高音域で声質が硬くなる、細くなってしまう原因と改善策【歌の発声】

投稿日:

歌う

高音域は出る、出るけども声が高くなったり細くなったりと自分の出したい声が出せないって人は沢山います。

今回はたまたまそういった質問を頂いたので、良い機会なので記事に纏めました。

高音域が硬く、細くなる原因

まず「細くなる」これに関しては限界があります。音は高くなればなるだけ細くなります。
楽器でも細くなり、当然声も高音になればそれだ声は細くなります。が、ここではこういった話ではなく細く弱い状態を完全することを目的にしていきましょう。

原因① 声帯の閉鎖が過度に強い

声帯閉鎖は大事ですと言われますが、過度な声帯閉鎖は良くありません。

声帯が強く閉鎖すると言うことはそれだけ強い息が必要になります。
強い閉鎖に強い息を当てられば声にはなりますが、声帯が作っている声の元となる振動がとても硬くなります。

そうすると、声が硬くなります。
声帯閉鎖で何が一番難しいかというとバランスです。ただ閉じればいいというものではありません。

ミックスボイスの練習なんかを集中的にやっている人になりがちです。
ミックスボイスが出ない、でもヘッドボイスは出るなんて人は特にこの状態の人が多く声帯を強く締めて笛のように使っているから超高音域は出るって人が多いです。

これがミックスボイスや地声になるとバランスが崩れて響きのない硬い声になってしまう場合があります。

原因② 腹式発声が出来ていない場合

原因①と同じ現象ではありますが、呼気の調整が出来ていない場合に起こり得ます。

息が強すぎる場合、声帯はその息を声にしようとします。
そうするとどうなるのか、強い息にはそれに合った声帯閉鎖が必要になり声帯を強く閉鎖するつもりがなくても自然に強い閉鎖になってしまう。

何故なら閉鎖を行わなければ声にならないただの息になってしまうからです。

その為場合強い閉鎖ではなく、まず呼気を調整する必要があります。そのために重要になってくるのが腹式発声です。

下記ページで詳しく解説しているので、腹式発声に関しては↓

腹式呼吸ポイント
腹式呼吸/発声のやり方と練習方法を誰でもわかるように簡略化して解説

Contents腹式呼吸の方法腹式発声の方法腹筋のトレーニングまとめ 腹式呼吸の方法 簡単に出来る腹式呼吸の方法を説明していきます。 これが出来るだけで声は大きく変わります。 声量も上がります! あま ...

続きを見る

本当は腹式呼吸よりも大切な腹式発声のやり方【喉で歌わない】

Contents腹式発声【腹式呼吸より大事!】腹式発声のお腹の使い方腹式発声と腹式呼吸が必要な本当の理由腹式発声の練習方法【プレッシャーボイス】腹式発声の分かりやすい違い 腹式発声【腹式呼吸より大事! ...

続きを見る

原因③ 声が響かないから硬い

良く言う喉声や張り上げの状態です。

この場合 原因①②と同時に起きている場合がほとんどです。
喉を開けていない、喉周りが力んでいるっていうのが原因です。

声が響かなくてもマイクに乗せればそれなりの音量になってしまうため自分では喉が開けていると思っていてもそうではないかもしれません。
まだ微妙だなと思う人はここで自分の状態を再確認しておきましょう。

喉を開く↓

喉を開く方法
【喉を開く方法】喉声を改善して響きと芯のある声質をゲットしよう!

Contents歌声の基本は喉を開くこと 喉を開いている状態喉を開いた状態での発声 軟口蓋を上げる舌根を下げるSuperflyの喉の開きがすごい強制的に喉を開く方法これを使えば喉が開けちゃうボイトレア ...

続きを見る

-mix, 発声

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.