発声まとめ

ハミングによる共鳴増幅、鼻腔、口腔共鳴感覚を鍛えよう

更新日:

【自宅で独学】コブクロ、ゴスペラーズも受けたボイトレの内容を完全公開

  • 時間がなくてボイストレーニングに通えない
  • 年齢的にボイストレーニングに通うのはちょっと,,,
  • 月謝が高くて継続して通えない
  • 何を練習すれば良いのか分からない

そんな人が沢山います。

独学だと何をすればいいのか分からない、とりあえず練習しているけども上手くなる気配がないなんて声を多数聞きます。

そのまま諦めてしまうのはもったいない沢山の人に歌を歌うことの楽しさを知ってほしいです。
歌は誰にでも歌うことが出来ますが、上手く歌えることの楽しさ、気持ち良さは知っている人は少数です。

何かを理由に諦める必要はありません!
自宅でも、独学でも歌が上手くなることは絶対にできます。

 

ハミングは共鳴の増幅のための最高の方法である

ハミングのメリット

  • 喉に力が入りにくい
  • 喉を開く練習にも最適
  • 顔全体に共鳴しやすい、響いている部分の感じ取りやす
  • エッジボイスと併せておこうことで共鳴+閉鎖の感覚も身に付きやすい
  • 大きな声を必要としない
  • ウォーミングアップにも最適

ハミングは口を閉じ、声(音)を出すトレーニングです。

上にも書いたように非常にいろんなことが学ぶことができる発声法です。

喉に力が入りにくい

ハミングは口を閉じて発生するため、外に響きが漏れず内音が自然と大きく聞こえます。

そのために歌うときに力んで大きな声を出そうとしてしまう人でもハミングだと自然と力みのない発声をすることができます。

ハミングで音を出していても少し気からが入っていると感じる人は顔を横に振ったり顔を動かしながら音を出していきましょう。

脱力の感覚をつかめるはずです。

喉を開くのに最適

喉を開くとは口の中の空間を広げるということです。

喉を開くとはあくびの形とよく言いますが、口を閉じてあくびをすると開けている時よりも喉が開いていく感じを強く感じることができます。

どこか引っ張られてどこに空間が広がるのかをまず覚えましょう。

口を閉じた状態でも当然喉を開くことができ、閉じた状態(ハミング)の方が喉を開いた時の響きの増幅をより感じられるます。

鏡を見ながら張ってみればわかると思いますが、喉を開いても顔の表情は変わりません。

口角を上げたりした方が喉は開きますが、まずはいつでも喉を自然と自分の意志でいらけるようになりましょう。

そのためにはいろんな場所で練習しましょう、暇なときどこでもできますのでお勧めです。

顔全体に共鳴しやすい、響いている部分の感じ取りやす

鼻腔、口腔などいろんな場所に響きを与えてみましょう。

音を充てる場所によって響きを感じる場所が変わります、これは音程でも同じです。

ある一定以上の音程になると鼻腔に多くの響きを持って行ったほうが良い響きなります、その「ある一定以上」とは人によって異なり、自分の音域にあったポジションを見つけましょう。

響かせる場所によって声質も多少変化します。

太い声、柔らかい声、硬い声など自分の出したい声はどこに響きを集めるといいのかなど色々試してみるのがいいと思います。

歌っていて鼻腔共鳴を感じにくい人はまずハミングで響きの感覚を養いましょう。

エッジボイスと併せておこうことで共鳴+閉鎖の感覚も身に付きやすい

ハミングの状態でもエッジボイスを出すことができます。

エッジは閉鎖のトレーニングによく、併せてハミングを行うということはここまで書いてきたことを一緒に行えるということです。

喉を閉鎖が弱くなり、閉鎖を意識すると力が入るなど悩んでいる方はここまでやってきたことを同時にできように練習していきましょう。

ウォーミングアップにも最適

歌う前にはチューニングが必要です、ストレッチとも同じ役割を果たします。

歌う前にウォーミングアップとしてハミングで顔全体に響きをいきわたらせることにより、共鳴を得やすくなります。

響きを感じることによる、脱力などにも効果があり、歌う前に、リップロール、タングトリルと一緒にやっておくと非常に効果があります。

一発目に歌うときは力が入りやすく、悪い状態で歌ってしまうと喉に負担がかかり2曲目以降に多く影響します。

逆に一曲目を楽に歌えれば二曲目以降も安定して歌うことができます。

ウォーミングアップは非常に大事です!

