歌う時に必要な息の量は?息はどこに吐くのか【発声】

息の量と強さ

歌を歌う時にどのくらいの息の量が良いのか?
あまり息の量が多すぎれば張り上げになってしまい、少なすぎれば声が小さくなってしまいます。
息の量はどのくらいが良いのか?「適切な量」と言うのが正解ではありますが、この適切と言うのは人それぞれ違います。

体格や肺活量にもよりますが、基本的には話声がベースです。
喋り声に響きを加えたものが歌声です。

歌う時の息の量を感覚として覚えるためにはプレッシャーボイスで練習を行いましょう。

プレッシャーボイスについては腹式発声で解説しているのでそちらでどうぞ

7e410cf91919c3cab382d6daa4f55454_s
腹式発声が出来れば喉が解放される「腹式呼吸」より大切な息の吐き方

腹式呼吸は知っているけど腹式発声は知らないって人が多いでしょう。 腹式呼吸が出来ているはずだけど息が上手く使えないと思っているあなた! なぜなら腹式呼吸で息を吸うだけでは歌には何も生かせないからです。 ...

息はどこから吐いている?

歌を歌う時に、息はどこから吐いていますか?
バカバカしい質問かもしれませんが、これ非常に大事です。

息は肺から器官を通って喉へ行き、口または鼻から外へと出ていきます。
息を吸う時はこの順序の逆を辿ります。

この動作自体は当たり前のことであり、息をしていれば皆この順序を辿ります。
ここで重要なのは、意識をどこに持っているかです。

息は腹から吐くんだよ!

こう教わることが多いでしょう。

腹から息を吐くことには二つの意味を秘めています。
一つは腹式呼吸で発声を行いましょうという意味。
もう一つお腹に意識を持っていき喉に力を入れないようにしましょう、ということです。

腹式呼吸に関してはここではスルーします。

、腹式呼吸、腹式発声、インナーマッスル、エクササイズ、ボイトレ、発声、喉声
腹式呼吸のやり方!誰でもわかる横隔膜、呼吸法の仕組みと効果

Contents1 腹式呼吸は歌を歌うためには必須1.1 腹式呼吸を勘違いしない1.2  腹式呼吸を体験2 腹式呼吸のやり方 【体験編】3 腹式呼吸のやり方3.1 腹式呼吸が出来ない原因3.2 リラッ ...

お腹で歌うと言うのは、喉で歌わないということです。
これも感覚的な物になるので分かりにくいかもしれませんが、例えるならため息です。

お腹に確りと息を入れ、お腹のみに力を入れて息を吐きだす事でお腹から息を押し出している状態になれます。
ですが、日本語を普段使っている人は会話をしている時は喉で息を吐いています。
歌を歌う時はこれが天敵です。
喉で息を吐いていると喉に力が入り、喉が開けなくなり、腹式発声も出来なくなってしまいます。

これは脱力と関係していることではありますが、意識の問題でもあります。

喉は息を通すだけ、最初はため息の状態を意識して声を出すようにしましょう。

感覚としては、喉は通るだけ腹から息を押し出したら、そのまま口腔、鼻腔での響きに直結するように歌えるようになりましょう!
声帯閉鎖などを意識しすぎると、喉に力入ってしまい意識が喉に集中してしまいます。

喉は通すだけ!これを確りと意識して行えるようになりましょう。

息を向ける場所

発声の時は息を思いっきり吐くなんてことはありません。
息は口の中に吐き、その口の中から空気が外に漏れるというイメージが正しいです。

アクビをしている時は喉の力は抜けて喉が開いている状態なんてよく言いますよね。
ではその時に息はどのように口の外に出ているでしょう。
口に手を当てて空気を感じても、息が漏れているのは分かるけど息が出ているというよりも漏れているように感じるはずです。

では、息はどこに向けられているのか?

これは人により感覚として違うと思いますが、私の場合を例に挙げて説明しましょう。
私の場合は、低音域は顎に向けて、中音域は鼻腔+後頭部、高音域は眉間、頭って感じです。
これは音程によって響かせるポジションを変えています。響かせる場所に向けて息を吐いているんです。

ですがこれはイメージに過ぎません。
この辺はまだ医学的にも完全に解明されていないので難しい解説は出来ませんが、このイメージが大切です。

家で出来る独学ボイトレ教材の勧め

”JAYE公山氏”の自宅でこっそりさらっと上達できる高音ボイトレ教材

Contents1 自宅でも基礎から学ぶことが出来る1.1 何故?独学だと難しいのか?2 自宅でも!独学で正しい発声を学ぶ2.1 『 LOUDNESS 』のボーカル 二井原 実さん推薦2.2 JAYE公山氏のトレーニング内容 自宅でも基礎から学ぶことが出来る 時間がなくてボイストレーニングに通えない 年齢的にボイストレーニングに通うのはちょっと,,, 月謝が高くて継続して通えない 何を練習すれば良いのか分からない こっそり練習したい。歌うのは好きだけど、自分の下手な歌を聞かれたくない。 そんな人が沢山いま ...

