腹式呼吸とは?腹式呼吸の仕組み、胸式呼吸との違い

      2017/04/11

腹式呼吸とは?

腹式呼吸とは、簡単に言えばお腹が膨らむ呼吸法です。
それに対して胸式呼吸とは胸が膨らむ呼吸法です。

人間は眠っている時は腹式呼吸を行っています、つまり腹式呼吸はリラックスしている時に使われている呼吸でもあります。
胸式呼吸はスポーツなど、体を動かす場合に良く使われます。

腹式呼吸と胸式呼吸を簡単に説明すると上記のようになりますが、厳密にはもっと重要な要素が含まれています。

息が入る肺ってどこにある?

肺って胸にあるんですよね、肋骨に守られています。
つまりお腹に息を入れることは物理的に不可能なんです。

お腹にあるのは別の臓器だからです。
では何故お腹が膨らむのか?それは横隔膜が関係しています。
肺に空気が入ると肺は膨らみます、この膨らみ方を調整することで胸式呼吸なのか腹式呼吸なのかを自分で意志で決めることが出来ます。

深く深呼吸をすると肺は上に膨らみます。これは胸式呼吸です。
お腹を膨らませようと、息を吸うと横隔膜が肺が膨らむことにより下に下がり横隔膜の下にある臓器が下に押し込まれてお腹が膨らみます。
つまり、お腹が膨らんでいるのは空気が入っているからではなく、肺に空気が入って膨らんだことにより押し出された臓器がお腹を押し出しているからです。

腹式呼吸、肺、横隔膜

腹式呼吸のもう一つのメリット

横隔膜の動きが発声に大きな影響を与えます。
上記で解説した通り、腹式呼吸をすると横隔膜が肺に押されて下に下がります。
下に下がることにより器官も下に引っ張られます。
それにより喉が更に広がり厚みにある声を出すことが出来ます。

喉を開くに関しては別で解説しているのでそちらでどうぞ

逆に胸式呼吸の場合は肺が上に膨らむため喉の空間を圧迫してしまいます。

腹式呼吸を行うことにより喉の空間を下に開き、上記の記事で説明している通り軟口蓋を上げ上に引っ張り喉を開きます。

歌と腹式呼吸の関係

歌う時は腹式呼吸をしましょう、と言うのは良く言われていますがこれは半分正解で半分間違いです。
何故半分なのかと言うのは腹式呼吸だけ出来ていても意味がないからです。

腹式呼吸とは呼吸法であって発声法ではありません。
腹式呼吸を正しく意味のある呼吸法として使用するためには腹式発声の習得が必要です。

腹式呼吸習得へのお助けグッズ

腹式呼吸習得を助けてくれるグッズも存在します。

腹式呼吸が簡単に身につくマウスピース

腹式呼吸とは胸郭(肋骨などからなる籠状の骨格)をなるべく動かさずに行う呼吸のことをいいます。
役者や声優、アナウンサーの発声はこの腹式呼吸によるもので、まずこれをマスターすることから始まります。
歌唱において、胸式呼吸だと息が切れがちになりますが、腹式呼吸だとよく通る声になり、音程が狂いにくくなります。

  • 腹筋が鍛えられることにより、腰への負担を軽く
  • 血液の循環がスムーズになるので冷え性にも
  • 心が落ち着き、頭がリラックスしたα波やθ波の状態に
  • 血圧にも良い
  • 頭の回転がよくなる

https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TGFGO+8WB88I+CMQ+7RXSXD

 - 腹式呼吸/腹式発声

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