歌う時の声量は音量ではない【小声で響かせて小さく歌う】

更新日:

歌う時の声の大きさ

オーディオなんかの音量とは単純に音の大きさですが、歌う時の声量は声の大きさではありません。

正確には共鳴量、どれくらい響くかが音量という意味で考えてもらって結構です。

大きい声かつ大きく響きを持って歌うのがオペラです、オペラの場合基本的にマイクを使わない、またはかなり遠い場所に設置するため大量の響きが必要かつ大きな声を響かせる必要があります。

ですが、カラオケだったりライブだったりは基本的にマイクを通して音を出しますよね、マイクに音を載せる前提のためそこまで音量は必要ありません。

小さい声で大きな響き

これはどういう意味なのか非常にわかりにく表現ですよね。

楽器で例えるとわかりやすいかもしれません、例えばギターなど弦楽器はちょっと弦をはじくだけで音がかなり響きますよね。

これは音が大きいわけではないですよね、響きが強いため音が共鳴して確りとした芯のある音が聞こえるって感じです。

これを声で行います、小声でと言ってもつぶやくようなレベルではありません、喋り声と同じくらいの大きさをイメージしましょう。

自分の出しやすい音程は普通に出せると思いますが、高い音だったり低い音は少し音量が上がってしまうと思います、これをある程度同じくらいの音量で出せるように声帯と息でコントロールできるようにしましょう。

音痴改善

高い声は声が大きくなる

これを意図してやっている人は少なく、ほとんどの人が無意識のうちに声が大きくなっています。

何故でしょうか?ある程度音量を上げないと響きが確保できないからです、響きが確保できないということは弱弱しい音になってしまうからです。

または息の力で強引に高い声を出しているから音量が上がっている。

まったく同じ大きさにはならないかもしれませんが、響き音量を一定に出すことによって歌は非常に安定して聞こえます。

なぜ大きな声を出してはいけないのか?

別にダメ、と言っているわけではありません。

ですが、音量が上下する歌を聴いて安定していると聞こえるでしょうか?抑揚を付けるために、など理由があり故意的に行っているのは別ですが、あまり上下することは好ましくありません。

理由はもう一つあります。

大きな声で歌い続けるよりも、小さい声での方が疲れないし楽ですよね?声は枯れにくくなります。

それに息を使う量が少なくても音量が確保できたらロングトーンをさらに長く出せるようになりますよね?

これが一番のメリットです。高い声はミックスボイスに移行することが前提にはなるかと思いますが、一定の音量で一曲通して歌う練習をしましょう。

[ad#ad-2]

小声で響きを持たせる方法

共鳴

響きを持たせるということは共鳴を増やすことです。

喉を開き、口腔、鼻腔などに十分な響きを与えられるように練習しましょう。

声帯閉鎖

ミックスボイスは特にですが、声帯を閉鎖させて息漏れをなくし確りと声帯を振動させましょう。

ミックスボイスを使う場合は高音域は特に閉鎖が弱くなり、弱く聞こえてしまいます。

練習方法

カラオケなどでマイクのボリュームを大きめに設定しその状態で音量バランスを意識して歌えるようにしましょう。

ちょっとした音量の調整はマイクをちょっと口から離すなどで調整して、出来限りのの小声を意識して歌ってみましょう。

小さい声で歌うことができるようになれば、張り上げて歌うことはなくなり自分が出しやすい音量という認識から楽に歌える音量へと意識が変わっていきます。

 

 

-ボイストレーニング, 発声

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.