ミックスボイスが響かない、地声で歌っても腹式呼吸が出来ないその問題は?

投稿日:

口の中の空間を圧迫するもの

それは「舌」です。

舌ってとても邪魔なのです。
とても大きく口の中の空間の大半を占めます。

舌

喉を開くためには舌根、つまり舌の付け根を下げて喉の空間を広く取る必要があります。
そうしないと、口の中の空間が狭くなり声が響きません。

高音域が綺麗に出ないのも舌が原因

高音域になるほど舌が息の通り道をふさごうとします。
これは体の力みが原因ではありますが、それだけではありません。

裏声になると舌は後ろに下がる、これは体の原理です。
筋肉的に繋がっているので、どうしても引っ張られてしまうんです。

ミックスボイスで声が細くなるっていう人は特にこの状態の方が多い。
喉を開けていると思っている人ほど実は高音域になると舌が邪魔をしています。
一番の問題は無駄な力が入っていなくても舌が勝手に動いてしまうことです。そのため脱力できて喉を開けている腹式呼吸が出来ていると思っていても舌が邪魔をして全てを台無しにしています。

これも訓練をすれば別に扱うことが出来ます。

喉を開く方法
【喉を開く方法】喉声を改善して響きと芯のある声質をゲットしよう!

Contents歌声の基本は喉を開くこと 喉を開いている状態喉を開いた状態での発声 軟口蓋を上げる舌根を下げるSuperflyの喉の開きがすごい強制的に喉を開く方法これを使えば喉が開けちゃうボイトレア ...

続きを見る

舌を制御するトレーニング

舌が歌の邪魔をしないようにするための一番のトレーニング

舌を出して歌うことです。
舌を口の外に出してしまいましょう、そうすれば舌の干渉を受けなくなります。

これでは言葉が発声できませんが、まず舌を外に出して声を出して喉を圧迫していない状態を知りましょう。
この状態が分からなければ、どの状態が正しいのかわかりません。感覚を知ることが目的です。

喉仏は関係ない

よく喉を開く時に喉仏を下げましょうって話をしますよね。
これは間違っていませんが、舌根が上がらないようにという意味で喉仏を下げます。

今回のお話は舌根を後ろに下げないようにしましょう、と言う話なので喉仏が下がっていても舌根は後ろに下がります。

 

-声の雑記

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.