【バンドボーカル上達】ライブを重ねれば歌が上手くなるわけな…

更新日:

バンドのボーカルによくある勘違いかとは思いますが、

ライブを重ねても歌は上手くなりません。

バンドボーカルを4-5年やっている友人のライブを最近見に行きましたが、全く上達していませんでした。
パフォーマンスなんかは貫禄あるなぁと思いましたが、以前聞いていた時と殆ど歌唱力は変わっていませんでした。

これってすごい残念だなぁと思ったので今回はバンドのボーカルをやっている人に向けて書いていこうと思います。

ライブ

バンドボーカルが上手くなるために大切なこと

バンドのボーカルはカラオケとは当然違います。

ライブで上手く歌うためには普段から安定して上手く歌う歌唱力が必要です。

ライブとなればパフォーマンスも当然あり、緊張だったり中音の聞こえ方など複数の要素が絡んできます。

つまり普段よりも上手く歌うことは出来ません、感情的な部分ではなく歌唱力的な意味では絶対に練習の方が上手く歌えます。

歌唱力以外で特に大事な事

練習の時から気にして欲しい事です。

バンド練習を行う時の音量です、これは歌の声量ではなく全体の音量です。

楽器隊はアンプの音量を上げれば簡単に音量を上げることが出来ますがボーカルはそう上手く行きません。

マイク音量を上げて解決できるのであればそれがベストです。

ですが楽器隊が音量を上げすぎてしまうとボーカルはすぐに埋もれてしまいます。マイク音量を上げるとハウリングを起こしたり音が割れてしまったりする場合もあります。

その場合は絶対にボーカルの音量に合わせるようにしましょう。

これをしなかったバンドのボーカルは確実に張り上げ発声になります。

歌が上手い下手に関わらず、自分の声が聞こえないと当然歌いにくいです。聞こえないとなれば音量を上げようとします、無理に声量を上げようとすればそれは張り上げ発声になってしまい更に声量が出なくなってしまいます。

こういう人がとても多いです。こういった癖は簡単には治らないので本当に注意しましょう。

バンドボーカルの練習方法

特別な練習方法があるわけではありませんが、発声に関しては技術だけではなく知識も勉強した方が良いです。

なぜでしょう?練習の時に何となく上手く声が出たから本番でもそうなるとは限らないからです。

知識を身に着けた上でそれを実践出来るようにした人間の方が確実に強いです。

ボイストレーニングに通うのも一つの方法です。

歌が上手くなる方法
【歌が上手くなる方法】歌声の出し方12のポイントと4つの症状診断

Contents1 歌が上手くなる方法:歌声症状診断1.1 【喉締め、張り上げ】力の入れすぎ、脱力不足1.2 声帯閉鎖が弱い、息漏れ1.3 腹式発声、腹式呼吸ができていない1.4 共鳴不足、喉が開いて ...

続きを見る

-声の雑記

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.