ボイトレは本当に効果があるのか?通う前に知っておくべきポイント

ボイストレーニング

東京、大阪と言っていますがそれ以外の場所であっても気を付けたほうがい良いポイントがあります。
しいて言うならば、東京と大阪は特にボイトレ選びに注意をしてほしいです。

ボイトレ講師のレベル

日本のボイトレ講師はレベルがあまり高くないっていうと若干語弊があるかもしれませんが、確りと発声を理解している人が少ないのは本当です。

これは日本の音楽の歌唱力の低さに直結しています。
良いボイトレ講師が少ないからいい生徒が育たないってことです。

歌が上手いことと発声を理解していることは同義ではありません。
元々歌が上手く歌える人っていうのは一定数存在します、歌とは喋ることの延長です。喋る方は人それぞれであって、たまたま歌うことに適した喋り方をしている人はいます。
そういう人は上手くなるための仕組みを理解しなくても上手いんです。そのため人に教えられるほどの練習経験と知識がない場合が多いです。

ボイトレ講師の選び方

出来るだけ良いボイトレ講師を選ぶ

ボイトレに通う時の効果のすべてはボイトレ講師で決まります。

ボイトレの講師は教員とは違い免許などは必要ありません。

つまりこれは資格は必要なく誰でもボイストレーナーになることができるってことです。
例えば「ボイトレ講師 就職」なんて検索してみると、「未経験歓迎」なんて見出しも多数あります。

【正社員】ボイストレーナー募集 | 未経験者OK
こんな募集が多数あります。東京、大阪は特に多いです。

研修が2か月程度あるそうですが未経験者が2か月で、「教え方」「知識」両方を身に着けられるとは思えません。
というか無理です。2か月で誰でも教えられるレベルまで育つならボイストレーナーなんて必要ないんですよ。

歌が上手い人を採用したとしても、歌が上手いから発声の仕組みを少しは知っているかと言ったら別の話です。
教えると言うことは、自分が行うよりも遥かに難しいんですよ。

個人でやっている所ほど少人数の少数精鋭というイメージがあります。
グループレッスンとかは特にこういった講師が行うことが多いように感じます。

人の密集する、東京、大阪なんかはボイトレ教室も多数あるので受ける前に講師の情報が見れるようなら絶対に確認しましょう。

一番の良いボイトレ講師とは

日本で育ち海外で歌を学んだ講師です。

かなりハードルを上げましたが、これにはちゃんと理由があります。
日本人に教えるのであれば日本人がベストです。日本人であっても海外で育ち英語を母国語としている人は微妙です。

日本語を母国語としているからこその癖などを理解できないからです。
日本人が歌を何も勉強していない状態で海外でボイトレを受けてもまず上手くなりません、それはスタートラインが違うからです。
例えば、英語は喉を開いている状態でないと発音が上手く出来ません。つまり喉を開けている状態が分かっている前提でボイトレが始めるからです。

日本人に喉を開いている状態が分かっている前提でボイトレを始めても「?」ってなるだけなんですよね。

日本人として日本で歌を学び、海外で歌を学ぶことで、日本人が持っている癖を理解し海外で更に良い発声を学んでいる人がベスト!
ここまでの人はそういませんが、良い講師を探すうえでの一つの基準にしてもらえればと思います。

おまけ:日本の歌唱力が低い理由

カラオケ、歌

良い講師がいない、何故いないのか?
それは音楽に触れる機会がアメリカなどに比べて圧倒的に少ないからです。
日本では音楽のジャンルも狭くPOPがメインであり、POPしか殆ど取り上げられません。

ソウル、ゴスペル、オペラ、ミュージカルなどと言ったジャンルがとても弱い。歌に触れる機会が圧倒的に少ないんです。

それでも日本の音楽は成り立っています。成り立っているというかレベルが低くても良しとされている。
良しとされているのに、上手い歌手を育てる価値があるのか?ってことなんだと思います。
だって日本で「この人本当にすごい」ってが音楽チャートに上がることはないですよ。いい歌を歌う人よりも可愛い、カッコイイが優先されてしまうのが日本のダメなところです。

