歌うこととはイメージすることである!イメージない練習は上達しない

更新日:

歌とは感覚的な演奏方法である

何故歌うことは感覚的なのかというと、目で見えないからです。

人間の体以外の楽器を使った演奏の場合、操作を目で見ることができ、何をどうすればどういう音がでるのか、今の状態から上達するには何をすればいいかが非常にわかりやすいです。

歌とは体のみを楽器として使い音を出します。普段からしゃべることで声を使ってはいますが、それとは違った使い方をします。

普段使っているからこそ変な癖がついてしまったり、声を出せてしまっているからこそ無理をしてしまったりします。

そして何より、なぜ上手く歌えないのか?を目で見て改善していくことができません。

ボイストレーニングも感覚的なトレーニングになることが非常に多いです。

例えば、腹式呼吸のレッスンをするときに腹から声を出す、お腹で歌うなんて言い方をする人がいますが、これはイメージであり感覚的なものです。

実際に声が出るのは口ですし、お腹で歌うことなんて不可能です。イメージとして掴みやすいからそういう説明をしているだけであって深く問い詰めるようなことでもありません。

イメージが大事

声帯を閉じろ、喉を開けなど、ボイストレーニングを始めたばかりだと自分ができているのかどうかすらわかりません。

普段使っていない筋肉を使うときは必ずイメージが必要となります、筋肉の操作は当然感覚で行います。これはどこの筋肉も同じです。
イメージすることが出来なければもしそうさすることが出来てもその感覚を身に着けることは出来ません。

腕を上げるのに、操作するなんて考える人はいないとでしょう、なんとなくできる、上げようと思えば上がる。それと同じように普段使っていない筋肉もイメージし使い慣れれば感覚で操作することができます。

そのために、喉は今こういう状態で、もっと開かなければいけない、なんて考えながらトレーニングを行うのが上達への近道です。

カラオケが上手くなる最短の方法/絶対!歌を上手くなりたくなる理由

歌が上手くなりたい 歌が上手くなりたいとは思うものの、とりあえずカラオケで歌を歌い続けるという選択肢を取る人は沢山います。 本気で歌が上手くなりたい!すぐにでも上達したいと思うのであればカラオケでやみ ...

続きを見る

-声の雑記

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.