mix

地声のように太いミックスボイスを出すための一番大事なこと【混ぜる】

更新日:

ミックスボイス声質

ミックスボイスが地声のような声質にならない

ミックスボイスと地声では当然出すための仕組みが異なる為、声質は違います。

ただそれをまったく同じにはできなくても同じように聞かせられるように近づけることはできます。

私はこれまで、出し方を説明するときに仕組みが~という説明をしてきました、各発声に関しての知識がある程度ついていれば自分で答えにたどり着ける人もいると思います。

どうすれば地声のように太い声が出るのか考える

どうすれば地声のように芯のあるミックスボイスを出すことができるでしょうか?

発声の場合、声の太さ、大きさ=声の響き です。
ほとんどの人が躓く部分として、響きが足りない人が非常に多いです。

ミックスボイスだけでなく、高音域と言うのは音が細くなりますよね。
声ではなく、楽器で考えてみても同じです。低い音は柔らかく、厚みのある音、高い音は、硬く細い音になります。
つまりその分響きを与えないと音は太く、厚くはなりません。

さて考えましょう。
響き共鳴することで生まれます。
響きが弱いということは、共鳴どちらかが弱いんです。

共鳴が弱い場合は何が足りないんでしょうか?
喉に力が入っていては、喉が開いていなければ共鳴を得にくくなります。

音が弱い場合は何が足りなんでしょうか?
音の鳴らしているのは声帯です。声帯が確りと閉鎖されていなければ音はなりません。

声帯が振動することにより、音が生まれ、音が喉や口、鼻腔で共鳴することで響きになります。

算数のような書き方をしましたが、知識があれば自分でここまでのことを気が付くことが出来ます。

ミックスボイスの声質

喉が開いていないと声が響かず声が細く硬くなります、ミックスボイスも同じです。
ミックスボイスは響きが上に集中しがちです、これが良くないんです。
舌根を確りと下げて喉仏を下げましょう。
ですが、喉仏を下げようといないでください。喉仏を動かそうとすると喉に力が入りやすくなります。
あくまでも舌根を下げて、結果として喉仏が下がるようにしてください。

ただここで一つ更なる問題があります。
ミックスボイスと一言で言っても更に分類することが出来ます。

・ミックスボイス【地声】ロウラリ
・ミックスボイス【裏声】ハイラリ

こんな感じで分類できます。
これって本当に感覚の問題なんです。だから難しいんです。
ミックスボイスを出すため声帯を引っ張り、閉じます。
この状態に対して、地声の感覚で声を出すか、裏声の感覚で声を出すか、これがミックスボイス【地声】ミックスボイス【裏声】に違いです。

厳密に言うのであれば、引っ張るのか、閉じるのかどちらに重きを置くのかという感じですね。

音域として分けるのであれば、こんな感じになります。
ミックスボイスは地声と裏声の両方の音域に存在します。

この声質に関してはミックスボイスをちゃんと出せていることが前提です。
出せている状態で、響かせる場所を意識することによって声質を変化させることが可能です。

結論!

本当にミックスボイスの出し方が間違っていないか?

声帯が開きすぎ息が漏れていないか?ある程度高い音が出るであれば、輪状甲状筋は問題なく使えてもいても、閉鎖が弱いと息が漏れ、声も弱くなります。

喉を開く、地声の状態で喉を開き、脱力した状態で歌うことができていても、それは地声の時は、です。

ミックスボイスでそれができているのかを再度自分で確認しましょう、その上でさらに喉を開く意識をしましょう。

鼻腔共鳴を意識しすぎない!鼻腔共鳴は大事ですが、鼻腔は高音、中音が響きやすいですが、音に厚みを持たせたいのであれば口腔共鳴も必要になります。

共鳴とは一か所にしか響かないわけではありません、出したい声をイメージ、音域によって共鳴させる場所も意識する必要があります。

慣れてくれは自然と流れるように地声とミックスボイスを行き来できるようになります。

地声が太すぎるのか?ミックスボイスが細すぎるのか?

これは個人の声質によって違います。

私個人の話をすれば、私は地声が太く中音域にかかると意識的に鼻腔への共鳴を強くし意図的に声を細くしています。

ミックスボイスを太く出来と言っても限界は当然あります、ミックスボイスを太くすると同時に繋げることを意識しましょう。

ミックスボイスの出し方

これについては別記事で書いているのでそちらを見てみてください。

-mix

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.