お酒を飲んでカラオケに行くと歌が上手く歌えることが!YESorNO!

更新日:

飲み会の2次会でカラオケに行こうなんてよくあることですよね。
お酒を飲んでのカラオケでは声が良く出る、声が出ない。なんてことありませんか?

お酒が声に与える影響

厳密にはお酒が体に与える影響です。
お酒を飲みと体に対してどういう影響を与えるでしょうか。

体が熱くなり、テンションが上がったりしますよね。
体が熱くなるということは簡単に言えば筋肉が柔らかくなっているということです。
お風呂に入っている時に近い状態になります。もう一つがリラックスしている状態です。
お酒が入り、感覚が鈍ります。お酒を飲むとなんか力が入らないなんてことないですか?

つまり、力みにくいんです。
力が入りにくいため、普段力んで歌っている人でもリラックスした状態で歌うことが出来たります。

もう一つ、テンションが上がる。
これ関係ないでしょ、と思うかもしれませんが実は関係あるんです。
テンションが上がって楽しくなって腹の底から笑う。これってすごく良い声の出し方なんです。笑いすぎてお腹が痛くなることはお腹から確りと声を出している証拠でもあります。

酒飲むと声が出ない人

これは普段から確りと歌えている人に多いです。
感覚が鈍り、力が入りにくくリラックスしている状態。だから上手く声が出せないんです。
言っていることおかしくない?いえ、おかしくないです。
普段から無駄な力を抜いて歌えている人、上手く筋肉を使って歌えている人からすると普段通りに声を出すことが出来なくなります。
なので、上手く歌えなくなってしまいます。

お酒を飲んで歌うのは良くない

結局ですが、お酒を飲んで歌うことは良くありません。
お酒を飲むと感覚が鈍り、無理に声を出しても声が出てしまいます。この状態で歌い続けると喉を傷めてしまうこともあります。

-日々の戯言

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.