2つ!バンドのコーラス!カラオケのハモリで最低限知っておくべきこと

更新日:

癖をつけない!平らに歌う

  • しゃくり
  • フォール
  • ビブラート

これはまずやってはいけません。

当然ながらメインがあってのコーラスです、コーラスがビブラートなど使ってしまうとメインと音がずれてしまい当然不協和音になってしまいます。

もし使用するのであれば、そういう風に歌うようにメインと摺合せした上でやりましょう。

コーラスの時の声の使い方

コーラスとは当然メインを引き立てるためのものです、メインありきです。

例えばサビの高音部分を上でハモル時に声量もメインを考えて調整する必要があります、これは音量だけでなく声質もそうです。

声質の合う合わないもありますが、メインよりも太く厚みのある声で上のハモリをやってしまうとメインを食ってしまう場合があり、そこの声質も考えなければいけません。

お勧めとして裏声を強化すること!

裏声だとまずメインを食ってしまうことがありません、強い裏声が出せればよれよれになってしまうこともありませんし、息漏れで息が続かなくなってしまってもバンドコーラスの場合一曲まるまるすべて入っていることなどあまりありません。

高音で裏声だと弱いと感じる場合はヘッドボイスを使う感じですね。

なんにせよこれはメイン次第ですがコーラスであまり厚みのある主役の級の声は必要とされません。普段からコーラスをしている人はその辺を良く分かった上でやっていますが、普段メインvoでたまにコーラスをやる人とかは結構普通に歌ってたりするんですよね。

20cd476983ec22c07eb186882116e31f_s
無駄な力を抜くことにより楽に声を出し歌うことが出来る!楽に歌え!

脱力の重要性 力を抜いて歌うことそれは非常に重要なことです。 緊張して、力んで歌っていては当然すぐ疲れてしまいますし、体を硬くし響きを減らすてしまうことになります。 脱力は違うとい人もいますがそれも間 ...

続きを見る

歌が上手くなる方法
【歌が上手くなる方法】歌声の出し方12のポイントと4つの症状診断

Contents1 歌が上手くなる方法:歌声症状診断1.1 【喉締め、張り上げ】力の入れすぎ、脱力不足1.2 声帯閉鎖が弱い、息漏れ1.3 腹式発声、腹式呼吸ができていない1.4 共鳴不足、喉が開いて ...

続きを見る

 

-歌唱上達への知識

Copyright© chemicalvocie.com , 2019 All Rights Reserved.