ボイストレーニング

これだけでカラオケが上達するコツがたった5分で掴める発声練習

投稿日:

歌が上手くなる方法

カラオケが5分で上達する

この練習で得られる事

  • 喉を開く
  • 鼻腔共鳴
  • 脱力
  • 腹式発声

この4つのコツがすぐに掴むことが出来ます。

手順を追って説明していきます。

1、ハミングで歌う

鼻から息を吸い、鼻から息を吐くこと意識しつつハミングを出しましょう。
あとはとりあえずリラックス、リラックスして出せる音域であればどこでも大丈夫です。
あまり息が漏れないようする。

あまり低い音だとやりにくいの程よい音程がお勧め
鼻が振動するくらいの息の量

この時に喉は何も感じないはずです。鼻の振動を感じるだけ

2、口を開く

1の状態で口を開いていきます。
この時に口から声を出さないようにハミングを鼻から出しているけど口は空いているだけです。

これだけです。
この出し方が正しい出し方を知るコツです。
ハミングでは簡単に感じることが出来ますが、これに声を載せたり音程を変化させたりすると力が入ってしまいます。
力まないように感覚を掴み自然とできるようにしましょう。

鼻から声を出すこと

鼻から声を出すと言っても鼻からは音が漏れているだけです。
鼻から出そうと意識してもハミングになっている限り鼻からは息は漏れる程度しか出ていきません。
これは口からも同じで音は口から洩れて聞こえますが、声帯が振動して体の中で響いた音が口というか穴から洩れているんです。

口から声を出そうとすると力みやすく、口から息を吸っても力みやすいんです。
鼻からだと力が入りにくいから自然と力を抜くことが出来ます。

更にハミングは共鳴が不可欠です。
ハミング出来ているから完全に喉が開いているかというとそうではありませんが、喉締めにはなっていません。

更に更に、声帯が開いて息が漏れていることも分かりやすいので改善がしやすい、何よりハミングは息が漏れにくい。

歌う時の息の量ハミングが綺麗に出る量が適正です。
それ以下でもそれ以上でもありません。それもこの練習で感覚を掴むことが出来ます。

まとめ

これが出来るだけでカラオケでの上達速度がかなり上がります。

何故あがるか?
正しい歌い方の感覚を掴むことが出来るからです。

基礎の感覚をまとめて習得することが出来ます。
細かい部分はこれが出来るようになってから更に深く知っていけば習得の近道になります。

歌が上手くなる方法
歌が上手くなる方法 歌声の出し方/症状診断【カラオケ上達のコツ】

Contents歌が上手くなる方法:歌声症状診断【喉締め、張り上げ】力の入れすぎ、脱力不足声帯閉鎖が弱い、息漏れ腹式発声、腹式呼吸ができていない共鳴不足、喉が開いていない歌上達に役に立つ器具【正しい発 ...

続きを見る

 

 

-ボイストレーニング

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.