腹式呼吸のやり方!誰でもわかる横隔膜、呼吸法の仕組みと効果

腹式呼吸、腹式発声、インナーマッスル、エクササイズ、ボイトレ、発声、喉声

腹式呼吸は歌を歌うためには必須

腹式呼吸は何故重要なのか!

メリットは多数あります。

  • 腹式呼吸をすることで息を無駄に吐かなくなり呼吸が楽
  • 横隔膜が下がる為、器官が下に引っ張られて喉に空間が出来る
  • 胸式だと胸に響きにくい声も腹式呼吸だと胸に響きやすい

などなど、歌の上達には腹式呼吸は必須です。

何よりも出来るようにならないと楽に歌うことは出来ません。多くの方が望んでいる高い声を出すことも難しいです。

腹式呼吸を勘違いしない

色んなサイトで腹式呼吸のやり方を説明していますが、みな腹式呼吸に目を向けすぎていて腹式呼吸が出来れば歌が上手くなるみたいな誤解をしています。

私も腹式呼吸のやり方の解説は行っています。やり方についてはそちらを見てみて下さい。

腹式呼吸は「腹から声を出す」「お腹から押し出す」みたいな表現が使われますが、間違ってはいませんが捉え方次第で勘違いしてしまいます。

腹式呼吸を行う理由は、沢山息を使うためではありません。

息を吐かない為です。吸った息を過剰に吐き出さないようにするためです。歌で使う息の量は多ければいいわけではありません。

 腹式呼吸を体験

ため息をついてみて下さい。「は~」とため息に言葉をのせてだしてください。

ただ「は~」と何も考えずため息をつくと息が「もわ~」っと漏れていきますよね。

ではお腹を膨らませるように息を吸ってお腹に力をちょっと入れて止めてみましょう。この時に腹式呼吸が出来ていないくてもいいです。

このお腹に息が溜まりちょっと力が入っている状態でため息をついてみましょう。

息が「もわ~」ではなく「す~」っと向けていくのを感じられると思います。かつこちらの方が長く息が吐けるはずです。

これは腹式呼吸を行うことにより息が一気に抜けてしまうのを防ぎ、息の量を調整しているからです。

ため息の場合は声帯が開いているため息が漏れてしまいますが、声帯を閉じた状態で行えばそれが正しい腹式呼吸になります。

腹式呼吸での発声を腹式発声と言います。

腹式呼吸のやり方 【体験編】

 

まず横になりましょう、仰向けの状態で横になり、お腹と胸に手を置いてみましょう。

息を吸うことに合わせてお腹が膨らんでいればそれが腹式呼吸です。

この時、お腹と併せて胸が膨らんでいないか良くチェックしましょう。胸は動かないようにお腹で吸いましょう。

イメージとしては、丹田らへんで吸うイメージです。あくまでイメージで丹田より少し上の部分が膨らみます。

上の図の赤丸らへんを膨らませるイメージで息を吸い込むようにしましょう。

この状態を立っている状態でも出来るようになりましょう、立って喋っている時も腹式呼吸になっている人もいますが、大体の人は腹式呼吸と胸式呼吸を合わせて行っています。

息を吸ってお腹と胸両方が膨らんでいる状態で喋っている人が一番多いと思います、あとはその時の体制によって変わります。

歌う時はまずお腹で吸うことを意識しましょう。

腹式呼吸のやり方

腹式呼吸が出来ない原因

腹式呼吸が出来ない!って言う人は実はそんなにいないです。

腹式呼吸自体は寝ている時などに自然に普段から無意識のうちに行っているからです、やり方を見れば大体の人はそれだけで腹式呼吸が出来るようになります。

では、何故腹式呼吸が出来ないのか?
先にも言いましたが、腹式呼吸は出来ます!が腹式呼吸の邪魔をしているんです。

この邪魔しているものを取っ払えば自然と腹式呼吸が出来るようになります。

リラックス

まず前提として息を吸う時は力を抜いてリラックスしてください。

寝ている時は腹式呼吸になっているというのはリラックスしている状態だからと言うことも一つの理由です。

ため息をつく時もそうです、体全体を脱力して息を吐きます。緊張している状態でため息を吐く人はいません、緊張している状態ではため息はつけないんです。

運動している時は胸式呼吸になりやすくなります。

肩で息をしている状態です。運動をしている時は当然体の筋肉を使っているからです。緊張ではなくても力が入っていればそれはリラックスしていないことと同じです。

力を抜きリラックスしましょう。

力を入れない

矛盾してるじゃん!

と思うかもしれませんが、力は入れません。腹式呼吸を説明する時にお腹に力を入れて息を押し出すって説明を見かけますがそれは間違いです。

厳密には力は入れない、お腹が張っている状態を保つ感じです。

限界まで息を吸ってみて下さい。お腹がパンパンになり、硬くなりますよね?

これって力が入っているのでしょうか?厳密には入っていません。お腹の中身によってお腹が押し出されて筋肉が入っているから筋肉が入っているように感じるんです。

この状態を維持しましょう。

お腹に力で押し込もうとするのではなく、お腹を膨らませるようにしましょう。張りを持たせるだけの力は必要になりますが、無理に力を入れる必要はありません。

空気が限界まで入った風船の口をつまんで、風船を押して空気を出す感じです。

息はお腹で止める

普段どこで息を止めていますか?