海外だと、カッコイイ、美人は前提として踊れて歌えて個性もないと大体売れないんですよね。
この時点でレベルがかなり違うんです。

もう一点言うと歌える環境が少ないっていうこともありますね。
国の広さの違いはどうしようもないですからね、日本でガレージでバンドセットある家ってあるんですか?ってくらい環境違いますからね。

価格と実績は比例する

ボイトレを受けようといってもピンキリです。
1時間5-6千円の所もあれば、週1回90分のレッスンで月1万5千円の所もあります。
マンツーマンなのかグループなのかによっても価格は当然変わりますが、この値段の大きな差は実績にあると思われます。

月21,600円+32,400円(入会金)+12,960円(テキスト代)=初期費用66,960円

ちなみにこれが広瀬香美さんのボーカルスクールの価格です。
安い!と思うか、高い!と思うかはそれぞれだと思います。

ただ私は広瀬香美先生のボイトレ是非受けてみたいと思いますけどね。
なんせあれだけの歌唱力があります、生歌を聞けるだけでも価値がある!と思ってしまいますね。

ボイトレに通わないという選択肢

JAYE公山

この方は先ほど一番良い講師としての基準、あの高いハードルを越えている人です。

実際にこの方にボイトレを受けることは出来ません。プロに対してのボイトレを行っているため受けたい!と思っても難しいです。

ですが、このJAYE公山氏が作ったボイトレ教材があります。
海外で学んだ発声を日本人に対して落とし込めるとても良い教材です。

公式サイト⇒高音ボイストレーニング

良く分からないボイトレに無理して通うのであれば、独学で出来るところまでやってみる方が良い場合もあります。それも講師次第です。
ボイトレに値段もボイトレに通うことを考えれば一か月分の月謝と大差ありません。

選択肢の一つとして考えてみても良いと思います。

歌が上手いと思われることは人間関係にも役に立つって知ってた?

歌が上手いことはステータス 歌と言うのは歌いたいから歌う人もいれば、歌いたくなくても歌わなければいけないことって結構ありますよね。 飲み会の二次会などでは特にカラオケに行く機会が多いんではないですか? ...

続きを見る

家で出来る独学ボイトレ教材の勧め

”JAYE公山氏”の自宅でこっそりさらっと上達できる高音ボイトレ教材

Contents1 自宅でも基礎から学ぶことが出来る1.1 何故?独学だと難しいのか?2 自宅でも!独学で正しい発声を学ぶ2.1 『 LOUDNESS 』のボーカル 二井原 実さん推薦2.2 JAYE公山氏のトレーニング内容 自宅でも基礎から学ぶことが出来る 時間がなくてボイストレーニングに通えない 年齢的にボイストレーニングに通うのはちょっと,,, 月謝が高くて継続して通えない 何を練習すれば良いのか分からない こっそり練習したい。歌うのは好きだけど、自分の下手な歌を聞かれたくない。 そんな人が沢山いま ...

ReadMore

鼻腔、口腔、

鼻腔共鳴のコツ・やり方!上顎に共鳴を与え高音域を綺麗に共鳴させる

鼻腔共鳴が出来ることになること響きが大きく広がり、中音域よる上の音域の発声が非常に楽になります。特に大事なことは、息の吐き方です。力んだ状態では響きを殺してしまい鼻腔までは響かせることが出来ません。 鼻腔共鳴の感覚を知る事で正しい発声の感覚を知ることが出来ます、鼻腔共鳴が出来ていれば正しく響きを作れていることが出来ています。 Contents1 鼻腔共鳴とは何か?2 鼻腔共鳴のコツ、やり方2.1 響きを上に持っていく3 共鳴に必要な状態【コツを掴む】3.1 歌いながらでも鼻腔共鳴を感じられる歌い方、コツ3 ...

