声の雑記

綺麗に高音域を出すためのボイストレーニングと注意点【即効性有】

投稿日:

高音域を出すポイント

ここ最近プロが歌う曲のキーがドンドン高くなっています。

カラオケもある程度音域がないと歌いたい歌も歌ことが出来ません。
そこで高音域を出す方法を紹介していきます。

高音域を出すために必要なこと

  • 力を抜くこと
  • 喉を開くこと
  • 声帯を適度に閉める事

上記項目が出来て初めて綺麗に高い音が出せるようになります。
自分に合ったポイントを抑えつつ練習しましょう。

力を抜くこと【力の抜き方】

まず高音を綺麗に出すために一番重要なこと力を抜いて歌えるようになること!

高音域は出るけど、綺麗に出なかったり音が硬くキンキンした声しか出ない人の多くは力みすぎです。
でも力は自然と入ってしまうし、力を入れないと高い音は出ないよって人はここから熟読必須です!

まず力を抜くこと!って言われてもそう簡単には出来れば苦労しないんですが、その苦労しないで力を抜く方法を紹介していきます。

歯をかみ合わせて唇で歌いましょう

力みが抜けてない人の多くは顎の動かしすぎが原因です。
歯を軽く嚙合わせることで顎の動きを抑制することが出来ます。前歯をかみ合わせるのがお勧めですが歯並びは人それぞれなので奥歯でも構いません。

声はため息の延長で出しましょう。
この時に声帯が確りと振動していることを確認してください。唇はいくら動かしても良いです。むしろ動かしてください!

喉は確りと開くように意識してください
喉を開くことに感じては別で解説してるので↓

ハミングって高音域が綺麗に出しやすいですよね、この練習はそれの延長だと思ってください。
ハミングだと音は出せても言葉は出しにくい、その為ハミングで高音を出せても言葉を乗せると上手く高音が出せない!ってなりますよね。

歯をかみ合わせても言葉は乗せられます。まずこの練習を行いましょう。

響きを感じつつ力みのない発声の感覚を覚えらえるのがこの練習のポイントです。

この練習補法は張り上げ発声になっている人には特に即効性があります!

 

喉を開くこと+息

喉を開く②

喉を開くことは高音域に限らずとても重要なことです。

喉を開くことについては↓

喉を開く②
「喉を開く」とは?体に声を響かせて声量UP/綺麗に楽に発声する方法

喉を開くとはよく言いますが、喉を開くだけでは意味がありません。 喉を開いた状態で響きを増幅させることで、少ない力で強い声を出すことが出来ます。 喉を開いた状態でも響きが弱ければ喉を開いている効果は実感 ...

続きを見る


これは前提として喉を開くと同時に更にポイントがあります。

ポイント

①軟口蓋に当てる事を!軟口蓋が振動するように息を吐きましょう。

②口の奥が息でパンパンに膨らんでいる状態にする

ポイント①に関してはまず軟口蓋の場所を確認してみて下さい。
そこに声帯で振動させた音を当てるように、イメージとしては上の息を吐きましょう。
前ではなく上です。

ポイント②これ結構重要です。
口を閉じた状態で思いっきり息を吐き口の中を息でパンパンにしてください。
この時に頬は膨らまないように上の図の矢印のように縦に膨らむような感じです、喉の奥に卵くらいの空間ができるイメージです。

これは低音域、高音域関係なく大切なことで声は確かに口から出ますが息は口から吐いてしまうと音が響きません。息は口の中から漏れるだけであって強く口から吐くものではありません。

声帯を適度に閉じる

声帯とは自然に閉じるものです、声になっている時点で声帯は閉じています。

声帯に関してはこちらの教材が特にお勧めです。

コブクロやゴスペラーズのボイトレも行っていた経験があるボイストレーナーが作成した教材です。

まとめ

高音を綺麗に出すと言うことは沢山の事を覚える必要があり、沢山の事を同時に行う必要があります。
一つ一つが出来ていても同時に行うのは結構難しいことです。

先ほどの紹介しましたが、高音ボイストレーニング教材は本当に高音を出すことに特化した教材です。
逆転の発想と言うか、高音域を綺麗に出すことが出来ると言うことは低音、中音も安定して発声することが出来ると言うことです。

がむしゃらに自分で調べてトレーニングを行うことも間違いとは言いませんが、一つのトレーニング教材にそってトレーニングを行う方が結果上達の近道だったりします。

-声の雑記

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.