ReadMore

鼻腔、口腔、

鼻腔共鳴のコツ・やり方!上顎に共鳴を与え高音域を綺麗に共鳴させる

鼻腔共鳴が出来ることになること響きが大きく広がり、中音域よる上の音域の発声が非常に楽になります。特に大事なことは、息の吐き方です。力んだ状態では響きを殺してしまい鼻腔までは響かせることが出来ません。 鼻腔共鳴の感覚を知る事で正しい発声の感覚を知ることが出来ます、鼻腔共鳴が出来ていれば正しく響きを作れていることが出来ています。 Contents1 鼻腔共鳴とは何か?2 鼻腔共鳴のコツ、やり方2.1 響きを上に持っていく3 共鳴に必要な状態【コツを掴む】3.1 歌いながらでも鼻腔共鳴を感じられる歌い方、コツ3 ...

ReadMore

ミックスボイスの出し方、仕組み

【ミックスボイスの出し方と練習方法】仕組みを理解し高音域を歌う

高音域を出すためにはミックボイス必須ですね。 最近のJ-POPも音域が広がり地声だけではまず歌えないような曲が増えています。 ミックボイスを出す前にミックスボイスはどういう仕組みで出ているのかを知っておきましょう。仕組みを知らないと練習しても何をやっているのか?何がダメなのか分かりません。これを知っているだけで、ミックボイスが出せない時に何が原因なのかを追究しやすくなります。 ポイント ミックスボイスは仕組みと出し方を知らないと絶対に出せない Contents1 ミックボイスの出し方1.1 第一段階 ミッ ...

ReadMore

、腹式呼吸、腹式発声、インナーマッスル、エクササイズ、ボイトレ、発声、喉声

腹式呼吸のやり方!誰でもわかる横隔膜、呼吸法の仕組みと効果

Contents1 腹式呼吸は歌を歌うためには必須1.1 腹式呼吸を勘違いしない1.2  腹式呼吸を体験2 腹式呼吸のやり方 【体験編】3 腹式呼吸のやり方3.1 腹式呼吸が出来ない原因3.2 リラックス3.3 力を入れない3.4 息はお腹で止める4 横隔膜の動きが腹式呼吸に大事な理由 4.1 超簡略化した腹式呼吸の仕組み5 支えとはどういう意味なのか?5.1 実はみんな聞いたことがあること、発声に大事なことが沢山詰まっている!6 腹式呼吸は一つの課題である6.1 腹式呼吸を正しく行える器具6.2 息の吐 ...

ReadMore

疲れない歌い方

力を抜いて歌う方法!脱喉締め!無駄な力を抜いて疲れない声を出す方法!

Contents1 何故 力を抜くのが大切なのか1.1 力を抜く前に力が入ってる場所を確認しよう2 力の抜き方、脱力できている体を覚えましょう。2.1 肩、胸の脱力2.2 喉、首の脱力2.3 舌の脱力2.4 下顎と喉の脱力2.5 姿勢2.6 動くことにより、力を抜く2.7 リップロール3 まとめ 何故 力を抜くのが大切なのか 歌とは人間の体を楽器とし音を出します。 力みは響きを抑え、かつ歌うことによって体をどんどん疲れさせてしまい声も枯れやすくなってしまいます。 まずは歌を歌うための体の状態から作っていき ...

ReadMore

喉を開く方法

【喉を開いて歌う方法】喉声を改善して共鳴、芯のある歌声をゲットしよう!

  Contents1 喉閉めってどんな状態2 喉を開いている状態3 喉を開くための筋肉を鍛える(即効性有)3.1 軟口蓋を上げる3.2 舌根を下げる4 強制的に喉を開く方法5 高音域だと喉締めになる場合5.1 張り上げを治すためには6 喉を開くために歌っている時に意識すること7 >まとめ、注意点 喉閉めってどんな状態 喉締め発声とは喉、首、肩に力が入ってしまい口の中の空間を圧迫している状態のことをいいます。 喉締めで歌っていると、すぐに喉が疲れてしまい、声が枯れやすい、声が固く響きが出な ...

ReadMore

デスボイスの出し方

【デスボイスの出し方】喉に負荷のないデスボイスの出し方/グロウル/スクリーム

デスボイスを出したい! でも出し方がわからないという方に、少しでもデスボイスのコツを掴めるように解説していきます。 デスボイス、スクリーム自体が日本ではあまり需要がないため、日本でのオリコンチャートなどはほとんど聞きませんね。 私はずっと日本在住なので、海外ではどれくらい知名度があるのか需要があるのか分かりませんが、日本では需要がなさ過ぎて出し方をまとめた書籍などもあまりありません。 何より、やる人が少ないため、教えることが出来る人も少ないです。 難しいと思う人は沢山いるかと思いますが、慣れれば高音域を出 ...

ReadMore

-腹式呼吸・腹式発声

Copyright© chemicalvocie.com , 2020 All Rights Reserved.