ボイトレは本当に効果があるのか?通う前に知っておくべきポイント

更新日:

ボイストレーニング

東京、大阪と言っていますがそれ以外の場所であっても気を付けたほうがい良いポイントがあります。
しいて言うならば、東京と大阪は特にボイトレ選びに注意をしてほしいです。

ボイトレ講師のレベル

日本のボイトレ講師はレベルがあまり高くないっていうと若干語弊があるかもしれませんが、確りと発声を理解している人が少ないのは本当です。

これは日本の音楽の歌唱力の低さに直結しています。
良いボイトレ講師が少ないからいい生徒が育たないってことです。

歌が上手いことと発声を理解していることは同義ではありません。
元々歌が上手く歌える人っていうのは一定数存在します、歌とは喋ることの延長です。喋る方は人それぞれであって、たまたま歌うことに適した喋り方をしている人はいます。
そういう人は上手くなるための仕組みを理解しなくても上手いんです。そのため人に教えられるほどの練習経験と知識がない場合が多いです。

ボイトレ講師の選び方

出来るだけ良いボイトレ講師を選ぶ

ボイトレに通う時の効果のすべてはボイトレ講師で決まります。

ボイトレの講師は教員とは違い免許などは必要ありません。

つまりこれは資格は必要なく誰でもボイストレーナーになることができるってことです。
例えば「ボイトレ講師 就職」なんて検索してみると、「未経験歓迎」なんて見出しも多数あります。

【正社員】ボイストレーナー募集 | 未経験者OK
こんな募集が多数あります。東京、大阪は特に多いです。

研修が2か月程度あるそうですが未経験者が2か月で、「教え方」「知識」両方を身に着けられるとは思えません。
というか無理です。2か月で誰でも教えられるレベルまで育つならボイストレーナーなんて必要ないんですよ。

歌が上手い人を採用したとしても、歌が上手いから発声の仕組みを少しは知っているかと言ったら別の話です。
教えると言うことは、自分が行うよりも遥かに難しいんですよ。

個人でやっている所ほど少人数の少数精鋭というイメージがあります。
グループレッスンとかは特にこういった講師が行うことが多いように感じます。

人の密集する、東京、大阪なんかはボイトレ教室も多数あるので受ける前に講師の情報が見れるようなら絶対に確認しましょう。

一番の良いボイトレ講師とは

日本で育ち海外で歌を学んだ講師です。

かなりハードルを上げましたが、これにはちゃんと理由があります。
日本人に教えるのであれば日本人がベストです。日本人であっても海外で育ち英語を母国語としている人は微妙です。

日本語を母国語としているからこその癖などを理解できないからです。
日本人が歌を何も勉強していない状態で海外でボイトレを受けてもまず上手くなりません、それはスタートラインが違うからです。
例えば、英語は喉を開いている状態でないと発音が上手く出来ません。つまり喉を開けている状態が分かっている前提でボイトレが始めるからです。

日本人に喉を開いている状態が分かっている前提でボイトレを始めても「?」ってなるだけなんですよね。

日本人として日本で歌を学び、海外で歌を学ぶことで、日本人が持っている癖を理解し海外で更に良い発声を学んでいる人がベスト!
ここまでの人はそういませんが、良い講師を探すうえでの一つの基準にしてもらえればと思います。

おまけ:日本の歌唱力が低い理由

カラオケ、歌

良い講師がいない、何故いないのか?
それは音楽に触れる機会がアメリカなどに比べて圧倒的に少ないからです。
日本では音楽のジャンルも狭くPOPがメインであり、POPしか殆ど取り上げられません。

ソウル、ゴスペル、オペラ、ミュージカルなどと言ったジャンルがとても弱い。歌に触れる機会が圧倒的に少ないんです。

それでも日本の音楽は成り立っています。成り立っているというかレベルが低くても良しとされている。
良しとされているのに、上手い歌手を育てる価値があるのか?ってことなんだと思います。
だって日本で「この人本当にすごい」ってが音楽チャートに上がることはないですよ。いい歌を歌う人よりも可愛い、カッコイイが優先されてしまうのが日本のダメなところです。

海外だと、カッコイイ、美人は前提として踊れて歌えて個性もないと大体売れないんですよね。
この時点でレベルがかなり違うんです。

もう一点言うと歌える環境が少ないっていうこともありますね。
国の広さの違いはどうしようもないですからね、日本でガレージでバンドセットある家ってあるんですか?ってくらい環境違いますからね。

価格と実績は比例する

ボイトレを受けようといってもピンキリです。
1時間5-6千円の所もあれば、週1回90分のレッスンで月1万5千円の所もあります。
マンツーマンなのかグループなのかによっても価格は当然変わりますが、この値段の大きな差は実績にあると思われます。

月21,600円+32,400円(入会金)+12,960円(テキスト代)=初期費用66,960円

ちなみにこれが広瀬香美さんのボーカルスクールの価格です。
安い!と思うか、高い!と思うかはそれぞれだと思います。

ただ私は広瀬香美先生のボイトレ是非受けてみたいと思いますけどね。
なんせあれだけの歌唱力があります、生歌を聞けるだけでも価値がある!と思ってしまいますね。

ボイトレに通わないという選択肢

JAYE公山

この方は先ほど一番良い講師としての基準、あの高いハードルを越えている人です。

実際にこの方にボイトレを受けることは出来ません。プロに対してのボイトレを行っているため受けたい!と思っても難しいです。

ですが、このJAYE公山氏が作ったボイトレ教材があります。
海外で学んだ発声を日本人に対して落とし込めるとても良い教材です。

公式サイト⇒高音ボイストレーニング

良く分からないボイトレに無理して通うのであれば、独学で出来るところまでやってみる方が良い場合もあります。それも講師次第です。
ボイトレに値段もボイトレに通うことを考えれば一か月分の月謝と大差ありません。

選択肢の一つとして考えてみても良いと思います。

-ボイストレーニング

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.