声の雑記

こぶし、ビブラートの違い、正しいビブラートの使い方

投稿日:

こぶし とは

こぶしとは演歌、民謡などでよく使われる技法です。

こぶしの場合、歌詞というか一つの言葉の母音を揺らします。

例えば「ら」の音の「らぁぁぁ」この「あ」と揺らします、これはロングトーンなどに関わらす、歌詞のつなぎだったりで使用します。

こぶしが初心者には難しい理由として喉を常に開いている状態でないとうまく行うことができません。

音程が変わる直前だったり、歌詞の変わり目などは力が入りやすいポイントです、そこでこぶしを利かそうと思うとなれないうちは力が入ってしまいうまく発声することができないかもしません。

ビブラート とは

主に、語尾を伸ばし音程を揺らします、ロングトーンなんかの時によく使われる技法です。

こぶしと大きな違いはありませんが、使用するポイントが違います。

言葉の継ぎ目などではなく、何拍か伸ばすときなどによく使用されます。

こぶしよりは難易度は低く、音程を揺らしそのままフェイドアウトしていくなど、脱力しながらでも行いやすさはビブラートの方が上ですね。

正しいビブラート、こぶしの使い方

音を揺らすときは基本的に横隔膜を使い、息の量をコントロールします。

あまりよくない出し方として、顎で音を揺らす方法もあります。

顎で音を揺らして出すほうが最初はやりやすいですが、顎を動かすということは力が入ってしまったり、喉が開いた状態でなくなってしまう場合もあります。

まずは横隔膜を使えるように練習しましょう。

一番わかりやすいものだと、ロングトーンの最後の方で息が続かなくなってきたときに音が自然に揺れます。

この感覚が横隔膜を使うビブラートのやり方に近いです、横隔膜と言われてもピンと来ないかもしませんが、慣れれば自然に出すことができるようになります。

大前提として腹式発声ができていることが条件になります。

 

-声の雑記

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.