これすごい重要!チェストボイスの高音域の出し方【楽に出す】

更新日:

 

チェストボイスの高音域

高音域を無理に発声するくらいなミックスボイスを使用して力を抜いた発声をしたほうが良いです。

ですが、チェストボイスの高音域が上手く出せないと上手くミックスボイスに繋がらなかったり喚声点付近の音程が連発したとき非常に難しくなります。

ミックスボイスだと楽に出せるけど、チェストボイスで高音域は力んでしまうっていう人は結構いると思います。

それだけチェストボイスの高音域は難しいんです。

チェストボイスの高音域を出すポイント

一番ポイントは力を抜くことです。

毎度ではありますが、力を抜くことこれが一番大事で一番難しいです。

チェストボイスは低音域、から高音域に息に連れて音量は上がりません!息の量は逆に少なく強くなります。

音程が上がるにつれて音量が大きくなってしまう人は張り上げになっている可能性大です!

[ad#ad-2]

チェストボイスの高音域を出す練習

まずハミングでチェストボイスで高音域を出す時の共鳴ポイントを探しましょう。

響きとしては鼻腔と同じ高さに響きが集まると思います、まずこのポイントを感じ、覚えましょう。

それをハミングではなく、声を出した状態でも響きを感じられるように響きを上に意識してチェストボイスを出していきましょう。

この時に音量を上げないように息の量も意識しましょう、細く強く出すことを意識してましょう。

ミックスボイスができる人は少し高い音域になるとミックスになってしまう場合がありますが、あくまでもチェストボイスで行ってください。

この響きを保ったまま声を出し、力を抜いて歌うこと、これがチェストボイスの高音域の出し方です。順序としては簡単ですが、パッとできるほど簡単ではないかもしれません。

 

張り上げになっていないか確認する

力を抜くといっても、自分の意識で入っているかどうかわからない。無意識に力んでしまうなんて人もいると思います。

張り上げになっていないか確認してみましょう。

上の向いて歌う

真上を向いてチェストボイスを出してみましょう。真上を向いて歌うことは歌い方としては決してよくわかりませんが、首、下顎近辺に力が入ってしまっている人には効果があります。

上を向くことによって、首、顎の筋肉が引っ張られ、力が入りにくくなります。この状態で高音域を出すことが出来ていれば、首、下顎の脱力はある程度できているということになります。

これで高音域が出ない人は、力で高い音を出している喉締めの状態ということです。

リップロール

リップロールは声を出す適切な息の量で出さないと音が鳴りにくく、力んでいる状態でも鳴りにくくなります。

これもチェストボイスの音程を上げつつやってみましょう。

低音域、中音域は自然にできると思いますが、高音域なるとどうでしょう?力が入っていくのを感じませんか?それは喉声になっているということです。

息の量を自分で調整しつつ、どの音域でも綺麗にリップロールを出せるようになりましょう。

-チェスト

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.