発声

【音程、ピッチ感】音感の鍛え方

更新日:

カラオケ、上手い、下手、カラオケ練習、歌練習、歌、カラオケ練習、上達、ミックスボイス、高音域、ミドルボイス、ミックスボイス出し方

音感とは

絶対音感、相対音感など皆さん聞いことはありませんか?

これはどちらも生まれ持ったものではありません。

絶対音感とは

幼少期から楽器などをやっており、音感が体に染みついている人です。

他の音との比較なしに、音を聞いただけでその音名が分かる能力である。 聞いた音に対し各々の音名 (周期的な振動数を持つ倍音につけられた称名) を想起できる能力を一般的に絶対音感と呼ぶが、聞く曲すべてが頭の中でドレミの音名に変換される、半音未満の音の違いもかなり正確に認識できるなど、その能力は個人差がある。

相対音感とは

これは年齢関係なく今からでも身に着けることができます。

基準となる音(純音および楽音)との相対的な音程によって音の高さを識別する能力である。 音楽を美しいと感じるには、相対音感が必要であるから、ほとんどすべての人が本質的に持っている能力と言える。

絶対音感、相対音感の簡単な違い

絶対音感は一つの音を聞いて「これはドです」とわかる人のことを指します。

相対音感は、一つの音だけではどの音なのかわかりません。ドを聞いた後に、別の音を聞いた時のその音程の差から音を聞き分けます。基準があれば音程がある程度分かるということです。

ボーカル基準で音感を鍛える

まず、歌だけをやっている人は音感に弱い傾向にあります。

理由としては、常に基準となる音を聞いているだけであり、自分で出しているわけではないからです。

楽器をやっている人のほうが音感は強いです、耳コピって聞いたことありますか?耳で聞いてそれを実演するというコピー方法です。

譜面に頼らずに自分の耳を頼りにコピーすることは非常に音感を鍛えるトレーニングになります。

ボーカルも当然耳コピをしますが、ただ音をなぞっているだけではトレーニングになりません、楽器の場合は一音一音確実にコピーしますが歌の場合は何となくでできてしまうため、音階などを意識することは基本的ないでしょう。

練習方法

まずは自分が歌っている音を、楽器に落としてみることが一番手っ取り早いです。

本当にその音で歌えているのか、これが意外に音がずれていたりします。ピアノなどとメロディーラインを合わせて歌うことが一番の練習になります。

自分の声で、一つ一つの音の出し方を身につけましょう。最初は意識しながらここからは響きを上に持っていく、など考えながら行うことが良いですね。

どんな曲でも同じ音域で歌う!注意点!大事!

マネをした声を作るのをやめましょう。

普段聞いてる歌手の歌い方歌いまわしなどをマネすることはあまりお勧めしません。

マネをして歌うことが癖になってしまうと、この曲だと出る音域が、この曲だと出ないなんてことが起きます。

音程とは別に音質があり、声質をマネしようとすると、自分の自然な声で歌えば出る音も出なかったりします。

マネが絶対にダメなのかと言うとそういうわけではありませんが、変な癖がついてしまうことが多いため、ある程度発声が出来るようになってから声質を似せる練習をすることをお勧めします。

-発声

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.