【歌声】張り上げ発声を治して楽に歌えば高音も綺麗に楽に歌える

   

張り上げとは

張り上げとは息の力で強引に声を出そうとしている状態です。
多くの人は高音域を張り上げて出そうとしてしまいます。

音が高くなれば息の量が多くなってしまいがちですが、これは大きな間違いです。
高音域になるにつれて必要な息の量は少なくなっていきます。

高音域を張り上げてしまうのは何故でしょうか?それは正しい声の出し方を知らないからです。
本来人間の体は歌うを歌えるように出来ていますが、使い方が正しくないと綺麗に声を出すことは出来ません。

無意識での張り上げ発声

  • 無意識には張り上げになってしまう人がほとんどで低音域はそうでもないけど、高音域はもうダメ
  • 歌っていて高くなっていくと、気が付くと喉がガチガチに硬くなり高い声は出るんだけどすごい辛い

こんな人は完全に張り上げ発声です。
高音域に力はいらない、息の量は少なくていい、そう頭で理解できていてもそう簡単には張り上げ発声は治りません。
今の発声自体を変えましょう。

大きな声、声量、音量

張り上げを治すトレーニング

正しい息の使い方を覚えましょう。頭ではなく体で覚えましょう。

ここでは息の吐き方について解説していきます。
脱力、喉を開くことに関しては別記事をどうぞ

ここで重要になるのが裏声です。

裏声の発声は力みを取ってくれ、かつ適切な息の量を教えてくれます。
まず強い裏声を出せるようになりましょう。これが一番の近道です。

いや、チェストボイス(地声)に裏声関係ないでしょ?

なんて思う人いると思いますが、地声も裏声も同じ声です。

裏声でロングトーンの練習をしましょう。
裏声なので当然息が漏れて長くは続かないと思います、なので裏声を出している時にエッジボイスを混ぜる意識をしましょう。
共鳴は鼻と頭に行くようにしましょう。慣れてくれば強い裏声が出来るようになってきます。

この強い裏声とは裏声からミックスボイスへの流れにも繋がります。

息が通る感覚

ここで感じてほしいのは息が通る感覚です。
裏声の場合、口腔には響きにくく響きが上の方に固まって感じるはずです。
口腔に響いてないのに頭にはすごく響き、喉らへんを完全にすり抜けて頭に響きが流れていますよね。
張り上げの時に感じている喉が辛い感じはしないはずです。

この感覚を覚えて同じように息を使いチェストボイスにも流用しましょう!

この感覚を覚えることが張り上げを治す一番の方法です。

強い裏声からミックスボイスへ

上で解説した通り、裏声にエッジボイスを足していくということはミックスボイスへと繋がっていきます。

ちょっと話は変わりますが、上手く地声からミックスボイスだったり裏声に繋がらない人は張り上げが原因です。
高いことになるにつれて息が少なくなっていくのは分かってもらえたと思います。
では張り上げでチェストボイスを出していた場合、ミックスボイスになっていきなり息の量が減ってしまう。
これでは上手く繋がらないですよね。

つまり息の量は高くなるにつれて徐々に減っていくものです。
地声で下から上がっていく場合、張り上げになってしまいがちですが、逆に考えた方が効果的です。
裏声で上から下がっていきます。
裏声から低音へと息を増やしつつ発声していきましょう。

 - 発声まとめ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