ミックスボイスを習得するまでに必要なこと出せない理由【症状診断】

   

ミックスボイスを出したいと思う人は沢山います。

正しく出せている人は意外に少なく、何かしらの悩みを抱えています。どうすれば改善出来るのか?何をすればいいのか?自分では気が付きにくいです。

ここではミックスボイスを習得する時に陥りやすい状態を打破するために、今現状に合った貴方に足りない部分を補うための症状別改善策を提案していきます。

つまり、ある程度ミックボイスぽいものが出せることが前提になります。

ミックボイスの出し方に関しては別に記事で解説しているのでそちらをご覧ください。

ミックスボイスの症状別診断

超高音域は出るけど高音域が出ない

これはヘッドボイスは出るけどミックスボイスは出ないってやつです。

なぜヘッドボイスは出しやすいのか?

ミックスボイスは筋肉のバランスがとても重要です、ヘッドボイスはこのバランスが偏った状態だから出しやすいんです。

バランスを取るのではなく極端に裏声に寄せた状態で声帯を閉鎖しようとするとヘッドになります。

難しく言えば輪状甲状筋をメインに使い甲状披裂筋を少しくわえている状態です。

多くの人がミックスボイスを出そうとする時に裏声を最初に強化しようとします。これに地声を混ぜようとするとするとヘッドボイスになるわけです。

つまりヘッドボイスは出るのに‥って人は大体甲状披裂筋が弱い、というかバランスが取れていないんです。

少し音程が下がるとバランスが崩れて上手く声が出せなくなってしまいます。

ミックボイスっぽいのは出るけど続かない/すごい疲れる

張り上げの可能性大

ミックスボイスは実は張り上げでもそれっぽいのが出たりします。

この場合細く聴いている方もキツイくらいの声になってしまいます。

まず力を抜き歌うことを意識しましょう。ミックスボイスは地声をしっかりと発声できてからの応用です。

地声でしっかりと力抜いて歌えないとまず難しいです。

強い裏声以上にはならない

強い裏声とはまずなんなのか?

裏声とは息が漏れていて、声帯を笛のように使っている状態です。

声帯が閉じていないため声帯の一部しか振動せず大きな音はでません。

息の漏れた弱い音が出ます。

低音域のミックボイスが出ない

これも同じよな改善策になります。

低音域でミックスボイスを出すためにはまたまたバランスです。

ミックスボイスは上の図のような音域になっています。

普段から地声を多用しているため甲状披裂筋の方が輪状甲状筋よりも強いです。

低い音になればなるだけ輪状甲状筋、ようは裏声の成分を混ぜにくくなるってことですね。

低音域のミックスボイスを出せない人はまず、裏声の音域を下に広げる練習をしましょう。

ここでお勧めの練習方法としては、裏声にエッジボイスを混ぜて低音域を発声することです。

エッジボイスで発声を行うと声帯に無駄な力が入りにくくなるため、裏声を自然状態で発声することが出来ます。

力が入ってしまうとエッジが上手く出せず力の入った裏声になってしまいます。

聖闘士星矢 ギャラクシー スピリッツ【本格ARPG】
聖闘士星矢 ギャラクシー スピリッツ【本格ARPG】
開発元:DeNA Hong Kong
無料
posted with アプリーチ

ミックボイスの音が硬い

この悩みを持っている人は喚声点的な問題を抱えているでしょう。

ミックスボイスが硬くなる理由は大きく分けて2つあります。

  • 息が強すぎる
  • 響きが足りない

この二つです。

息が強すぎる

息を強く吐きすぎると、息を漏らさないようにと声帯を無理に閉じようとしてしまいます。

そのため、響きが弱くなり硬い音になってしまいます。

では、どのくらいの強さで吐けばいいですか?と言われると難しい、感覚になってしまいます。

アドバイスとしては、ため息でミックスボイスを出すイメージですかね。

響きが足りない

これは声帯がどうこうではなく、喉が確りと開いていないため響きが弱いということです。

力抜いて喉開いてってテンプレのように言われています。高音域は鼻腔だったり頭だったりに響きを集める意識!と言うことも大事ですが、もっと全体的に響きを広げるイメージをしましょう。

ミックスボイスは高い位置での響きが重要と言われている理由としては、例えば喉、口での共鳴では難しいからです。

まず高い位置で共鳴を作れるようになりそこから更に響きを増幅する必要があります。

低音域のミックスボイスの練習をしましょう。低音域の方が口や喉に響かせやすいです。まずはこの練習をしてミックスボイスをいろんな場所に響かせる感覚を覚えましょう。

ミックボイスにエッジが混ざる

これは2バターンあります。

デスボイスとかスクリームとか習得している人なら分かると思います。

過度な声帯の閉鎖に強い息を出すとスクリームになります。【ざっくり

息の漏れている状態に過度な息を出すとデスボイス【グロウル】になります。【ざっくり

つまり声帯の調整が出来ないってことですね。何よりもこの状態で無理に発声を行い続けると喉を壊す可能性もあるのでまじで注意してください。

柔らかいエッジであれば、それは良い状態です。ただ歪みに近い硬いエッジの場合は要注意です!

硬いエッジの場合は、力が入りすぎています。柔らかいエッジの場合は力が入っているのではなく声帯のバランスが上手く取れていないことになります。

小声だとミックボイスが出せるけど……

どの程度の小声かにもよりますが、家だと出るけどカラオケだと出ない!って場合の多くは力みです。

大きい声を出そうとしない、そのためのマイクです。カラオケで歌うのであれば一度音楽の音量を下げましょう、そしてマイクを上げましょう。

自分の声が確りと聞こえる状態で歌ってみましょう。

これで関係なく出せない場合は、先ほども同じこと書きましたが息が強すぎます。

息が強すぎて声帯を開けてしまっているんだと思います。いくら声帯を閉じてもそれを通す息が強ければ声帯は開いてしまいます。

まとめ

ミックスボイスは応用です。

基礎が確りと出来た上で練習して、ミックスボイスを練習してそこで更に基礎を重ねることになります。やっていることは地声の発声とさほど変わりません。

裏声と地声の発声の基礎が出来ているのであれば、それを同時に行い。バランス取るだけなのです。

もし基礎を疎かにしているのであれば、再度!再度基礎をやってみましょう!

 - ミックスボイス

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