喉で止めている人が多いんです、でも歌う時はお腹で止めるようにしましょう。

喉で止める場合は声帯で止めています、ですが声帯で止めようとすると喉に力が入ってしまいがちです。

完全に喉が開いている状態でお腹だけで息を止められるようにしましょう。

 

横隔膜の動きが腹式呼吸に大事な理由

下の図を見てください。

肺の下にある黒い線が横隔膜です。

上で説明しましたが、横隔膜を下げることは肺を下に押し込むことと同じです。

 

さてさて、横隔膜を下げると肺が下がり気管が下に引っ張られます。

気管が下に引っ張れると喉が開きます、喉の響かせる空間が広がるんです。

つまり喉を開くためにも腹式呼吸を行い横隔膜を下に下げることが大事なんです!

肺には筋肉がないため、横隔膜で下に引っ張られている状態を維持します。

超簡略化した腹式呼吸の仕組み

お腹で息吸う(胸が膨らまないように、丹田を意識)

肺が下がる(肺が下がるから体の中のいろんなものが下がる)→気官が下がる(器官が下に引っ張られるから喉に空間ができる)

横隔膜でこの状態を維持!

支えとはどういう意味なのか?

声をお腹で支えるなんてことをいいますよね。

何を支えるのかと言うと横隔膜を支えるということです。

腹式呼吸を正しく行うと横隔膜が下がります、横隔膜が下がると気管が下に引っ張られて喉仏が下がります。
高い声ほど支えが必要というのは、高い声こそ喉仏が上がりやすくそれにより喉が開きにくくなるため確りとお腹で支えることにより高い声まで綺麗に発声することができます。

もう一つは息を支えて調整するという意味での支えです。

調整に関しては腹式発声で解説していますのでそうちらでどうぞ

7e410cf91919c3cab382d6daa4f55454_s
腹式発声が出来れば喉が解放される「腹式呼吸」より大切な息の吐き方

腹式呼吸は知っているけど腹式発声は知らないって人が多いでしょう。 腹式呼吸が出来ているはずだけど息が上手く使えないと思っているあなた! なぜなら腹式呼吸で息を吸うだけでは歌には何も生かせないからです。 ...

実はみんな聞いたことがあること、発声に大事なことが沢山詰まっている!

  • 喉仏を下げる
  • 喉を開く
  • 腹式呼吸
  • 腹式発声

など発声を学ぶ上で聞いたことがあると思います。

上記に書いたことはどれも非常に大事なことです、それを実現するために支えることが必要なのです。

腹式呼吸は一つの課題である

腹式呼吸は一つの課題でしかありません。
多くの場合は喉声を解消するためだと思いますが、腹式呼吸が出来ただけでは喉声の改善になりません。

喉声は複数の要素を含んで成り立っています。
すべての要素を改善して綺麗に歌えるようにしましょう。

腹式呼吸を正しく行える器具

この器具を使うと腹式呼吸を正しく行うことが出来、腹式発声が出来るようになります。

これを加えた状態だと喉が強制的に開きます、つまるこの状態で腹式呼吸を行えば喉を絞めることがなく発声を行うことができます。

まず感覚を掴むためにも正しい出し方を感じる必要があります。この器具を使っている状態で喉が開いていても外した状態で喉が締まるのであれば意味がありません。

まず感覚を掴み、自然と喉を開き腹式呼吸を行い腹式発声が出来るようになりましょう。

息の吐き方

歌の発声で息を吐く時は力を抜き、自然に発声しましょう。

ため息に近いですね、ため息を普通に吐く時は声帯が開いているため息だけが漏れてしまいます。

この状態に声帯を閉鎖させて声にしましょう。

ただここで注意することは声帯を閉じることを意識しすぎて力が入らいないこと、優しく手のひらを閉じるのと同じです。

動かしますが、力は入れません。筋肉を使うことと力むことは別です。

1d6294c9e4d7101f93150ffc18822232_m
【歌声が安定しない】原因はお腹で声を支えられていない事

歌声を安定して出す方法 歌声の安定とは、歌詞や音に関わらず一定の声質、声量で歌うことです。 歌が上手いことの第一歩は安定していることです。 半音上がるだけで声質ががらっと変わってしまえば当然違和感を感 ...

 

家で出来る独学ボイトレ教材の勧め

”JAYE公山氏”の自宅でこっそりさらっと上達できる高音ボイトレ教材

Contents1 自宅でも基礎から学ぶことが出来る1.1 何故?独学だと難しいのか?2 自宅でも!独学で正しい発声を学ぶ2.1 『 LOUDNESS 』のボーカル 二井原 実さん推薦2.2 JAYE公山氏のトレーニング内容 自宅でも基礎から学ぶことが出来る 時間がなくてボイストレーニングに通えない 年齢的にボイストレーニングに通うのはちょっと,,, 月謝が高くて継続して通えない 何を練習すれば良いのか分からない こっそり練習したい。歌うのは好きだけど、自分の下手な歌を聞かれたくない。 そんな人が沢山いま ...

