正しい発声方法って何?正しさの謎

更新日:

正しい発声方法とはなんでしょうか?

そんなものはありません。

しいて言うのであれば、間違った発声はありますが、正しい発声はありません。声楽というくくりの中には正しさはあったりしますが、それも少し違います。

ポップスの正しい発声、ロックの正しい発声、オペラの正しい発声、ゴスペルの、、、、

ジャンルによって声の使い方は変わります、ですがそのジャンルの中でも正しい発声などは存在しません。

何故なら声の仕組みなどが完全に解明されていないからです、それに解明されたとしても正解を決めるのはだれですか?そんな人はいませんよね。

これを見ている大体の人は正しい発声は何なのかと考えたどり着いたのだと思います、でも残念ですが正しい発声はありません。

仮に、オペラの発声が正しい発声だとしましょう。

オペラは体全体と楽器とし、声を響かせかなりの声量で美しい歌声を出します。

では、貴方はこの発声をやりたいですか?この声が理想の声ですか?

それは人によって異なるでしょう、この声が理想の声だと思う人はゴスペルの発声を勉強しましょう。

でも、カラオケで最近の曲をうまく歌いたいんだ!なんて人はこれはちょっと違うな、なんて思うでしょう。

では、どうすればいいの?

あなたがこんな声で歌いたいと思う理想のジャンル声を思い浮かべそれに近づくための勉強をすればいいんです。

それがあなたの正しい発声です。

ですが、最初に書きましたが間違った発声はあります。

喉声、だったり腹式呼吸ができてない、とかです。

発声とは根っこの部分では基本は同じです、まず理想の声に近づけるために基本を身に着けそこから応用していきましょう。

ただここにいる人たちは私が思うに、まだ基本ができていないからここにいるんだと思います。

基本ができて理想の声に近づいている人は、迷わないでしょうしね。

まずは脱力、腹式呼吸、喉を開くなど基本的な部分を習得しつつ自分の目指す場所に近づけていきましょう。

歌声を安定して出す方法【息の使い方と声帯のフォーム】

Contents歌声を安定して出す方法声帯のフォームを保つまとめ 歌声を安定して出す方法 歌声の安定とは、歌詞や音に関わらず一定の声質、声量で歌うことです。 歌が上手いことの第一歩は安定していることで ...

続きを見る

-声の雑記

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.