参考歌い手「ぐるたみん」スクリームとミックスボイスの関係性

更新日:

ぐるたみん

スクリーム

このスクリームは主にフライスクリームを指します。

フライスクリームとは

声帯を閉じた状態に息を通し声を歪ませる発声方

デスボイスの出し方
【デスボイスの出し方】喉に負荷のないデスボイスの出し方/グロウル/スクリーム

デスボイスを出したい! でも出し方がわからないという方に、少しでもデスボイスのコツを掴めるように解説していきます。 デスボイス、スクリーム自体が日本ではあまり需要がないため、日本でのオリコンチャートな ...

続きを見る

つまり非常に閉鎖が強い状態です。

余談ですが、エッジボイスの別の呼び名として「ボーカルフライ」と呼ばれることもあります、フライスクリームも同じ意味合いでのフライということです。

フライを出す場合は高音域や中音域で出すことが多く、地声での発声よりもミックスでの発声になる傾向があります。

スクリームをした後はミックスボイスが出しやすかったりする人もいます。

それはつまり強い閉鎖を行ったことにより閉鎖への感覚が強くなるためミックスボイスも出しやすくなるという仕組みだと考えられます。

ぐるたみんの発声

ニコニコ動画で有名なった歌い手の方です。

この方はほとんどミックスボイスでの発声です。そのために非常に高音域が強いですね。

ミックスボイスがどういう声なのかわからない人は一度聞いてみるのもいいかもしれません。ミックスボイスだとわかりやすいミックスボイスで歌っています。

ミックスボイスは響かせる場所を意識することにより声の質を変えることができます。

多くの人が地声に近いミックスを獲得しようとしていますが、そのままの音質として固く少しキンキンした音質になります。

ぐるたみんさんの場合、地声はほとんど使わずミックスのみで歌っているためほとんど喚声点がありません。

歌っている時に少し声を歪ませたりするのはスクリームを混ぜているからです、正確に言えばボーカルフライを混ぜているからです。

声帯の閉鎖を強くしそこに息強く流すことにより声が歪みます。

つまり逆に考えれば、スクリーム状態から少し閉鎖を弱くすればミックスボイスになるということです。

ぐるたみん

スクリーム⇔ミックスボイス

ミックスの前提として喉を開く必要があります。

地声の場合、というか地声を出す感覚が声帯を閉める感覚なので、喉を開くことに意識を置いても自然と声帯は閉まりますが、裏声だとそうはいきません。

一つの練習法、感覚を掴むという意味では裏声の状態で強い閉鎖を作り強い息で歪んだ声を出します。

そうすることにより裏声で声帯が閉じている感覚を感じることができます。

その状態から少し声帯を緩めていくという方法です。

注意点として、脱力ができていることが大前提です!

スクリームも慣れれば負荷なく発声することができますが、慣れないうちに無理に行うと喉を壊してしまうこともあります、十分注意してください。

ミックスボイスの出し方、仕組み
【ミックスボイスの出し方】 仕組みを理解して高音域を楽に歌おう

高音域を出すためにはミックボイス必須ですね。 最近のJ-POPも音域が広がり地声だけではまず歌えないような曲が増えています。 ミックボイスを出す前にミックスボイスはどういう仕組みで出ているのかを知って ...

続きを見る

 

 

-声の雑記

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.