ReadMore

鼻腔、口腔、

鼻腔共鳴のコツ・やり方!上顎に共鳴を与え高音域を綺麗に共鳴させる

鼻腔共鳴が出来ることになること響きが大きく広がり、中音域よる上の音域の発声が非常に楽になります。特に大事なことは、息の吐き方です。力んだ状態では響きを殺してしまい鼻腔までは響かせることが出来ません。 鼻腔共鳴の感覚を知る事で正しい発声の感覚を知ることが出来ます、鼻腔共鳴が出来ていれば正しく響きを作れていることが出来ています。 Contents1 鼻腔共鳴とは何か?2 鼻腔共鳴のコツ、やり方2.1 響きを上に持っていく3 共鳴に必要な状態【コツを掴む】3.1 歌いながらでも鼻腔共鳴を感じられる歌い方、コツ3 ...

ReadMore

ミックスボイスの出し方、仕組み

【ミックスボイスの出し方と練習方法】仕組みを理解し高音域を歌う

高音域を出すためにはミックボイス必須ですね。 最近のJ-POPも音域が広がり地声だけではまず歌えないような曲が増えています。 ミックボイスを出す前にミックスボイスはどういう仕組みで出ているのかを知っておきましょう。仕組みを知らないと練習しても何をやっているのか?何がダメなのか分かりません。これを知っているだけで、ミックボイスが出せない時に何が原因なのかを追究しやすくなります。 ポイント ミックスボイスは仕組みと出し方を知らないと絶対に出せない Contents1 ミックボイスの出し方1.1 第一段階 ミッ ...

ReadMore

、腹式呼吸、腹式発声、インナーマッスル、エクササイズ、ボイトレ、発声、喉声

腹式呼吸のやり方!誰でもわかる横隔膜、呼吸法の仕組みと効果

Contents1 腹式呼吸は歌を歌うためには必須1.1 腹式呼吸を勘違いしない1.2  腹式呼吸を体験2 腹式呼吸のやり方 【体験編】3 腹式呼吸のやり方3.1 腹式呼吸が出来ない原因3.2 リラックス3.3 力を入れない3.4 息はお腹で止める4 横隔膜の動きが腹式呼吸に大事な理由 4.1 超簡略化した腹式呼吸の仕組み5 支えとはどういう意味なのか?5.1 実はみんな聞いたことがあること、発声に大事なことが沢山詰まっている!6 腹式呼吸は一つの課題である6.1 腹式呼吸を正しく行える器具6.2 息の吐 ...

ReadMore

疲れない歌い方

力を抜いて歌う方法!脱喉締め!無駄な力を抜いて疲れない声を出す方法!

Contents1 何故 力を抜くのが大切なのか1.1 力を抜く前に力が入ってる場所を確認しよう2 力の抜き方、脱力できている体を覚えましょう。2.1 肩、胸の脱力2.2 喉、首の脱力2.3 舌の脱力2.4 下顎と喉の脱力2.5 姿勢2.6 動くことにより、力を抜く2.7 リップロール3 まとめ 何故 力を抜くのが大切なのか 歌とは人間の体を楽器とし音を出します。 力みは響きを抑え、かつ歌うことによって体をどんどん疲れさせてしまい声も枯れやすくなってしまいます。 まずは歌を歌うための体の状態から作っていき ...

ReadMore

喉を開く方法

【喉を開いて歌う方法】喉声を改善して共鳴、芯のある歌声をゲットしよう!

  Contents1 喉閉めってどんな状態2 喉を開いている状態3 喉を開くための筋肉を鍛える(即効性有)3.1 軟口蓋を上げる3.2 舌根を下げる4 強制的に喉を開く方法5 高音域だと喉締めになる場合5.1 張り上げを治すためには6 喉を開くために歌っている時に意識すること7 >まとめ、注意点 喉閉めってどんな状態 喉締め発声とは喉、首、肩に力が入ってしまい口の中の空間を圧迫している状態のことをいいます。 喉締めで歌っていると、すぐに喉が疲れてしまい、声が枯れやすい、声が固く響きが出な ...

ReadMore

デスボイスの出し方

【デスボイスの出し方】喉に負荷のないデスボイスの出し方/グロウル/スクリーム

デスボイスを出したい! でも出し方がわからないという方に、少しでもデスボイスのコツを掴めるように解説していきます。 デスボイス、スクリーム自体が日本ではあまり需要がないため、日本でのオリコンチャートなどはほとんど聞きませんね。 私はずっと日本在住なので、海外ではどれくらい知名度があるのか需要があるのか分かりませんが、日本では需要がなさ過ぎて出し方をまとめた書籍などもあまりありません。 何より、やる人が少ないため、教えることが出来る人も少ないです。 難しいと思う人は沢山いるかと思いますが、慣れれば高音域を出 ...

ReadMore

-人気記事, 腹式呼吸・腹式発声

Copyright© chemicalvocie.com , 2020 All Rights Reserved.