【自宅で独学】コブクロ、ゴスペラーズも受けたボイトレの内容を完全公開

  • 時間がなくてボイストレーニングに通えない
  • 年齢的にボイストレーニングに通うのはちょっと,,,
  • 月謝が高くて継続して通えない
  • 何を練習すれば良いのか分からない

そんな人が沢山います。

独学だと何をすればいいのか分からない、とりあえず練習しているけども上手くなる気配がないなんて声を多数聞きます。

そのまま諦めてしまうのはもったいない沢山の人に歌を歌うことの楽しさを知ってほしいです。
歌は誰にでも歌うことが出来ますが、上手く歌えることの楽しさ、気持ち良さは知っている人は少数です。

何かを理由に諦める必要はありません!
自宅でも、独学でも歌が上手くなることは絶対にできます。

お勧め人気記事

歌、音痴 1

音痴は治ります。 先天的な音痴なんてことも言われていますが、大体の人はそれに当てはまりません。 片耳が聞こえない、とか耳に何かしらの障害があったりする人は当てはまるかもしれませんが、そうではない場合の ...

カラオケ 2

先日、友人に歌を教えてほしいと言われて、多少レクチャーしたんです。 実際にはちょっと教えて後は教材をお勧めして終わったんですが、私としては面白い話を聞いたのでちょっと記事にしたいと思います。 Cont ...

家で出来る独学ボイトレ教材の勧め 3

何故歌が上達しないのか知っていますか? 歌はただ歌うだけでは練習にはなりません。 意味のない練習を続けても歌の上達は遅いです。 沢山の教材を使ってみたけど効果がない、教材なんかでは歌は上手くならないと ...

ミックスボイスの出し方【仕組み】 4

  高音域を出すためにはミックボイス必須ですね。 最近のJ-POPも音域が広がり地声だけではまず歌えないような曲が増えています。 ミックボイスを出す前にミックスボイスはどういう仕組みで出てい ...

su-metal 5

ヤバ!超上手くなっている 可愛い! 歌の上達速度がヤバイ!桜学院時代から考えればかなり若い時から歌をやっいることは確かにある、が!である。 日本人アイドルで小学生からとか中学生からデビューしてなんてこ ...

ビューティーボイストレーナー、ボイトレグッズ、ボイトレ器具、ボイトレ、発声練習、喉を開く、腹式呼吸、 6

Contentsビューティーボイストレーナービューティーボイストレーナーの一番の効果喉を開くとはビューティーボイストレーナーの効果①ビューティーボイストレーナーの効果②ビューティーボイストレーナーの効 ...

歌の仕組み 7

歌を歌うと言うことは難しいことです。 ただ誰でも歌うことが出来る、特に知識の必要もなく声を出すことさえできれば誰でも歌を歌うことが出来る。 だからなのか歌い続ければ上達するだろうという考えに至ってしま ...

ボイストレーニング 8

東京、大阪と言っていますがそれ以外の場所であっても気を付けたほうがい良いポイントがあります。 しいて言うならば、東京と大阪は特にボイトレ選びに注意をしてほしいです。 Contentsボイトレ講師のレベ ...

9

腹式呼吸についてやり方を解説していきます。 以前にも同じような内容の記事を書きましたが、読み返してみると多少自分でも変だなと思う部分があったため書き直すことにしました。 そのためこちらが新バージョンと ...

マキシマムザホルモン 10

Contentsマキシマムザホルモンダイスケはんのデスボイスの出し方ガテラルマキシマムザ亮君 マキシマムザホルモン マキシマムザホルモンのキャーキャーうるさい方のダイスケはんのデスボイスについて解説し ...

鼻腔、口腔、咽頭、共鳴、鼻腔共鳴、口腔共鳴 11

Contents鼻腔共鳴とは何か?鼻腔共鳴が大事な理由響きにより声の変化声質の作り方Su-Metal(Babymetal)の鼻腔共鳴がすごいと話題共鳴に必要な状態【コツを掴む】鼻腔共鳴のコツ、やり方歌 ...

-発声まとめ

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.