歌う時に必要な息の量は?息はどこに吐くのか【発声】

      2017/06/04

息の量と強さ

歌を歌う時にどのくらいの息の量が良いのか?
あまり息の量が多すぎれば張り上げになってしまい、少なすぎれば声が小さくなってしまいます。
息の量はどのくらいが良いのか?「適切な量」と言うのが正解ではありますが、この適切と言うのは人それぞれ違います。

体格や肺活量にもよりますが、基本的には話声がベースです。
喋り声に響きを加えたものが歌声です。

歌う時の息の量を感覚として覚えるためにはプレッシャーボイスで練習を行いましょう。

プレッシャーボイスについては腹式発声で解説しているのでそちらでどうぞ

息はどこから吐いている?

歌を歌う時に、息はどこから吐いていますか?
バカバカしい質問かもしれませんが、これ非常に大事です。

息は肺から器官を通って喉へ行き、口または鼻から外へと出ていきます。
息を吸う時はこの順序の逆を辿ります。

この動作自体は当たり前のことであり、息をしていれば皆この順序を辿ります。
ここで重要なのは、意識をどこに持っているかです。

息は腹から吐くんだよ!

こう教わることが多いでしょう。

腹から息を吐くことには二つの意味を秘めています。
一つは腹式呼吸で発声を行いましょうという意味。
もう一つお腹に意識を持っていき喉に力を入れないようにしましょう、ということです。

腹式呼吸に関してはここではスルーします。

お腹で歌うと言うのは、喉で歌わないということです。
これも感覚的な物になるので分かりにくいかもしれませんが、例えるならため息です。

お腹に確りと息を入れ、お腹のみに力を入れて息を吐きだす事でお腹から息を押し出している状態になれます。
ですが、日本語を普段使っている人は会話をしている時は喉で息を吐いています。
歌を歌う時はこれが天敵です。
喉で息を吐いていると喉に力が入り、喉が開けなくなり、腹式発声も出来なくなってしまいます。

これは脱力と関係していることではありますが、意識の問題でもあります。

喉は息を通すだけ、最初はため息の状態を意識して声を出すようにしましょう。

感覚としては、喉は通るだけ腹から息を押し出したら、そのまま口腔、鼻腔での響きに直結するように歌えるようになりましょう!
声帯閉鎖などを意識しすぎると、喉に力入ってしまい意識が喉に集中してしまいます。

喉は通すだけ!これを確りと意識して行えるようになりましょう。

息を向ける場所

発声の時は息を思いっきり吐くなんてことはありません。
息は口の中に吐き、その口の中から空気が外に漏れるというイメージが正しいです。

アクビをしている時は喉の力は抜けて喉が開いている状態なんてよく言いますよね。
ではその時に息はどのように口の外に出ているでしょう。
口に手を当てて空気を感じても、息が漏れているのは分かるけど息が出ているというよりも漏れているように感じるはずです。

では、息はどこに向けられているのか?

これは人により感覚として違うと思いますが、私の場合を例に挙げて説明しましょう。
私の場合は、低音域は顎に向けて、中音域は鼻腔+後頭部、高音域は眉間、頭って感じです。
これは音程によって響かせるポジションを変えています。響かせる場所に向けて息を吐いているんです。

ですがこれはイメージに過ぎません。
この辺はまだ医学的にも完全に解明されていないので難しい解説は出来ませんが、このイメージが大切です。

 - 腹式呼吸/腹式発声

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