ハミングによる共鳴増幅、鼻腔、口腔共鳴感覚を鍛えよう

更新日:

 

ハミングは共鳴の増幅のための最高の方法である

ハミングのメリット

  • 喉に力が入りにくい
  • 喉を開く練習にも最適
  • 顔全体に共鳴しやすい、響いている部分の感じ取りやす
  • エッジボイスと併せておこうことで共鳴+閉鎖の感覚も身に付きやすい
  • 大きな声を必要としない
  • ウォーミングアップにも最適

ハミングは口を閉じ、声(音)を出すトレーニングです。

上にも書いたように非常にいろんなことが学ぶことができる発声法です。

喉に力が入りにくい

ハミングは口を閉じて発生するため、外に響きが漏れず内音が自然と大きく聞こえます。

そのために歌うときに力んで大きな声を出そうとしてしまう人でもハミングだと自然と力みのない発声をすることができます。

ハミングで音を出していても少し気からが入っていると感じる人は顔を横に振ったり顔を動かしながら音を出していきましょう。

脱力の感覚をつかめるはずです。

喉を開くのに最適

喉を開くとは口の中の空間を広げるということです。

喉を開くとはあくびの形とよく言いますが、口を閉じてあくびをすると開けている時よりも喉が開いていく感じを強く感じることができます。

どこか引っ張られてどこに空間が広がるのかをまず覚えましょう。

口を閉じた状態でも当然喉を開くことができ、閉じた状態(ハミング)の方が喉を開いた時の響きの増幅をより感じられるます。

鏡を見ながら張ってみればわかると思いますが、喉を開いても顔の表情は変わりません。

口角を上げたりした方が喉は開きますが、まずはいつでも喉を自然と自分の意志でいらけるようになりましょう。

そのためにはいろんな場所で練習しましょう、暇なときどこでもできますのでお勧めです。

顔全体に共鳴しやすい、響いている部分の感じ取りやす

鼻腔、口腔などいろんな場所に響きを与えてみましょう。

音を充てる場所によって響きを感じる場所が変わります、これは音程でも同じです。

ある一定以上の音程になると鼻腔に多くの響きを持って行ったほうが良い響きなります、その「ある一定以上」とは人によって異なり、自分の音域にあったポジションを見つけましょう。

響かせる場所によって声質も多少変化します。

太い声、柔らかい声、硬い声など自分の出したい声はどこに響きを集めるといいのかなど色々試してみるのがいいと思います。

歌っていて鼻腔共鳴を感じにくい人はまずハミングで響きの感覚を養いましょう。

エッジボイスと併せておこうことで共鳴+閉鎖の感覚も身に付きやすい

ハミングの状態でもエッジボイスを出すことができます。

エッジは閉鎖のトレーニングによく、併せてハミングを行うということはここまで書いてきたことを一緒に行えるということです。

喉を閉鎖が弱くなり、閉鎖を意識すると力が入るなど悩んでいる方はここまでやってきたことを同時にできように練習していきましょう。

音痴改善

ウォーミングアップにも最適

歌う前にはチューニングが必要です、ストレッチとも同じ役割を果たします。

歌う前にウォーミングアップとしてハミングで顔全体に響きをいきわたらせることにより、共鳴を得やすくなります。

響きを感じることによる、脱力などにも効果があり、歌う前に、リップロール、タングトリルと一緒にやっておくと非常に効果があります。

一発目に歌うときは力が入りやすく、悪い状態で歌ってしまうと喉に負担がかかり2曲目以降に多く影響します。

逆に一曲目を楽に歌えれば二曲目以降も安定して歌うことができます。

ウォーミングアップは非常に大事です!

-発声

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.