喉を開く

「喉を開く」とは?体に声を響かせて声量UP/綺麗に楽に発声する方法

更新日:

喉を開くとはよく言いますが、喉を開くだけでは意味がありません。

喉を開いた状態で響きを増幅させることで、少ない力で強い声を出すことが出来ます。
喉を開いた状態でも響きが弱ければ喉を開いている効果は実感できないでしょう。

ポイント

  • 喉を開くと歌声に厚みが出る
  • 喉を開くと楽に響きのある声量のある声を出すことが出来る
  • 口の中の状態と口の開き方
  • 喉を開き振動を共鳴させるポイント

喉を開く

喉を開く1 喉を開く②

具体的にはどういう状態なのかと言うと上の図を見てもらるのが一番分かりやすいと思います。
左が普段喋っている時の状態です、右が歌声を出している状態です。

喉を開くことにより口の中の空間が広がり響きを作れる場所が増えます。
どれだけ響きを増やそうとしても、その空間が少なくては響きを増やすことはできません。

この響く空間のことを共鳴腔と言います、この空間を増やすことが喉を開くことの一番の目的です。

喉を開いている感覚を一番わかり易く感じることができるのが口を閉じた状態でアクビをすることです。
アクビは喉を開く効果があり、共鳴腔を広げて響きを増幅します。

この時に開いている場所に対して振動を当てることで口の中でより響きを感じることができると思います。

※アクビは喉を開くと同時に声帯も開いてしまいます、そのためアクビの状態が一番歌うことに適しているかというとそれはちょっと違うので注意してください。

喉を開くことを厳密にいうのであれば軟口蓋を上げて、舌根を下げることです。

口の中を上下にガッと開きます。

上の図を見てもらえば舌が口の中のスペースをかなり占めているのが分かると思います。
この舌の根っこを下に引っ張って口の中の空間を開くことにより気管から口に息が通りやすくなります。

 

喉を開く時の力の使い方

喉を開きこの状態を維持します!
喉を開くことが出来ていも歌っている時に喉の開き方が変わってしまえば声質が変わってしまい安定しません。

維持する時の力の入れ方、力の入れ方と言うと発声では聞き慣れないかもしれません。
発声は主に力を抜くことを意識することが大事ですが、「力む」とは違います。

例えるならリンゴを手で掴んでいる状態って力は入っていませんよね?力は入っていませんが逆さにしてもちょっと動かしてもリンゴが落ちない状態、この力の入れ具合がベストです。
力むというのはリンゴを握りつぶそうと力を入れている状態です。これは維持する力ではありません。

発声にも当然筋肉を動かすため力は必要です、間違えないで欲しいのが「力み」ではありません。
喉を開いている状態を維持する力が必要なだけです。

慣れないうちは意識しすぎて力が入りすぎてしまいます。
喉を開くトレーニングは声を出さなくても出来ます、喉を開くことを常に意識していれば喉を自然に開くことが出来るようになります。
喉を開いている感覚を知ってその状態を維持するようにしましょう。

悟空がスーパーサイヤ人の状態を常に維持することでスーパーサイヤ人の時に無駄な力を使わないようにトレーニングしたことと似ています。

口の開くと喉を開く

ここでもう一つ大事なポイントが口の開け方です。
口を開けるというと下顎を開きますよね?これは実は歌うことにはよくないんです。
下顎を開けるのではなく落とすというイメージが正しいです。

この口の開け方がおかしい人が特に張り上げ発声になりやすいです。
口を大きく開けすぎだったり、顎が動きすぎて響きが安定しなかったりと良くありません。

口を大きく開けたほうが喉は大きく開きますが、これは上級者が出来ることです。
最初は歌う時に口は開かない!くらいのイメージを持ってもいいと思います。
普段の喋る時は口はあまり大きく空いていません。前歯の間が若干空いて、後は唇だけで音を作っています。
歌う時も同じようなイメージで歌うようにしましょう。

口の開き方
【歌う時の正しい口の開き方】口の開け方だけで歌声が変わる

Contents1 口の開き方1.1 正しい口の開き方1.2 口は2cm1.3 喉を開けるボイトレグッズ2 まとめ 口の開き方 「喉を開く」と言う言葉は割と聞いたことがあると思います。 簡単に言えば口 ...

響きはこもらせて

響きはこもらせる!これはとても大事です。
口の開け方先ほどふれましたが、口を開けすぎると響きは外に逃げてしまいます。
歌とは共鳴が外に漏れた音だけで十分です。POPやROCKなど当然ですがマイクを使いますよね、マイクが漏れた音を拾ってくれます。

どうしても大きい声を出そうとすると口が大きく開いてしまいます。
まずこういう意識を持っている人は口を閉じて歌うことを意識しましょう。
これだけで張り上げ発声の人の8割は改善することが出来ます。

この口の開き方が出来ていないせいで喉を開くことにつまずく人がまじで多いです。
当たり前のこと過ぎてあまり意識をしていない人が多いのかもしれません。

 

-喉を開く

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.