歌を歌うためのとても重要な喉を開くとはどういう状態?喉を開くとは?

投稿日:

喉を開いている状態とは

喉を開くとは口の中の空間を大きく広げる事です。

口を開くことは誰もが普段から行っていますが、喉を開くことは普段からあまり使わない筋肉を使います。
良く言われているのが「あくびの状態」これが誰もが普段から行っている一番分かりやすい喉を開く感覚ですね。

軟口蓋を上げ、舌根を下げることが喉を開くことですね。

ここで勘違いしないで欲しいのがあくびの状態が歌う時のベストな状態ではありません。
何が違うのかと言うのでは、あくびの状態とは声帯が開いていることも含まれます。喉周りがリラックスして声帯も緩むのでこの状態では声は上手く出せません。
なので、喉を開くということに関してはあくびは正しいですがその状態が歌うためのベストとは少し違います。

あくび以外にもう一つお勧めの方法としては、口の中に手を入れることです。

奥まで入れる必要はありません、軽く口を開けた状態で指を二本くらい口の中に入れてみましょう。
口の中には当たらないように入れます。そうすると喉が上下に開くことを感じることができると思います。
これも喉を開いている状態です。

喉を開く方法
【喉を開く方法】喉声を改善して響きと芯のある声質をゲットしよう!

Contents歌声の基本は喉を開くこと 喉を開いている状態喉を開いた状態での発声 軟口蓋を上げる舌根を下げるSuperflyの喉の開きがすごい強制的に喉を開く方法これを使えば喉が開けちゃうボイトレア ...

続きを見る

外から喉を開いた口の中の状態

上の画像で一番注目してほしいのは舌です。
舌根が確りと下がっていると、喉ちんこまでよく見ます。舌が下顎のピタッと張り付いている状態ですね。

ただここまで大きく口を開ける必要はないです。
口は指二本くらいが縦に入る程度の広さが良いです。

口の開き方↓

口の開き方
口の開き方だけで声の響きが増す/喉が開けない人が知らないこと

Contents口の開き方正しい口の開き方喉を開けるボイトレグッズまとめ 口の開き方 「喉を開く」と言う言葉は割と聞いたことがあると思います。 簡単に言えば口の中の空間を広げて響きを増やすましょうって ...

続きを見る

喉を開くことのメリット

喉を開くことは口の中の空間を開くことです。
つまり声の響きが良くなり、声に厚みが出ます。

これが出来ないと声量が出なかったり、声が硬くなったりといったデメリットがあります。

何よりも喉を開くことは基礎です。
これが出来ていないと腹式呼吸や腹式発声も上手く行うことが出来ません。

歌を上手くなりたいと思うのであれば、まず喉を開くことは必須です。
良い声を作る為にも、意識して喉を開くことが出来るようになりましょう。

喉を開くことが出来るようになった上で声帯閉鎖が出来るようになれば更に声は響き良くなります。
声帯閉鎖に関しては↓

エッジボイスの出し方と効果【声帯閉鎖を学ぶと高い声が楽に出せる】

Contents エッジボイスとはエッジボイスの出し方すぐに出せるようにする、どんな音でも出せるようにするエッジボイスの効果エッジボイスと息と音程の関係声帯閉鎖は常に一定ではない完全に閉じている時の感 ...

続きを見る

-共鳴

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.