ReadMore

ミックスボイスの出し方、仕組み

【ミックスボイスの出し方と練習方法】仕組みを理解し高音域を歌う

高音域を出すためにはミックボイス必須ですね。 最近のJ-POPも音域が広がり地声だけではまず歌えないような曲が増えています。 ミックボイスを出す前にミックスボイスはどういう仕組みで出ているのかを知っておきましょう。仕組みを知らないと練習しても何をやっているのか?何がダメなのか分かりません。これを知っているだけで、ミックボイスが出せない時に何が原因なのかを追究しやすくなります。 ポイント ミックスボイスは仕組みと出し方を知らないと絶対に出せない Contents1 ミックボイスの出し方1.1 第一段階 ミッ ...

ReadMore

、腹式呼吸、腹式発声、インナーマッスル、エクササイズ、ボイトレ、発声、喉声

腹式呼吸のやり方!誰でもわかる横隔膜、呼吸法の仕組みと効果

Contents1 腹式呼吸は歌を歌うためには必須1.1 腹式呼吸を勘違いしない1.2  腹式呼吸を体験2 腹式呼吸のやり方 【体験編】3 腹式呼吸のやり方3.1 腹式呼吸が出来ない原因3.2 リラックス3.3 力を入れない3.4 息はお腹で止める4 横隔膜の動きが腹式呼吸に大事な理由 4.1 超簡略化した腹式呼吸の仕組み5 支えとはどういう意味なのか?5.1 実はみんな聞いたことがあること、発声に大事なことが沢山詰まっている!6 腹式呼吸は一つの課題である6.1 腹式呼吸を正しく行える器具6.2 息の吐 ...

ReadMore

疲れない歌い方

力を抜いて歌う方法!脱喉締め!無駄な力を抜いて疲れない声を出す方法!

Contents1 何故 力を抜くのが大切なのか1.1 力を抜く前に力が入ってる場所を確認しよう2 力の抜き方、脱力できている体を覚えましょう。2.1 肩、胸の脱力2.2 喉、首の脱力2.3 舌の脱力2.4 下顎と喉の脱力2.5 姿勢2.6 動くことにより、力を抜く2.7 リップロール3 まとめ 何故 力を抜くのが大切なのか 歌とは人間の体を楽器とし音を出します。 力みは響きを抑え、かつ歌うことによって体をどんどん疲れさせてしまい声も枯れやすくなってしまいます。 まずは歌を歌うための体の状態から作っていき ...

ReadMore

喉を開く方法

【喉を開いて歌う方法】喉声を改善して共鳴、芯のある歌声をゲットしよう!

  Contents1 喉閉めってどんな状態2 喉を開いている状態3 喉を開くための筋肉を鍛える(即効性有)3.1 軟口蓋を上げる3.2 舌根を下げる4 強制的に喉を開く方法5 高音域だと喉締めになる場合5.1 張り上げを治すためには6 喉を開くために歌っている時に意識すること7 >まとめ、注意点 喉閉めってどんな状態 喉締め発声とは喉、首、肩に力が入ってしまい口の中の空間を圧迫している状態のことをいいます。 喉締めで歌っていると、すぐに喉が疲れてしまい、声が枯れやすい、声が固く響きが出な ...

ReadMore

デスボイスの出し方

【デスボイスの出し方】喉に負荷のないデスボイスの出し方/グロウル/スクリーム

デスボイスを出したい! でも出し方がわからないという方に、少しでもデスボイスのコツを掴めるように解説していきます。 デスボイス、スクリーム自体が日本ではあまり需要がないため、日本でのオリコンチャートなどはほとんど聞きませんね。 私はずっと日本在住なので、海外ではどれくらい知名度があるのか需要があるのか分かりませんが、日本では需要がなさ過ぎて出し方をまとめた書籍などもあまりありません。 何より、やる人が少ないため、教えることが出来る人も少ないです。 難しいと思う人は沢山いるかと思いますが、慣れれば高音域を出 ...

ReadMore

-歌唱上達への知識

Copyright© chemicalvocie.com , 2020 All Rights Reserved.