【ミックスボイスの出し方と練習方法】仕組みを理解し高音域を歌う

高音域を出すためにはミックボイス必須ですね。 最近のJ-POPも音域が広がり地声だけではまず歌えないような曲が増えています。 ミックボイスを出す前にミックスボイスはどういう仕組みで出ているのかを知っておきましょう。仕組みを知らないと練習しても何をやっているのか?何がダメなのか分かりません。これを知っているだけで、ミックボイスが出せない時に何が原因なのかを追究しやすくなります。 ポイント ミックスボイスは仕組みと出し方を知らないと絶対に出せない Contents1 ミックボイスの出し方1.1 第一段階 ミッ ...

ReadMore

、腹式呼吸、腹式発声、インナーマッスル、エクササイズ、ボイトレ、発声、喉声

腹式呼吸のやり方!誰でもわかる横隔膜、呼吸法の仕組みと効果

Contents1 腹式呼吸は歌を歌うためには必須1.1 腹式呼吸を勘違いしない1.2  腹式呼吸を体験2 腹式呼吸のやり方 【体験編】3 腹式呼吸のやり方3.1 腹式呼吸が出来ない原因3.2 リラックス3.3 力を入れない3.4 息はお腹で止める4 横隔膜の動きが腹式呼吸に大事な理由 4.1 超簡略化した腹式呼吸の仕組み5 支えとはどういう意味なのか?5.1 実はみんな聞いたことがあること、発声に大事なことが沢山詰まっている!6 腹式呼吸は一つの課題である6.1 腹式呼吸を正しく行える器具6.2 息の吐 ...

ReadMore

疲れない歌い方

力を抜いて歌う方法!脱喉締め!無駄な力を抜いて疲れない声を出す方法!

Contents1 何故 力を抜くのが大切なのか1.1 力を抜く前に力が入ってる場所を確認しよう2 力の抜き方、脱力できている体を覚えましょう。2.1 肩、胸の脱力2.2 喉、首の脱力2.3 舌の脱力2.4 下顎と喉の脱力2.5 姿勢2.6 動くことにより、力を抜く2.7 リップロール3 まとめ 何故 力を抜くのが大切なのか 歌とは人間の体を楽器とし音を出します。 力みは響きを抑え、かつ歌うことによって体をどんどん疲れさせてしまい声も枯れやすくなってしまいます。 まずは歌を歌うための体の状態から作っていき ...

ReadMore

喉を開く方法

【喉を開いて歌う方法】喉声を改善して共鳴、芯のある歌声をゲットしよう!

  Contents1 喉閉めってどんな状態2 喉を開いている状態3 喉を開くための筋肉を鍛える(即効性有)3.1 軟口蓋を上げる3.2 舌根を下げる4 強制的に喉を開く方法5 高音域だと喉締めになる場合5.1 張り上げを治すためには6 喉を開くために歌っている時に意識すること7 >まとめ、注意点 喉閉めってどんな状態 喉締め発声とは喉、首、肩に力が入ってしまい口の中の空間を圧迫している状態のことをいいます。 喉締めで歌っていると、すぐに喉が疲れてしまい、声が枯れやすい、声が固く響きが出な ...

ReadMore

デスボイスの出し方

【デスボイスの出し方】喉に負荷のないデスボイスの出し方/グロウル/スクリーム

デスボイスを出したい! でも出し方がわからないという方に、少しでもデスボイスのコツを掴めるように解説していきます。 デスボイス、スクリーム自体が日本ではあまり需要がないため、日本でのオリコンチャートなどはほとんど聞きませんね。 私はずっと日本在住なので、海外ではどれくらい知名度があるのか需要があるのか分かりませんが、日本では需要がなさ過ぎて出し方をまとめた書籍などもあまりありません。 何より、やる人が少ないため、教えることが出来る人も少ないです。 難しいと思う人は沢山いるかと思いますが、慣れれば高音域を出 ...

ReadMore

-音痴改善

Copyright© chemicalvocie.com , 2020 All Rights Reserved.