声の雑記

【張り上げ発声の治し方】張り上げ発声を改善する3つのポイント

更新日:

張上げ発声に悩んでいる人は無数にいます。

自分で意識していなくても気が付くと張り上げてしまっている。
これまで歌ってきた癖は簡単には取ることは出来ませんが、この練習を行うことで張り上げではない正しい歌い方の感覚を掴むことが出来ます。

張上げ発声の改善ポイント

張上げ発声で改善しないといけないのポイントはいくつかあります。

  • 口の開き方
  • 響きの作り方、声量の出し方
  • 腹式発声

この3つが出来ていない為無理に叫んでしまい綺麗に歌うことが出来なくなってしまいます。

張り上げを改善出来る練習方法

それは唇を閉じて歌を歌うことです。

張上げの一番の原因は顎の使い方です。
顎がガチャガチャと動くと口の中の空間は安定しません、そのため響きを殺してしまいます。

更に息の供給も安定しません。

そこでこの練習方法です。

まず唇を閉じて歌ってみましょう。口は空けてOKです。
この状態で歌うとより口の中で響きを感じられると思います。

これであまり響きを感じられない人は喉が開けていません。
喉を開くことを覚えましょう↓

喉を開く②
「喉を開く」とは?体に声を響かせて声量UP/綺麗に楽に発声する方法

喉を開くとはよく言いますが、喉を開くだけでは意味がありません。 喉を開いた状態で響きを増幅させることで、少ない力で強い声を出すことが出来ます。 喉を開いた状態でも響きが弱ければ喉を開いている効果は実感 ...

この状態で響きを感じられた人は唇を片方半分開いて歌ってみて下さい。
右でも左でもどちらでもOKです。

この練習をすることで口をあまり動かさなくても歌えること体験出来ます。

逆のに口を閉じた状態で唇だけで歌うことも効果があります。
まず顎をあまりガチャガチャさせない歌い方を覚えましょう。

この状態を体験し口の中での響きの作り方を覚えましょう。
そして歌う時には口をあまり開けないことを意識しましょう。

 

-声の雑記

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.